【京都ホテルオークラ】宴会場「アポロン」2019年3月1日リニューアル

地上約60mからの眺望をアートのように楽しむプライベート空間

京都ホテルオークラ(本社:京都市中京区 ㈱京都ホテル、東証2部上場、代表取締役社長 福永法弘)は、2019年3月に、ホテル最上階の宴会場 スカイバンケット「アポロン」をリニューアルいたします。

「アポロン」完成予想図(婚礼)「アポロン」完成予想図(婚礼)

「アポロン」は地上約60mに位置し、京都市内有数の眺望を誇る宴会場です。天井から足元まである窓は、総延長約24m。刻一刻と表情を変える西山や市街地の景色をご覧いただけます。また、専用のホワイエ(宴会場前ロビー)を備え、プライベートな時間を楽しむことが可能です。

今回の改装では、「SKY MAISON」のコンセプトのもと、宴会場内とホワイエの内装を一新。京都市内での国際会議の開催件数が増加傾向にある状況を踏まえ、レセプションやカクテルパーティーなどに適した「古都・京都を一望する邸宅のような空間」という魅力を強化することで、2017年に改装を実施した大宴会場「暁雲」など他の7つの宴会場も含め、ホテル全体のMICE受注強化につなげたいと考えております。

コンセプト 「SKY MAISON」

◆空の色に溶け込むような色調の内装に加え、宴会場内の天井の高さに変化を出すことで、より広がりを感じられる空間設計に。

◆ホワイエの絨毯を草花のモチーフをとり入れたものに一新。壁面など、内装全体の意匠も変更し、邸宅の中へと誘う小道のような空間を演出。
◆高品質な舞台音響で定評のあるヤマハサウンドシステムによる音響設備を採用し、臨場感ある音響演出が可能に。

 


【 対 象 】17階 スカイバンケット「アポロン」
《面積》220㎡ 《天井高》2.8m 《最大収容人数》210名(シアター形式)

【改装期間】2019年2月12日(火)~2月28日(木)
【オープン】2019年3月1日(金)
【 総工費 】約1億円

「アポロン」完成予想図(立食スタイル)「アポロン」完成予想図(立食スタイル)

《京都ホテルオークラについて》
京都市の中心部に佇む、1888年創業の伝統あるホテル。2018年で創業130周年となります。京の風情とヨーロピアンテイストが調和した落ち着いた趣の館内には国内外の賓客を迎えてきた歴史が刻まれています。高さ約60メートルの最上階レストランフロアからの眺めは美しく、東山三十六峰や鴨川、古都の街並みが一望できます。

〒604-8558 京都市中京区河原町御池
TEL. 075-211-5111(代表)
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前駅」直結。/JR京都駅より車で約15分。
webサイトURL:https://www.hotel.kyoto/okura/

*リリースの内容は発表現在のものです。諸般の事情により変更される場合がございます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オークラ ホテルズ & リゾーツ >
  3. 【京都ホテルオークラ】宴会場「アポロン」2019年3月1日リニューアル