【阪神梅田本店】川﨑麻央 日本画展 

特別企画 更生保護表紙絵原画展

■阪神梅田本店8階ハローカルチャー1・2
■7月6日(水)→7月12日(火)(最終日は午後5時まで)
■「美術散歩」公式URL:https://www.hanshin-dept.jp/dept/e/bizyutsusanpo/
東京藝術大学在学中より院展に入選し、以降、数々の賞を受賞。現在は同大学での後進の指導とともに日本美術院特待として次々と新鮮な作品を発表する日本画家 川﨑麻央。阪神梅田本店での初個展となる今展では、日本神話をメインテーマとした新作をご紹介。また特別企画として、故・平山郁夫ゆかりの月刊誌『更生保護』で2021年8月から描いている表紙絵原画もあわせて、一堂に展観いたします。

■作品紹介

「七福神・飄々」 (紙本彩色、75.8 ×96.4cm) 1,650,000円(税込)「七福神・飄々」 (紙本彩色、75.8 ×96.4cm) 1,650,000円(税込)

「喜びの舞」(更生保護2022年4月号表紙絵) (紙本彩色、40×37cm) 385,000円(税込)「喜びの舞」(更生保護2022年4月号表紙絵) (紙本彩色、40×37cm) 385,000円(税込)

「因幡の白兎・幕開け」 (紙本彩色、51.2×38.9cm) 550,000円(税込)「因幡の白兎・幕開け」 (紙本彩色、51.2×38.9cm) 550,000円(税込)

「鳥髪山」(更生保護2022年5月号表紙絵) (紙本彩色、37.5×37cm) 385,000円(税込)「鳥髪山」(更生保護2022年5月号表紙絵) (紙本彩色、37.5×37cm) 385,000円(税込)

「見返り弁天」 (紙本彩色、67×49cm) 742,500円(税込)「見返り弁天」 (紙本彩色、67×49cm) 742,500円(税込)

【作家在廊予定日】
7月9日(土)・10日(日)
※都合により変更となる場合がございます。

■作家紹介
川﨑麻央(かわさき まお) ※〈川崎のさきは大のところが立〉

川﨑麻央川﨑麻央

1987年 島根県生まれ。2012年 東京藝術大学美術学部日本画専攻卒業。2014年 東京藝術大学大学院修士課程日本画修了、東京藝術大学大学院博士後期課程日本画入学、第29回有芽の会法務大臣賞受賞、再興第99回院展初入選(同2015年)。2015年 第70回春の院展初入選(同2016年)。2017年東京藝術大学大学院博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了博士号( 美術)取得。2018年 第73回春の院展奨励賞受賞(同2020年)。2019年 再興第104回院展奨励賞受賞。2020年 第75回春の院展春季展賞・郁夫賞受賞、再興第105回院展奨励賞・第26回天心記念茨城賞受賞。2021年 再興第106回院展奨励賞受賞、特待推挙。現在、日本美術院特待・東京藝術大学日本画非常勤講師。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神百貨店 >
  3. 【阪神梅田本店】川﨑麻央 日本画展