浦沢直樹 ✖ “藤子・F・不二雄最後の弟子” むぎわらしんたろう  奇跡の対談映像公開!

『ドラえもん』史上初の本格美術画集発売記念


■“藤子・F・不二雄最後の弟子” むぎわらしんたろうに巨匠・浦沢直樹が迫る!

 2021年4月7日に発売される『ドラえもん』史上初の本格美術画集『THE GENGA ART OF DORAEMONドラえもん拡大原画美術館』。美術的視点から『ドラえもん』のコマを厳選し、原画を拡大して掲載している本書では、藤子・F・不二雄の作画スタイルに迫るため、漫画界の巨匠・浦沢直樹と、藤子・F・不二雄の下でチーフアシスタントを務めたむぎわらしんたろうによる特別対談を掲載しています。画集の発売1週間前となる本日、本書に収録しきれなかった対談の様子をYouTubeで公開いたしました。

▼浦沢直樹×むぎわらしんたろう対談(1)【ドラえもん原画集発売記念】
https://youtu.be/K3H8Xwq3mx4

 

 今回公開した動画では、浦沢直樹が聞き役となり、むぎわらしんたろうが藤子・F・不二雄のアシスタント時代に受けた指導の内容や、アシスタントという立場から見てどういう人物だったのかを、実際のエピソードを交えて語られています。発売日当日には、動画の第2弾として、本書の別冊付録に収録されている『ゆうれい城へ引っ越し』の生原稿を見ながら、『ドラえもん』のカラー原稿の塗り方などを解説する動画を公開予定です。

 

出演者:浦沢直樹
1960年、東京都生まれ。1983年、デビュー。代表作に『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』など。現在最新作『あさドラ!』を連載中。漫画家の創作の秘密に迫るドキュメンタリー『浦沢直樹の漫勉neo』(NHK Eテレ)ではプレゼンターと構成を担当。手塚治虫文化賞マンガ大賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、仏・アングレーム国際漫画祭特別栄誉賞など、国内外の受賞歴多数。
 

出演者:むぎわらしんたろう
1968年、東京都生まれ。1987年、第14回小学館新人コミック大賞児童部門「藤子不二雄賞」受賞。翌年、アシスタントとして藤子プロに入社し、後にチーフアシスタントを務める。藤子Fの指導の下で『大長編ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』では作画を担当。代表作に『ドラベース ドラえもん超野球外伝』『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』など。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


THE GENGA ART OF DORAEMON
ドラえもん拡大原画美術館

定価6900円(税込) A4判
藤子・F・不二雄(フジコ・エフ・フジオ)作
橋本 麻里(ハシモト マリ)編
2021年4月7日(水)発売
小学館

©藤子プロ・小学館

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 浦沢直樹 ✖ “藤子・F・不二雄最後の弟子” むぎわらしんたろう  奇跡の対談映像公開!