若手ビジネスパーソンの第一歩が、最も集まるメディアになります。

- 若手ビジネスパーソンのためのWebメディア「U-NOTE」のApril Dream -

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922、以下 当社)が運営する若手ビジネスパーソンのためのメディア「U-NOTE(ユーノート)」は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは、私たちのApril Dreamです。

若手ビジネスパーソンのためのWebメディア「U-NOTE」は、未来への勇気ある一歩を踏み出そうとする大学生や、キャリアに悩みながらも前進を続ける新社会人、夢に向かって駆け出した若手起業家たちの挑戦のストーリーを取り上げてきました。その一歩は、本人たちにとってのキャリアを切り拓くきっかけであり、未来の成功に必要な第一歩だったかもしれません。そして、その一歩は、いま悩んでいる若手ビジネスパーソンにとっての指針になります。U-NOTEでは、そんな若手ビジネスパーソンが、踏み出したすべての第一歩を見逃さず、伝えていくことができる場を目指します。
 
  • 大切なのは、大小問わず「一歩を踏み出すこと」
U-NOTEではこれまで、自分の手でキャリアを切り拓いてきた学生や新社会人、起業家など、さまざまな業界で活躍する若手ビジネスパーソンへのインタビューを数多く行ってまいりました。

「同期より早く昇進した」「起業した事業が大成功した」というような人たちも、さかのぼってみれば、壁にぶつかり、悩みを抱え、出口のないトンネルの中で四苦八苦していたという時期が必ずあります。それでも、一歩を踏み出し、その歩みを止めることなく進み続けてきたからこそ、“今”があるのです。

その一歩は大小問わず、本人の未来の可能性を大きく広げ、また、かつての自分と同じように悩みを抱えている人を勇気づけます。

U-NOTEはそんな、悩みながらも一歩を踏み出す若手ビジネスパーソンの行動にフォーカスすることで、一歩を踏み出す大切さを伝え、同世代の読者が直面している困難や壁を乗り越えるキッカケになりたいと考えています。

U-NOTEで読んだ記事がキッカケで自分も新しいことをはじめてみる、躊躇した時U-NOTEにインタビューされるかもと思って一歩を踏み出す。
U-NOTEの夢は、若手ビジネスパーソンが自らのキャリアを振り返ったときに、「転機のキッカケはU-NOTEだった」と言ってもらえるようなメディアになることです。
 
  • インタビュー記事例
・内定を辞退して起業を決心!学生起業家を育成する『JOBS CAMP』卒業生の"気づき"から生まれた行動力
https://u-note.me/note/66573

・インターンをきっかけに大学3年生で起業!21歳の養鶏経営者が語る、一歩踏み出すことで見えてきた世界とは?
https://u-note.me/note/66525

・プロサッカー選手をいったん諦め帰国した大学生が、ビジコン『OPEN SWITCH』で最優秀賞に輝いた理由
https://u-note.me/note/66524

・「1年経って違うものが見えてきた」イークラウド新卒社員に聞く、壁を乗り越えた先に広がる景色とは
https://u-note.me/note/66582

 

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
 
  • 若手ビジネスパーソンのためのWebメディア「U-NOTE」について

就活生・新卒1~2年目の若手ビジネスパーソンをメインターゲットとし、「ビジネス」「本」「ライフスタイル」「メンズファッション」「イベント」「インタビュー」に関する、仕事・生活を豊かにする情報をお届けするWebメディアです。
ビジョンは「仕事を楽しく、毎日をかっこ良く」すること。人は1日8時間、約40年間という時間を仕事に費やします。単に“やらなければならないこと”として仕事を捉え、人生の多くの時間を費やすのはもったいないと考えています。U-NOTEには、多様な働き方やキャリアを築くためのヒントが詰まっています。

【株式会社PR TIMES会社概要】
ミッション: 行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  : 株式会社PR TIMES  (東証一部 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
- ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営
- 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
- クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
- 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営
- クラウド情報整理ツール「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
- タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
- スタートアップメディア「BRIDGE」(https://thebridge.jp/)の運営、等
URL    : https://prtimes.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. 若手ビジネスパーソンの第一歩が、最も集まるメディアになります。