【ザ・リッツ・カールトン京都】SDGs週間(Global Goals Week)に賛同し、館内レストラン・バーにて「持続可能な食」をテーマにしたメニューを提供

~食を通じて、身近に取り組むSDGsを提案~

ザ・リッツ・カールトン京都(所在地:京都市中京区鴨川二条大橋畔、総支配人:カルロス・タレロ)は、国連総会でSDGsが採択された9月25日(Global Goals Day)を含む「SDGs週間」(Global Goals Week)に賛同し、9月1日(木)から9月30日(金)の期間中、館内レストラン、バーにて、「持続可能な食」をテーマに、各シェフやバーテンダーが考案したメニューを提供します。

「SDGs週間」は、持続可能な開発目標(SDGs)達成のための行動を加速するために設定され、アイデアや変革的な解決策を共有する機会として、毎年世界中で様々なイベントが開催されています。「Made For Kyoto(京都のためのホテル)」をコンセプトに2014年に開業したザ・リッツ・カールトン京都は、地域と社会の持続的発展にさらに貢献することを目指し、今年初めて「持続可能な食」をテーマに全館を挙げたプロモーションを実施することになりました。

 

「ザ・バー」では、旬の京野菜を使用した「地産地消」の会席カクテルを

「アクアペポ 〜鹿ヶ谷南瓜のレモン煮〜」(左)、「ファレナス 〜賀茂茄子の田楽〜」(右)「アクアペポ 〜鹿ヶ谷南瓜のレモン煮〜」(左)、「ファレナス 〜賀茂茄子の田楽〜」(右)

ライトアップされた滝の流れを眺めるスタイリッシュな雰囲気の「ザ・バー」では、旬の京野菜を使用したカクテルを提供します。地元食材を使用することは、農産物の運送距離を短くし、エネルギーとCO2排出量の削減につながるだけでなく、その取り組みはさらに農業の活性化と農地の保全をもたらし、洪水を防ぐことにより、美しい景観の維持にも貢献できると考えています。

今回は、バーテンダーが京野菜を使用した「会席料理」を館内の和食の料理人から学び、そこからインスピレーションを受け、カクテルに昇華させました。賀茂茄子の田楽をイメージした「ファレナス」と、鹿ケ谷南瓜のレモン煮をイメージした「アクアペポ」の2種類のカクテルは、京野菜の新しい楽しみ方の提案です。

期間:2022年9月1日(木)~ 9月30日(金)
場所:1階「ザ・バー」
料金:「アクアペポ」3,416円、「ファレナス」3,416円(税・サービス料込)

「ミシュランガイド」一つ星獲得「天麩羅 水暉」では、野菜を皮まで使い切る「かき揚げ天丼」を提供

野菜を皮まで使い切る「サステナブル かき揚げ天丼」野菜を皮まで使い切る「サステナブル かき揚げ天丼」

5年連続「ミシュランガイド」にて一つ星を獲得した「天麩羅 水暉」では、さつまいもや人参などの野菜の皮を乾燥して粉末状にし、かき揚げの衣に混ぜ合わせて揚げた「サステナブル かき揚げ天丼」を提供します。香りと旨味のある野菜の皮の部分を使用することで、野菜の旨味が一層凝縮された一品をお楽しみください。

「天麩羅 水暉」
期間:2022年9月1日(木)~ 9月30日(金)
場所:地下1階「天麩羅  水暉」
時間:ランチ・ディナー ※全てのコースの最後に、「サステナブル かき揚げ天丼」をお選びいただけます。
料金:ランチ 11,385円(税・サービス料込)~、 ディナー 20,240円(税・サービス料込)~

「サステナブルキングサーモン」やSDGsに取り組む農場「MERCATOちばfattoria」のハーブを使用したアフタヌーンティーが登場

アフタヌーンティーのセイボリーアフタヌーンティーのセイボリー

1階「ザ・ロビーラウンジ」で提供するアフタヌーンティーでは、期間中ザ・リッツ・カールトン京都のシェフが作り上げたサステナブルなセイボリーをご用意します。

環境へ配慮したサステナブルなキングサーモンを使用した「サステナブルキングサーモンとフロマージュブランのロールサンド」や、土壌の生態系維持や食農教育を積極的に行う「MERCATOちばfattoria」のハーブや花をちりばめた華やかなでありながらも環境へ配慮したセイボリーをお楽しみください。

期間:2022年9月1日(木)~ 9月30日(金)
場所:1階「ザ・ロビーラウンジ」
時間:アフタヌーンティー 予約時間 12:00 P.M. / 12:30 P.M. / 3:00 P.M. / 3:30 P.M. / 5:30 P.M.(5:30 P.M. の予約は土曜日のみ)
料金:6,958円(税・サービス料込)

「シェフズ・テーブル by Katsuhito Inoue」では、地元食材や、野菜の端材を使った自家製パンを提供

「シェフズ・テーブル by Katsuhito Inoue」料理の一例「京都産賀茂茄子の炭火焼き 北の香り」「シェフズ・テーブル by Katsuhito Inoue」料理の一例「京都産賀茂茄子の炭火焼き 北の香り」

2021年8月にオープンした「シェフズ・テーブル by Katsuhito Inoue」では、廃棄物ゼロ・サステナビリティの観点から、野菜の端材を使った自家製パンや、通常市場に出回らず、中には廃棄されるものもある未利用魚*を、シェフ井上勝人の情熱と卓越した技法によって極上の料理に仕立てています。*形やサイズが不揃いなことなどが理由で、市場にほとんど出回らない魚

「食材を命ととらえ、無駄なく使いきる」という井上の料理人としての信念は、食材を余すところなく使い切る「始末の心」として知られる、京都の人々の間で脈々と受け継がれてきた文化にも通じています。

9月は、旬の京野菜である賀茂茄子や、近海のカワツエビ、生態系における循環システムの維持に役立つと言われているキノコなどを使用した料理を提供します。

「シェフズ・テーブル by Katsuhito Inoue」
場所:ザ・リッツ・カールトン京都1階 サレッタ プリバータ
営業時間:18:00 一斉スタート
料金:32,000円(税・サービス料込)
定休日:日曜日・月曜日・火曜日 ※定休日は変更になる場合がございます。
席数:6席
公式サイト:https://chefstable.ritzcarltonkyoto.com


※写真はイメージです。メニュー内容や提供時間は予告なく変更となる場合があります。
※ご予約は電話、及びメールにて承っております。
メール:rc.kyoto.restaurant.reservation@ritzcarlton.com TEL:075-746-5522(レストラン予約直通)

ザ・リッツ・カールトン京都について
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、祇園や河原町、先斗町など繁華街に近く、観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、ここでしか味わえない上質な時間を提供します。総客室数は134室。客室平均面積は50平米と京都市内最高水準の広さを誇り、レストランやバー、宴会場、スパをご用意しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マリオット・インターナショナル >
  3. 【ザ・リッツ・カールトン京都】SDGs週間(Global Goals Week)に賛同し、館内レストラン・バーにて「持続可能な食」をテーマにしたメニューを提供