軽い・明るい、静かで速いAFを装備、金属外装の高品位レンズがソニーEマウントでも登場!

atx-mシリーズ3本を11月12日に発売!

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区中野 代表取締役社長:山中 徹)は、軽い・明るい、静かで速いAF装備した「atx-m 23mm F1.4 E」「atx-m 33mm F1.4 E」「atx-m 56mm F1.4 E」の販売を、2021年11月12日より開始いたします。
メーカー希望小売価格(税別)は、atx-m 23mm F1.4 Eとatx-m 56mm F1.4 Eがそれぞれ62,000円、atx-m 33mm F1.4 Eが55,000円です。

atx-m 23mm F1.4 E
https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/tokina/standard-lenses/atx_m_23mm_f14_x/spec.html
 

atx-m 33mm F1.4 E
https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/tokina/standard-lenses/atx_m_33mm_f14_x/spec.html

atx-m 56mm F1.4 E
https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/tokina/telephoto-lenses/atx-m_56mm_f14/

トキナーのミラーレス専用レンズシリーズ「atx-m」のラインナップに、ソニーEマウント(APS-Cフォーマット)のF1.4単焦点レンズ3本が新登場。準広角の23mm(35mm判換算35mm相当)と標準の33mm(35mm判換算50mm相当)、そして中望遠56mm(35mm判換算85mm相当)と使いやすい焦点域の単焦点レンズです。
APS-Cミラーレス専用の光学設計とすることで、F1.4の大口径ながらフィルターサイズ52mmの小型サイズを実現。
さらに静かで速いAFを実現するSTM(ステッピングモーター)を搭載。動画撮影時にクリックのない無段階の絞り操作を実現しました。

大口径F1.4、単焦点らしいボケ味も考慮した光学設計



柔らかい味わいを実現し、ボケ味も考慮した光学設計。絞り羽根を9枚とすることで、背景のボケの形状までもこだわった造りです。



フィルターサイズ52mm、軽いF1.4レンズ



ミラーレスのカメラの利点「小型・軽量」を損なわないレンズとするため、トキナーはAPS-Cミラーレスに最適化した、小型・軽量設計を行いました。

静かで速いAF
STM(ステッピングモーター)の採用で、静かで速く、正確なオートフォーカスを実現しました。

動画撮影に対応する絞りリングを装備



レンズ鏡筒部分に、絞り段階でのクリックがない絞りリングを装備しました。これにより、動画撮影時の無段階での明るさ調整を絞りで行うことができます。また、絞りリングを「A」の位置にセットすることで、カメラ側で絞りの操作もできます。(F16位置とA位置では絞りにクリックを設けて誤動作を防止しています)

https://www.kenko-tokina.co.jp/newproducts/atxmsonye_news20211022.html

発売元
株式会社ケンコー・トキナー
https://www.kenko-tokina.co.jp/
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. 軽い・明るい、静かで速いAFを装備、金属外装の高品位レンズがソニーEマウントでも登場!