上野動物園の子パンダ・シャンシャンとの3年半の思い出いっぱい!メモリアル写真集『ずっとだいすきシャンシャン』発売

朝日新聞出版では、11月20日(火)に『ずっとだいすきシャンシャン』(日本パンダ保護協会・編)を発売しました。本書は、2020年末に中国に向けて出発する予定の上野動物園の子パンダ・シャンシャンのメモリアル写真集です。
 2017年6月12日の誕生から、シャンシャンが成長していく3年半を、朝日新聞の映像報道部が撮影してきた写真を中心に75点以上の愛蔵写真で振り返ります。表紙は長く保存していただけるハードカバーで、カバーは裏返すと特製ポスターに変身! キュートなポーズのシャンシャンが登場します。愛らしいシャンシャンの姿をいつまでもお手元にとどめておける、とっておきの1冊です!

【本書のおすすめポイントはココ!】
① 誕生から3歳まで、シャンシャンが成長していく様子がわかる!

体長わずか16.4センチしかなかった生まれたばかりの写真から、みんなの前にデビューした日、真冬の運動場で遊びまわる姿まで、元気に愛らしく成長していく様子を上野動物園と朝日新聞映像報道部の写真で振り返ります。

② シャンシャンのことがもっと詳しくなるコラム記事も充実!
ジャイアントパンダにまつわるミニ知識や上野動物園の福田豊園長インタビューなどコラム記事も収録しました。シャンシャン誕生の成功の秘訣、さて何でしょう?

③ 小さいころのリーリー&シンシンの愛蔵写真も収録!
シャンシャンの両親、リーリーとシンシンは四川省の中国パンダ保護研究センターで一緒に育ちました。2頭のやんちゃな子ども時代の写真も収録しました。中国パンダ保護研究センターの屈元元さんに予定されている中国でのシャンシャンの暮らしについても寄稿いただきました。

【編者プロフィール】
日本パンダ保護協会

パンダと自然保護をめざすボランティア団体として、日中国交30周年にあたる2002年に設立。以来、海外におけるパンダ保護を目的とした民間活動を始める。また「中国パンダ保護研究センター」の窓口となって写真展や講演会、中国パンダ見学などのイベントを催し、絶滅が危惧されるパンダの生息環境を改善する活動を行っている。名誉会長は黒柳徹子。

『ずっとだいすきシャンシャン』
日本パンダ保護協会・編
定価:1700円+税
変型190×172㎜、96ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4022587091
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 上野動物園の子パンダ・シャンシャンとの3年半の思い出いっぱい!メモリアル写真集『ずっとだいすきシャンシャン』発売