プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ブルガリ ジャパン株式会社
会社概要

「ブルガリ ホテル 東京」が2023年4月4日にオープン

ブルガリ ジャパン株式会社

2023年2月2日 (東京) — ブルガリ ホテルズ & リゾーツは、2023年4月4日ブルガリ ホテル 東京(中央区八重洲二丁目2-1)をオープンすることを発表いたします。ブルガリ ホテルズ & リゾーツのコレクション8番目のホテルとして、ブルガリが提案するイタリアのコンテンポラリーなスタイルと魅力的な体験を日本の首都、東京にお届けします。

ブルガリのCEO、ジャン-クリストフ・ババンは次のようにコメントしています。
「ブルガリ ホテル 東京の開業の日をお知らせできることを嬉しく思うと同時に、4月4日に、ホスピタリティに満ちたローマのハイジュエラーが手掛けたこの素晴らしいプロジェクトの幕を開けることを楽しみにしております。このホテルが、ブルガリ ホテルズ & リゾーツ コレクションの“ホスピタリティのジェム(宝石)”とも呼ぶべき他のブルガリ ホテルをすでに評価くださっているゲストの皆様にとって、新たなデスティネーションになること期待しています。30年以上にわたり日本でビジネスを展開してきたブルガリにとって、日本は戦略的にも重要な市場です。イタリアのデザイン、ライフスタイル、文化、ラグジュアリーなホスピタリティの真髄を改めて東京にお届けし、日本の高級ホテル市場におけるニーズを満たす新たなホテルの開業と魅力的な体験をご提供できることを光栄に思います」

「ブルガリ ホテル 東京」総支配人である田中雄司(タナカ ユウジ)は次のようにコメントしています。
「ブルガリ ホテルを私自身の出身地である東京にオープンすることになり、大変嬉しく存じます。ブルガリ ホテルズ & リゾーツ コレクションに8番目のホテルとして加わることは大きな誇りです。2023年4月4日からゲストの皆様をお迎えするのを心待ちにしております」

「ブルガリ ホテル 東京」が属するブルガリ ホテルズ & リゾーツ コレクションは、これまでのミラノ、バリ、ロンドン、北京、ドバイ、上海、パリに加え、今後ローマ(2023年)、モルディブとマイアミ(2025年)、ロサンゼルス(2026年)にも開業する予定です。

当ホテルは八重洲二丁目に建設された超高層ビル「東京ミッドタウン八重洲」の40階から45階のフロアに展開し、興味深い歴史を湛えた緑豊かで閑静な皇居をのぞむとともに、東京の街並みが一望できます。八重洲は、和名で「耶楊子(やようす)」と呼ばれた17世紀のオランダ人探検家ヤン・ヨーステンにちなんで名づけられた地区で、近年は開発が進み、高級ホテルやビジネスにおいて都内でも有数の人気エリアになっています。

赤レンガが象徴的な東京駅だけでなく金融街の日本橋と丸の内からも徒歩圏内に立地し、都内一の観光スポットと活気あふれる銀座のショッピングエリアにも近い絶好のロケーションを誇ります。

日本で業界を牽引する三井不動産株式会社が所有する「東京ミッドタウン八重洲」は、ブルガリ ホテルに加え、ハイグレードのオフィスやリテール店舗も入るミクストユースのタワーとなっています。これまでのブルガリ ホテルズ & リゾーツ同様、「ブルガリ ホテル 東京」のインテリアデザインは、イタリアの建築設計事務所
ACPV ARCHITECTS アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが手掛け、コンテンポラリーなデザイン、卓越したクラフツマンシップ、意匠を凝らしたディテールというブルガリのコアヴァリューを形にし、洗練されたイタリアン・スタイルのエッセンスを取り入れた機能的にも優れた空間を創出します。インテリアはすべて、ブルガリのジュエリーと同様にディテールへのこだわりと精度をもって制作され、このローマのハイジュエラーが生み出してきた特徴的なデザインコードを演出しています。

 

98室ある客室スイートルームは、Maxalto/マクサルトやFlexform/フレックスフォルム、B&B Italia/ビー・アンド・ビー イタリアといったイタリア屈指の高級家具ブランドを使った極上のしつらえで、特筆すべきは東京一の眺望が広がる格別のブルガリ スイートです。

ブルガリ スイートは400㎡の広さを誇り、日本の伝統を取り入れたモダンイタリアンデザインが施され、最先端技術も備えています。東京都内最大級のスイートで、隣接するスイートとつなげることでさらに広い空間にすることも可能です。

真のブルガリ ホテルズ & リゾーツのスタイルでお届けする「ブルガリ ホテル 東京」は、バラエティ豊かなシグネチャーダイニングも取り揃えています。

「ブルガリ リゾート ドバイ」でも展開する「SUSHI HŌSEKI」では、ここにしかない味と特別感溢れる空間により、唯一無二の体験をもたらします。

座席は、松や石灯籠といったアイコニックな文化的要素を取り入れた専用の石庭を眺めるカウンターの8席のみ。「鮨 行天」でミシュラン三ツ星を獲得した鮨職人行天健二の監修により、日本の最高級食材を使った心に残る美食でおもてなしします。高級鮨店の流儀にならい、板前がオーダーメイドのメニューを作り上げる「おまかせ」で料理をお出しします。店内はこだわりぬいたモダンでミニマルなインテリアデザインで、日本の伝統が生み出す桧の一枚板カウンターが存在感を放ちます。

イタリアンダイニングの「イル・リストランテ ニコ・ロミート」は、イタリア・アブルッツォにある自身のレストラン「レアーレ(Reale)」でミシュラン三ツ星に輝き世界でも指折りの有名シェフであるニコ・ロミートが監修し、コンテンポラリーなアレンジを加えたイタリア料理からこだわりのメニューをご提供します。魅惑的な店内は東京の夜景を望み、最大80名のゲストをお迎えします。

レストランのエントランス前には心地良いアームチェアとゆったりくつろげる暖炉を備えた「ザ・ラウンジ」があり誰もが集まりたくなるようなスペースが広がります。

「SUSHI HŌSEKI」の向かいには「ブルガリ ドルチ」ブティックがあり、ブルガリで人気のクリエーション「チョコレート・ジェムズ」と、「ラ・パスティッチェリア ニコ・ロミート」のメニューから選りすぐった伝統的なイタリアンペストリーをご賞味いただけます。

最上階の45階にあるのが、アイコニックな「ブルガリ バー」です。「ガーデン オブ ワンダーズ」を表現したブルガリならではのハンドメイドのモザイクがカウンターを彩る室内で、シグネチャーカクテルを楽しんだり、2か所の半屋外のテラスで幻想的な夕日を眺めたりしてお過ごしいただくことができます。テラスからは バーの両側に広がる東京の街並みのパノラマに加え、ホテル全体を通じて共存する日本とイタリアの伝統を彷彿させるゆずやレモンといった柑橘類の木が並ぶ庭が見渡せます。

天候によっては、日本の象徴でもある富士山の壮麗な景色も見ることができます。富士山はブルガリが1972年に日本との長きにわたる縁を記念して制作したゴールドとマザーオブパールを使った「マウント・フジ ブローチ」のインスピレーション源であり、そのヴィンテージブローチは当ホテルのシンボルにもなっています。

ブルガリ ホテル 東京はまた、旅行での滞在だけでなく企業イベントや家族の集まり、豪華なウェディングなど、イベントにも理想的な場所となっています。40階にある2つのドラマチックな「ブルガリ ボールルーム」は、それぞれ180㎡の面積とフロア3階分に相当する高い天井を誇り、一本松が伸びるガラスニッチで区切られています。大規模イベントでもレイアウトをカスタマイズしてそれぞれ最大100名まで収容でき、最先端技術もご利用いただけます。東京の絶景を望み、ゲストの要望に応じた特別なシーンやビジネスイベントにぴったりのロケーションです。

ボールルームと同じ階には「ウェディングサロン」があり、ブルガリスタイルでの結婚式を希望するお二人の夢を叶えます。ブルガリ専属のウェディングプランナーが必要な準備や管理をすべて取り仕切り、至福の 一日をお約束します。ウェディングサロンのそばには、一面の壁がダイヤモンドのカットをイメージした幾何学模様に飾られた広さ110㎡の華やかな「テラスルーム」があり、他にはない体験を演出するチャペルとしてもご利用いただけます。

1000㎡を誇る40階の「ブルガリ スパ」は、スパスイート1室とダブルトリートメントルーム2室など9室のトリートメントルームに加え、壁一面の窓から高層ビル群を望む圧巻のパノラマビューが楽しめる25m屋内プールを備えています。「Augustinus Bade/アウグスティヌス・バデール」のウェルネストリートメントとプロダクトが使用されるスパでは、サウナとバスに加えて男性と女性それぞれにご用意した最新のトリートメントやセラピー、グルーミングメニューなど、究極のウェルビーイング体験をお楽しみいただけます。

さらに、最先端のフィットネスセンターでは、“ウェルビーイング”の概念そのものを再定義する結果重視のアプローチを取る「WORKSHOP GYMNASIUM(ワークショップ ジムナジウム)」独自のオーダーメイドトレーニングメソッドをご提供します。


ブルガリ ホテルズ & リゾーツについて
周辺地域に調和するユニークなロケーション、建築設計事務所ACPV ARCHITECTS アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが手がける伝統的なデザインとドラマチックでコンテンポラリーなイタリア建築との融和。常にブルガリのクリエーションを際立たせる質へのこだわりと、極上のサービス。これが、ブルガリ ホテルズ & リゾーツを特徴付ける主な要素です。
インテリアデザインはその土地の伝統に深く根付いており、完璧なラグジュアリーへの賛辞としてあらゆるディテールに細心の注意を払うアプローチは、どのブルガリ ホテルでも変わりません。
ブルガリ ホテルズ & リゾーツのコレクションの特徴は、ブルガリらしい特色があり、且つ大胆なイタリアンスタイルであり、独特な建築デザイン、コンテンポラリーなイタリア料理、豪華なスパに表れています。それらがブルガリブランドの持つエキサイトメント、時代を超えた魅力、そして豪奢なイタリアン・ジュエリーの伝統を伝えるのです。
ブルガリ ホテルズ & リゾーツ コレクションは、ミラノ、ロンドン、バリの3か所のラインナップから始まり、近年北京、ドバイ、上海が新しく加わりました。
コレクションの7番目のホテルとして「ブルガリ ホテル パリ」がオープンし、さらに2023年から2026年にかけてローマ、東京、マイアミ、モルディブ、ロサンゼルスの5か所が開業予定です。
 
ブルガリについて
LVMHグループの一員であるブルガリは、1884年に宝飾店としてローマで創業しました。カラーストーンを巧みに操る偉大なハイジュエラーとして、イタリアの卓越したものづくりにより世界的名声を確立し、現在も上質なクラフツマンシップを誇っています。その国際的な成功により、世界で最も高級なショッピングエリアに進出するブティックやホテルのネットワークを有し、ファインジュエリーや高級腕時計からアクセサリー、香水まで、多角的な商品やサービスを提供する、グローバルラグジュアリーブランドへと進化してきました。
数々の慈善事業とも提携しており、企業の社会的責任(CSR)のコミットメントを通じて持続可能な未来を実現するために現在に革新を起こすこと、そして自然環境と地域社会に貢献することに積極的に取り組んでいます。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://www.bulgarihotels.com/ja_JP/tokyo
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ブルガリ ジャパン株式会社

128フォロワー

RSS
URL
https://www.bulgari.com/ja-jp
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
東京都中央区銀座2-7-12
電話番号
-
代表者名
ヴィンセント・ライネス
上場
海外市場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード