美白ブランドHAKU「年代別女子会」ウェブムービーを公開 モデル鈴木六夏さんが、4世代4役を熱演! 50代になりきった鈴木六夏さんが指南する、「思い出ジミ」は気にせず前向きになる秘訣とは?

 資生堂は、13年連続美白美容液売上No.1※1ブランド「HAKU」より「HAKU メラノフォーカスV」(医薬部外品)の3月21日新発売に合わせ、モデル鈴木六夏(りくか)さん出演のスペシャルコンテンツを公開しました。鈴木さんが1人4世代4役を熱演する、「年代別女子会」をテーマにしたウェブムービーと、鈴木さんのライフスタイルに迫るインタビューをご覧いただけます。
*美白化粧品は、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

YouTube: http://www.shiseidogroup.jp/r/yt/20180320/01/?rt_pr=tra79
ブランドサイト: http://www.shiseido.co.jp/haku/?rt_pr=tra79

 

 美白に関心のある女性の意識調査※2をしたところ、「以前に浴びた紫外線の影響で、シミができたと感じる」という回答が約8割にのぼり、現在よりも15年~20年前に浴びた紫外線の影響だと思っていることに注目しました。また、シミの原因となったその時は、楽しく輝いていた思い出であるものの、シミができてしまったことは後悔していることも分かりました。「HAKU」は、こうしたシミさえなければもっと前向きになれる、と感じている女性の気持ちを捉え、これからの楽しい思い出を後悔に変えさせない「思い出ジミをつくらないで、もっと私らしく。」というメッセージを発信します。

 ウェブムービーでは、とあるバーに、過去と未来の自分が集結。4世代の女子会が繰り広げられます。主人公の30代の自分は、悩める20代の自分を前に、思い切り紫外線を浴びていた思い出を振り返り、後悔を吐露。そんな後悔を抱く30代に、40代、50代の未来の自分が思い出をポジティブに捉え、今を楽しむためのエールを送るストーリー。今とこれからを楽しむために、前向きになれる60秒間です。年代に合った美しさを表現した、4通りのヘアメイクと衣装にもご注目ください。
 健康的な美しさを保つ鈴木さんへのスペシャルインタビューでは、自身の人生経験を基にした、常に前向きに生きるためのヒントが詰まっています。

 誕生から13年を迎えた「HAKU」は、シミ予防のエキスパートとして、これからもこの先も美白をする女性たちをサポートしつづけます。

※1 インテージSRI 美白美容液市場 2005年1月~2017年12月 金額シェア (美白以外の機能を兼ね備える商品は除く)
※2 美容意識調査2017年6月 N=150 シミと思い出に関する意識調査(インターネット)2017年11月 N=400


「HAKU」ウェブムービー
【撮影秘話】
「演技は初挑戦で…」と、撮影開始時こそ不安げな表情を浮かべていたものの、自ら演技のアイデアを出したり、年代ごとに変わる衣装やメイクを楽しんだりと、余裕すら感じさせるほどの演技で周囲を驚かせたのでした。
初挑戦とは思えない、鈴木さんの新たな一面を垣間見ることができました。

【出演者プロフィール】


鈴木 六夏(すずき りくか)
1980年生まれ。37歳。
VERYレギュラーモデル、ファッションブランドの広告で活躍する傍ら、キッズブランドのブランドプロデュースも手がける。2児の母としてプライベートと仕事を両立するライフスタイルやプライベートでのスタイリングは同世代の女性たちから共感を集めている。



鈴木六夏さんインタビューコンテンツ


 ウェブムービーでは、変幻自在にあらゆる年代の美しさを演じた鈴木六夏さん。昔から「太陽の方に向かっていくタイプでした」という鈴木さんは、20代の頃、海辺でよく紫外線を浴びていたそう。それでも「なんであのとき焼いていたんだろう」とネガティブには感じておらず、「そのときの自分が一番ハッピーに過ごすことは、今も昔も大切にしている」ことだと語ります。
 等身大の生き方で、幅広い世代に支持される彼女の「ありのままの美しさ」が詰まったロングインタビューは必見です。

ブランドサイト: http://www.shiseido.co.jp/haku/?rt_pr=tra79

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 美白ブランドHAKU「年代別女子会」ウェブムービーを公開 モデル鈴木六夏さんが、4世代4役を熱演! 50代になりきった鈴木六夏さんが指南する、「思い出ジミ」は気にせず前向きになる秘訣とは?