通信距離、スループット、信頼性、セキュリティが向上したBluetooth® 5.2準拠のSoCを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、最新のBluetooth®機能である、通信範囲の拡大、スループット向上、セキュリティ強化に対応し、また、消費電力の低減に貢献するBluetooth® Low Energy(Bluetooth LE)システム・オン・チップ(SoC)「BlueNRG-LP」を発表しました。超低消費電力無線により、受信モードでわずか3.4mA、送信時に4.3mA、ウェイクアップまでの待機時には500nA未満にまで消費電流を抑えられるため、さまざまなアプリケーションでバッテリ・サイズの小型化や、駆動時間の延長に貢献します。

STの第3世代Bluetooth SoCであるBlueNRG-LPは、最大128ノードの同時接続に対応する世界初のBluetooth LE 5.2認証取得済み製品です。スタイリッシュかつ直感的なスマートフォン・アプリから、シームレスで低遅延の制御や多数の接続機器のモニタリングを行うことができます。 

最大+8dBmまで設定可能な高いRF出力パワーと、-104dBmまでの優れたRF感度を備え、ビーコンやスマート照明、ゲーム、ビル・オートメーション・システム、産業機器、トラッキング・アプリケーションなどにおいて、通信範囲の大幅な拡大を実現します。また、BlueNRGの包括的なソフトウェア / ハードウェア開発エコシステムの一部として提供される認証取得済みのBluetooth LE Meshにより、シームレスかつ無制限に通信距離を拡張することも可能です。

BlueNRG-LPは、前方誤り訂正方式(FEC)による符号付き物理層(Coded PHY)を使用するBluetoothロング・レンジ・モードに対応しているため、最大数百メートルまで無線通信距離を拡張でき、信頼性の向上にも貢献します。また、GATT(汎用アトリビュート・プロファイル)による高速かつ効率的な通信が可能です。

BlueNRG-LPには、コア仕様バージョン5.2に準拠し超低消費電力アーキテクチャ対応の設計がなされた第3世代のBluetooth LEプロトコル・スタックに対応しています。同スタックは、コンパイラに依存せず、複数の統合開発環境(IDE)に対応したライブラリとして無償で提供されます。また、小型化、モジュール性、低遅延、互換性、OTA(Over The Air)ファームウェア更新などに対応できるよう最適化されています。さらに、拡張アドバタイジングおよびスキャン、高デューティ・サイクルの非接続アドバタイジング、パケット長の拡張、2Mbit/sのスループットなどにも対応しています。

BlueNRG-LPは、L2CAP Connection-Oriented Channel(CoC)をサポートしており、大容量の双方向データ通信、多機能の同時接続、Channel Selection Algorithm #2(CSA #2)を簡単に実現することができます。そのため、住宅、ビル、産業向けネットワークなど、ノイズの多い環境において堅牢性に優れた通信が可能です。 

内蔵のArm® Cortex®-M0+搭載マイクロコントローラ(マイコン)には、セキュア・ブートローダ、内蔵Flashメモリ(256KB)の読出し保護、48bitの個体識別用ユニークID、カスタマ・キー・ストレージ、真乱数発生器(RNG)、ハードウェア公開鍵アクセラレータ(PKA)、AES-128暗号化コプロセッサなど、優れたセキュリティ機能が搭載されています。また、最大64MHzの動作周波数と18µA/MHzの超低消費電流を実現し、業界標準のデジタル・インタフェース、マルチ・チャネル12bit ADC、調整可能なゲイン・アンプを内蔵したアナログ・マイクロフォン・インタフェース、ユーザ・タイマ、システム・タイマ、ウォッチドッグ・タイマ、および最大31個のユーザ設定用5V耐圧I/Oピンを搭載しています。

BlueNRG-LPは、RFバラン、DC-DCコンバータ、HSE(High-Speed External)オシレータと内部低速リング・オシレータ用のキャパシタも搭載しており、部材コストの最小化と回路設計の簡略化にも貢献します。

BlueNRG-LPでは、QFN32(5 x 5mm)、QFN48(6 x 6mm)、小型WLCSP49ウェハレベル・パッケージ(3.14 x 3.14mm)のパッケージ・オプションに加え、32KBまたは64KBのRAM、最高85°Cまたは105°Cの動作温度範囲を選択できるため、設計要件に応じて最適かつ柔軟な選択が可能です。BlueNRG-LPは、STが産業機器向けに提供する10年間の長期製品供給保証の対象製品です。

BlueNRG-LPは現在量産中で、QFN48パッケージの大量購入時の単価は1.00ドル以下です。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/ja/wireless-transceivers-mcus-and-modules/bluenrg-lp.html?icmp=tt18021_gl_pron_oct2020

また、ブログ記事もご覧いただけます。
https://blog.st.com/bluenrg-lp/

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、約46,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な独立系総合半導体メーカーです。約10万社のお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。STのテクノロジーは、スマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・5G通信の普及を可能にします。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・センサ製品グループ
TEL : 03-5783-8250  FAX : 03-5783-8216
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. 通信距離、スループット、信頼性、セキュリティが向上したBluetooth® 5.2準拠のSoCを発表