朝日新聞デジタルは創刊10周年を迎えました

記念企画第一弾として、特別なコンテンツを紹介する特集ページをオープン

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)が運営するニュースサイト「朝日新聞デジタル」(https://www.asahi.com/)は、2021年5月18日に創刊10周年を迎えました。この10年という節目を記念して、朝日新聞デジタルはコンテンツやサービスをますます充実させていきます。その第一弾として「10周年特集ページ」 (https://www.asahi.com/special/10th-anniversary)をオープンしました。
 10周年の特別なコンテンツを、どうぞお楽しみ下さい。また、今後も10周年を記念した新サービスやコンテンツを拡充させていきますので、ご期待ください。
■朝日新聞デジタル10周年特集ページご紹介■


◆多様性と未来を伝えるコンテンツ
朝日新聞デジタルでは、「多様性と未来」を創刊10周年のテーマに掲げ、ジェンダー、働き方、子育て、ダイバーシティ、SDGsなどのジャンルを充実させていきます。
A-stories
朝日新聞デジタルでしか読めないよりすぐりの連載やルポルタージュ。世界で、日本で、多様なジャンルを記者が掘り下げ取材してお届けします。


PREMIUM A
見て、読んで、感じる。デジタルの表現力を駆使して、ニュースの深層に迫ります。これまでにない深いニュース体験をお届けします。


A Scene
心が動かされる場面や、社会が動いた分岐点を掘り下げるドキュメンタリー動画シリーズ。新聞社では斬新な手法で、臨場感ある映像表現を提供します。


◆朝日新聞ポッドキャスト
音声でしか伝えられないことがあります。取材の過程で積み重ねてきた分厚いノートの中から、記事や写真で伝えきれなかったエピソードを、ポッドキャストで語り尽くします。


◆記者サロン
各界のゲストを招いて語り合うオンラインイベントです。記者はどんな思いで取材し、記事への反響を通して何を考えたのでしょうか。見えてきた課題や解決策は?一緒に考えてみませんか。


<伊藤大地編集長ご挨拶>


「この春から朝日新聞デジタルの編集長に就任した伊藤大地です。この日まで歩んでこられたのは、読者の皆様のおかげです。情報があふれかえる現代だからこそ、記者が国内外のあらゆる現場に迫り、10年後、いや100年後も、深く確かな情報をお伝えしていきます」


10周年を迎えた朝日新聞デジタルに、これからもご期待下さい。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. 朝日新聞デジタルは創刊10周年を迎えました