世界のアクリル樹脂市場調査レポート:タイプ別、特性別(熱可塑性および熱硬化性)、用途別(塗料・コーティング、建設、工業・商業、紙・板紙、繊維・繊維、接着剤)および地域別ー予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界のアクリル樹脂市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年05月 17日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347014
調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

アクリル樹脂は、アクリル酸、メタクリル酸または他の関連化合物の熱可塑性または熱硬化性プラスチック物質誘導体として知られています。これは、塗料およびコーティング、建設、工業および商業、接着剤で広く使用されています。市場を牽引する要因は、耐水性や耐候性、耐久性、透明性、接着性など、アクリル樹脂など多様な特性に起因する可能性があります。

世界の新興経済国における迅速な都市化と工業化により、政府は建設費を拡大するようになりました。この傾向は、建設および建築用途におけるアクリル樹脂の需要を促進すると予想されます。2019年度のアジアンペイントは、携帯電話、航空機のフロントガラス、時計のクリスタル、光学レンズ、PCスクリーンなど、さまざまな用途にアクリル樹脂が使用されていることから、700億米ドルの売り上げを記録しました。また、自動車業界が車両に滑らかで光沢のある仕上がりを提供するためにアクリル樹脂に依存していることも、市場の成長を後押しします。

世界のアクリル樹脂市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。



北米は、塗料やコーティング、建設などの用途でアクリル樹脂の必要性により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2020ー2027年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されています。急速に増加する都市化や工業化などの要因は、アジア太平洋地域全体のアクリル樹脂市場に有利な成長見通しを作成します。

世界のアクリル樹脂市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場セグメンテーション洞察

世界のアクリル樹脂市場は、タイプ別(メタクリレート、アクリレートおよびハイブリッド)、特性別(熱可塑性および熱硬化性)、用途別(塗料およびコーティング、建設、工業および商業、紙および板紙、繊維および繊維、接着剤)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

 レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界のアクリル樹脂市場」というタイトルのレポートは、世界のアクリル樹脂市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界のアクリル樹脂市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界のアクリル樹脂市場における業界のリーダーはBASF SE、The DOW Chemical Co.、Arkema SA、Air Products and Chemicals Inc.、Formosa Plastics Corporation、Nippon Shokubai Co., Ltd.、Mitsubishi Chemical Holdings Corporation、DIC Corporation、Momentive Specialty Chemicals Inc.、Hitachi Chemical Co., Ltd.などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-acrylic-resin-market-/10347014

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界のアクリル樹脂市場調査レポート:タイプ別、特性別(熱可塑性および熱硬化性)、用途別(塗料・コーティング、建設、工業・商業、紙・板紙、繊維・繊維、接着剤)および地域別ー予測2020-2027年