LINE マンガ、⼤型リニューアルを6 ⽉7 ⽇に実施 23 時間経てば無料で次話が読める新機能「マイ連載」を開始

出版社横断型でこれまでの2 倍となる約600 作品の連載タイトルをラインナップ

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:出澤 剛)は、同社が提供する電⼦コミックサービス「LINE マンガ」https://manga.line.me/ において、6⽉7 ⽇(⽊)に⼤型リニューアルを⾏い、23 時間経てば無料で次話が読める新機能「マイ連載」を開始いたしますので、お知らせいたします。


「LINE マンガ」は、アプリや「LINE」上で気軽にマンガ作品が楽しめるスマートフォン向け電⼦コミックサービスです。
2013 年4 ⽉のサービス開始以降、250 社以上の出版社・レーベルを通じて電⼦コミックストアで現在までに25 万点以上のマンガを配信し、アプリのダウンロード数は1,900 万件を突破、多くのユーザーにご利⽤いただいております。

6 ⽉7 ⽇(⽊)に⾏われるリニューアルでは、UI(ユーザーインターフェース)の刷新に加え、出版社から提供される⼈気マンガを楽しめる「無料連載」が、新たに「マイ連載」へと⽣まれ変わります。

これまでの「無料連載」は、1 週間に1 話ずつ更新される週間連載形式で、次話を読むためには1 週間後の更新⽇を待つ必要がありました。新機能の「マイ連載」は、23 時間に1 話ずつ*1 読むことができるチャージ形式で、作品ごとに1 話を読むとチャージが消費されます。23 時間経つとチャージが回復することで毎⽇決まった時間に読むことができ、ユーザー⾃⾝のライフスタイルにあわせた読書体験が可能となります。チャージが回復すると、LINE マンガ公式アカウントやアプリのプッシュ通知で「チャージ完了通知」が届き、チャージの回復前に次話を読むにはマンガコインが必要となります。
*1:⼀部、チャージ時間が異なる作品もございます。

作品数においても、これまでの約280 タイトルから2 倍の約600 タイトルに増加し、『約束のネバーランド』(集英社)や『七つの⼤罪』(講談社)などの最新話題作を含む、より多くのマンガ作品が楽しめるようになります。これまで読んでいた作品閲覧情報や購⼊履歴、更新通知登録情報、マンガコインなどは全て引き継がれます。

今後は、さらにユーザーひとりひとりにあわせたマンガ作品との出会いを創出するため、読書傾向や作品の好みに基づいて作品を勧める「レコメンド機能」の拡充や、キーワードや絵柄で作品を絞り込むことが可能となる「検索機能」の実装を予定しております。

「LINE マンガ」は、⽇本のマンガ市場のさらなる発展と活性化を⽬指し、引き続き様々な取り組みを進めてまいります。

■LINE マンガ アプリ概要
対応端末:iPhone/Android
対応⾔語:⽇本語
サービス地域:⽇本
サービス開始⽇:2013 年4 ⽉9 ⽇
価格:ダウンロード無料(アプリ内課⾦)
開発・運営:LINE 株式会社
著作権表記:©LINE Corporation
App Store https://itunes.apple.com/jp/app/line-manga/id597088068
Google Play http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linemanga.android
WEB ブラウザ版: https://manga.line.me/
公式twitter: https://twitter.com/LINEmanga
公式facebook ページ: https://www.facebook.com/LINEMANGA.official?fref=ts
公式ブログ: http://manga-blog.line.me/ja/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINE マンガ、⼤型リニューアルを6 ⽉7 ⽇に実施 23 時間経てば無料で次話が読める新機能「マイ連載」を開始