ジョブカン勤怠管理、「産後パパ育休」を支援

10月1日(土)施行の改正育児・介護休業法への早期対応で男性の育児休業取得率向上に取り組む企業を後押し

 株式会社DONUTS(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)が提供するバックオフィス支援クラウドサービス「ジョブカン勤怠管理」は、10月1日(土)より新たに施行された「産後パパ育休(出生時育児休業)」を支援するため、対応する機能を実装したことをお知らせいたします。
 これまでの育児休業制度とは取得条件等が大きく異なる新たな休業制度にも早期に対応することで、企業の新制度活用と男性の育児休業取得推進をシステム面より働きかけ、東京都が推進する「育業(※1)」に賛同するとともに、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)の実現に寄与してまいります。


※1 東京都「こどもスマイルムーブメント」 https://kodomo-smile.metro.tokyo.lg.jp/ikugyo/logo 

 
  • 「男性の育児休業取得率向上」に対する注目度の高まり
 2022年8月にBIGLOBEが行った「Z世代の仕事と育児に関する意識調査(※2)」によれば、Z世代の8割弱が「男性も育児休業を取得すべき」と答えており、若い世代にとって男性の育児参加はもはや当たり前の感覚に近づいていると言えます。一方で、厚生労働省の「雇用均等基本調査(※3)」によれば、2021年度(令和3年度)の女性の育児休業取得率85.1%と比較して、男性の育児休業取得率は未だ13.97%であり、その半数以上が2週間未満の短期間の休暇しか取得していないことがわかっています。

 2022年4月より段階的に施行されている改正育児・介護休業法には、男性の育児休業取得率向上に向けた数々な施策が含まれています。特に10月1日(土)より施行された「産後パパ育休」と「育児休業の分割取得」は、育児休業取得を希望する男性の選択肢が大幅に増え、仕事と家庭を両立する柔軟な働き方を実現できるため大きな注目を集めています。

※2 「Z世代の仕事と育児に関する意識調査」(BIGLOBE) https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2022/09/220913-1
※3 「雇用均等基本調査」(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-r03/03.pdf

 
  • 新制度への早期対応で企業の新たな一歩を後押し
 「産後パパ育休」はこれまでの育休とは異なり、申出期限が短縮され、短期間の育休を分割して取得できるようになったことで、男性の育児休業取得のハードルを下げることが期待されています。一方で、休業中の就業が限定的に可能となったことにより、形だけの休業制度とならないよう労務手続き面での条件チェック等が重要となります。
 

<出典: 「育児・介護休業法 令和3年(2021年)改正内容の解説」(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000909605.pdf


 「ジョブカン勤怠管理」では、有給休暇や従来の育児休業とは別に「産後パパ育休」を取得できるようになり、取得期間中に就業を行う場合は日数や勤務時間が規定を超過しないようアラートでお知らせします。また、今後「ジョブカン給与計算」との連携(現在開発中)により、「産後パパ育休」期間中でもスムーズな労務・経理の手続きが可能となります。機能の詳細は「ジョブカン勤怠管理」のヘルプページ( https://jobcan.zendesk.com/hc/ja/articles/10411056433817 )にてご確認ください。

 政府は男性の育児休業取得率を2025年に30%にすることを目標に掲げていますが、2021年度の男性の育児休業取得率(13.97%/過去最高)とはまだ大きな開きがあります。創業期から成熟期まで、企業のあらゆるステージ・規模に対応しているジョブカンは、コロナ禍においても、全てのジョブカン導入企業が新しく柔軟な働き方に対応できるよう、社会需要をふまえてさまざまな新機能をいち早く実装してまいりました。2023年4月には従業員数1,000人超の企業に「育児休業等の取得率」の公表(年1回)が義務付けられるなど、男性の育児休業取得の促進は全ての企業において喫緊の課題となっています。ジョブカンは今後も男性の育児休業取得を推進する企業をシステム面からサポートし、男性も女性も働きやすい社会の実現に寄与してまいります。

 
  • バックオフィス支援クラウドERPシステム「ジョブカン」について
ジョブカンシリーズは、ジョブカン勤怠管理を始めとし、経費精算・ワークフロー・採用管理・労務HR・給与計算・会計・見積/請求書・BPOの9サービスからなる、バックオフィス業務を効率化するクラウドERPシステムです。企業の創業期から成熟期まであらゆるステージ・規模に対応しており、現在150,000社以上が利用しています。有料ID数は300万を突破しており、法人向けIT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」が発表した「ITトレンド年間ランキング2021※」において、「勤怠管理・就業管理」部門、「ワークフロー」部門、「採用管理・選考管理システム」部門、「給与計算システム」部門で第1位に選ばれています。
※2021年にITトレンドの各カテゴリーでユーザーから最も支持された製品を発表。2021年1月1日~11月30日までの資料請求数をもとに集計しています。
・公式サイト:https://all.jobcan.ne.jp/ 

 
  • バックオフィス支援クラウドサービス「ジョブカン勤怠管理」について
勤怠管理業務に必要な機能を全て備えた「ジョブカン勤怠管理」は、働き方改革関連法に対応し、ICカードやGPSなど、さまざまな方法で打刻できる勤怠管理システムです。
・公式サイト:https://jobcan.ne.jp/

 
  • 株式会社DONUTS 概要
・所在地  :東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー8階
・代表者  :代表取締役 西村啓成
・設立   :2007年2月5日
・事業内容 :クラウドサービス事業、ゲーム事業、動画・ライブ配信事業、医療事業、出版メディア事業
・企業サイト:https://www.donuts.ne.jp/
・採用情報 :https://www.wantedly.com/companies/donuts2007/

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DONUTS >
  3. ジョブカン勤怠管理、「産後パパ育休」を支援