業界最多の曲数を誇るJOYSOUNDが、2018年カラオケ年間ランキングを発表!

 株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区桃園町3番8号、代表取締役会長兼社長:神谷 純)は、12月5日(水)、29万3千曲(※1)以上という業界最多の配信曲数を誇る業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2018年JOYSOUND カラオケ年間ランキング」(※2)を発表します。

▽年間ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2018
▽2018発売曲ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/annual_ranking/2018-02

※1:2018年11月末時点
※2:集計期間:2018年1月1日~11月30日。12月の1ヶ月分によるランキングへの影響が軽微であるため、速報として発表。
※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。

▽トピックス
ーーーーーーーーーーー
米津玄師が、総合、アーティスト、2018年発売曲で1位を獲得!
マネしやすい振り付けのある楽曲がカラオケでも引き続き人気が高い傾向に。
VOCALOID™ではついにバルーン「シャルル」が千本桜を抜き、総合でも7位と大躍進!
ーーーーーーーーーーー

《総合ランキング》
■米津玄師がランキングを席捲!1位の「Lemon」のほか、30位中5曲がランクイン。“いいねダンス(U.S.A./DA PUMP)”など、マネしやすい振り付けのある楽曲がカラオケでも引き続き人気。
2018年の頂点を掴んだのは、今年注目を集めた話題のドラマ『アンナチュラル』の主題歌、米津玄師「Lemon」。ハチ名義で多くのボカロ™ヒット曲を輩出し、若年層から支持が高いアーティストでしたが、この楽曲で20代~50代まで幅広い層から支持を得て、見事1位を獲得しました。また、「アイネクライネ」「ピースサイン」など、本人映像カラオケを配信中の楽曲が30位中5曲がランクインし、ランキングを席捲。このほか、“バブリーダンス”(9位:ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)/ 荻野目洋子)“恋ダンス”(12位:恋/星野源)“いいねダンス”(17位:U.S.A./DA PUMP)など、みんなでマネしやすい振り付けのある楽曲がカラオケでも引き続き人気の高い傾向にあります。

《アーティストランキング》
■総合に続き米津玄師が1位を獲得。今年9月に引退された安室奈美恵が昨年の圏外からランクイン。
アーティストランキングも総合同様、米津玄師が1位を獲得。2017年から右肩上がりで歌唱回数があがり、「Lemon」リリース後は前年平均約3倍の歌唱回数をキープしています。
昨年圏外から今年9位にランクインを果たした安室奈美恵。引退発表後、歌唱回数が約2倍に伸び、引退された9月には引退発表前に比べ、約3倍歌唱回数があがるなど、歌を通して彼女に想いを寄せるファンが数多くいたことがわかります。

《2018年発売曲ランキング》(総合)
■米津玄師「Lemon」が1位を獲得。10曲中タイアップソングが6曲ランクインするなか、ノンタイアップながら6位にみきとP feat.鏡音リン「ロキ」がランクイン!
総合、アーティストランキングに続いて2018年発売曲ランキングも米津玄師が1位を獲得。エクシングがその年の発売曲ランキングの発表を始めた2016年から、総合、アーティスト、発売曲で3冠を達成するのは米津玄師が初となります。
2位の菅田将暉「さよならエレジー」、4位の星野源「ドラえもん」と、ドラマやアニメのタイアップ曲が並ぶ中、みきとP feat.鏡音リン「ロキ」はノンタイアップながら6位にランクイン。新たなボカロ™定番ソングとして定着しそうです。
※「VOCALOID™(ボーカロイド™)」および「ボカロ™」はヤマハ株式会社の登録商標です。

《ジャンル別ランキング》
■高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」が5年ぶりに1位に返り咲き。バルーン「シャルル」がVOCALOID™ランキング初の1位。韓国曲はTikTok、洋楽は映画の影響も。

▽アニメ/特撮/ゲームランキング
『新世紀エヴァンゲリオン』オープニング、高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」が5年ぶりに1位に返り咲きました。今年6月に『エヴァンゲリオン』シリーズに関わり続ける摩砂雪監督が制作したミュージックビデオでのアニメカラオケが新たに配信開始し、定番曲の人気を底上げする結果となりました。

▽VOCALOID™ランキング
1位を獲得し続けていた「千本桜」に、倍以上の差をつけてバルーン「シャルル」がついに1位を獲得。「バルーン」は“須田景凪”名義としても活躍する今注目のシンガーソングライターです。

▽韓国曲ランキング
「LIKEY」「What is Love?」などTOP20位以内にTWICEの楽曲が7曲ランクイン。音楽動画コミュニティ“TikTok”での“踊ってみた”動画などでよく使用される曲がカラオケランキング上位にもランクインしました。

▽洋楽ランキング
映画の影響をうけ、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』主題歌、ABBA「DANCING QUEEN」が昨年の圏外から8位にジャンプアップ。映画『グレイテスト・ショーマン』主題歌、Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble「This Is Me」も10位に初登場しました。

(参考資料)
※昨年21位以下の楽曲を「圏外」と表記

◆楽曲ランキング(総合)
首位に輝いたのは、今年注目を集めた話題のドラマ『アンナチュラル』の主題歌、米津玄師「Lemon」。 2位は数多くのアーティストにカバーされ幅広い年齢層から人気の高い、中島みゆき「糸」。3位はカラオケの定番人気曲MONGOL800「小さな恋のうた」。
 


◆アーティストランキング(総合)
米津玄師が昨年14位からジャンプアップ、1位を獲得。引退を発表した安室奈美恵は昨年圏外からのランクイン。

 

 

◆2018年発売曲ランキング(総合)
米津玄師が2018年総合ランキング、アーティストランキングに続き、2018年リリース曲についても1位を獲得。3冠を達成しました。2015年に結成され、今年念願のデビューを果たしたKing & Princeの「シンデレラガール」はドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』のヒットと共に一躍人気に。


◆アニメ/特撮/ゲーム ランキング
アニソンカラオケの定番「残酷な天使のテーゼ」が5年ぶりに1位に返り咲きました。映画『名探偵コナン から紅の恋歌』主題歌として人気の倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」は圏外より、一気に14位までにランクアップ!



◆2018年発売曲ランキング(アニメ/特撮/ゲーム)


◆VOCALOID™ ランキング
カラオケ定番曲となった「千本桜」を抑え、ついにバルーン「シャルル」が1位を獲得!“須田景凪”名義としても活躍する今注目のシンガーソングライターです。また、みきとP feat.鏡音リン「ロキ」は、今年4月に配信を開始し約半年で3位にランクイン!新たなヒット曲が誕生しました。米津玄師の人気に伴いハチ名義の楽曲も圏外から8位にランクイン。


◆2018年配信曲ランキング(VOCALOID™)


※ 2018年にカラオケ配信を開始したVOCALOID™楽曲のランキングです。
※「VOCALOID™」はヤマハ株式会社の登録商標です。
※「初音ミク」「鏡音リン」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の登録商標です。
※「GUMI」はVOCALOID™「Megpoid」のキャラクター名です。
※「Megpoid」は株式会社インターネットの登録商標です。
※「IA」は1st PLACE株式会社の登録商標です。

◆洋楽 ランキング
映画の影響をうけ、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』主題歌、ABBA「DANCING QUEEN」が昨年圏外から8位にジャンプアップ。映画『グレイテスト・ショーマン』主題歌、Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble「This Is Me」も10位に初登場しました。


◆2018年発売曲ランキング(洋楽)


◆演歌/歌謡曲 ランキング
曲の入れ替わりはあるものの、石川さゆりが昨年に続き1位・2位を獲得。往年の名曲が上位にランクインしました。一方、2018年にリリースされた楽曲では、水森かおり「水に咲く花・支笏湖へ」が17位と大健闘! 


◆2018年発売曲ランキング(演歌/歌謡曲)


◆韓国曲 ランキング
「LIKEY」「What is Love?」などTOP20位以内にTWICEの楽曲が7曲ランクイン。音楽動画コミュニティ“TikTok”での“踊ってみた”動画などでよく使用される曲がカラオケランキング上位にもランクインしました。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクシング >
  3. 業界最多の曲数を誇るJOYSOUNDが、2018年カラオケ年間ランキングを発表!