北斎にまつわる記事100本以上!天才絵師・葛飾北斎の情報を集めたポータルサイト「HOKUSAI PORTAL」オープン

映画『HOKUSAI』をはじめ、パスポートや新紙幣で注目を集める絵師の生涯と作品に迫る

Webメディア『和樂web』(https://intojapanwaraku.com/ )は、2021年5月28日(金)公開の映画『HOKUSAI』の公開に先立ち、ポータルサイト「HOKUSAI PORTAL」を2021年4月18日(日)に開設しました。人物紹介や作品解説など100本を超える記事で、絵師・葛飾北斎の魅力とその周辺人物、時代背景の考察などを公開しています。

ポータルサイト「HOKUSAI PORTAL」はこちら
https://intojapanwaraku.com/hokusai-portal 

今回の取り組みの背景

2021年4月現在『和樂web』が所持する「浮世絵」にまつわる記事の数は400以上。Googleでも「浮世絵」「葛飾北斎」などの検索ワードにおいて、上位に表示される記事を多数発信しており、浮世絵を取り扱うWebメディアとして、順調に規模を拡大してきました。

そんな中、2020年に生誕260年を迎え、パスポートや新紙幣のデザインに採用されるなど、葛飾北斎がさらなる注目を集め始めました。そこで、映画『HOKUSAI』とタッグを組み、和樂webのこれまでの知見とコンテンツを生かした、新しいプロジェクトが始動。北斎の旧暦の命日である4月18日に、葛飾北斎をテーマにしたポータルサイトを和樂web内に開設するに至りました。

パスポートや新紙幣のデザインに採用された一枚。葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(1830-32年)メトロポリタン美術館パスポートや新紙幣のデザインに採用された一枚。葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(1830-32年)メトロポリタン美術館


「HOKUSAI PORTAL」とは

「この1000年で最も偉大な功績を残した100人に選ばれた唯一の日本人」「ゴッホが愛し、ティファニーに多大なる影響を与えた」「生涯で93回引っ越しをした」。これらすべての強烈なフレーズは一人の人物に冠されたもの。その男こそ、 260年前に江戸の町に生を受けた天才絵師、葛飾北斎です。

「HOKUSAI PORTAL」は、そんな北斎を、人生や作品、周辺人物、彼の生きた時代の文化など、さまざまな角度から考察するポータルサイトです。100本以上の北斎関連の既出記事に加え、和樂webのライター陣と編集部による新規記事を、2021年4月から6月にかけて20本以上公開します。


記事「19世紀最高の芸術家と米LIFE誌が認めた!北斎が世界最高のアーティストである10の理由」はこちら
http://intojapanwaraku.com/culture/155303/ 

今後の展開

「HOKUSAI PORTAL」のほか、和樂webのFacebook、Instagram、Twitter、TikTokといったSNSアカウントでの投稿、さらに音声プラットフォーム「popIn Wave」で期間限定の「HOKUSAI PORTAL」チャンネルを立ち上げ、北斎にまつわる音声コンテンツを配信しています。今後も、多面的なアプローチで北斎の魅力を掘り下げていく予定です。

popIn Wave 期間限定番組「HOKUSAI PORTAL」はこちら
https://wave.popin.cc/audioplayer.html?channel=chanoma 

映画『HOKUSAI』情報

工芸、彫刻、音楽、建築、ファッション、デザインなどあらゆるジャンルで世界に影響を与え続ける葛飾北斎。しかし、若き日の北斎に関する資料はほとんど残されておらず、その人生は謎が多くあります。

映画『HOKUSAI』は、歴史的資料を徹底的に調べ、残された事実を繋ぎ合わせて生まれたオリジナル・ストーリー。北斎の若き日を柳楽優弥、老年期を田中泯がダブル主演で体現、超豪華キャストが集結しました。今までほとんど語られる事のなかった青年時代を含む、北斎の怒涛の人生を描き切ります。画狂人生の挫折と栄光。幼き日から 90 歳で命燃え尽きるまで、絵を描き続けた彼を突き動かしていたものとは? 信念を貫き通したある絵師の人生が、170年の時を経て、いま初めて描かれます。

公開日: 2021年5 月 28 日(金)
出 演: 柳楽優弥 田中泯 玉木宏 瀧本美織 津田寛治 青木崇高 辻本祐樹 浦上晟周 芋生悠 河原れん 城桧吏 永山瑛太 / 阿部寛
監 督 :橋本一 企画・脚本 : 河原れん
配 給 :S・D・P ©2020 HOKUSAI MOVIE
公式サイト: https://www.hokusai2020.com 
公式 SNS : @hokusai2020  ハッシュタグ「#映画HOKUSAI #HOKUSAI #北斎」
HOKUSAI YouTube チャンネル : https://www.youtube.com/HOKUSAI2020

和樂webとは

コンセプトは「日本文化の入り口マガジン」。日本文化の多様な楽しみかたを発信する小学館のWebメディア。

公式サイト
https://intojapanwaraku.com 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 北斎にまつわる記事100本以上!天才絵師・葛飾北斎の情報を集めたポータルサイト「HOKUSAI PORTAL」オープン