【ぐるなびリサーチ部】まん防全面解除後の外食予定に関する調査

3月のぐるなびのネット予約数は前月比で約1.7倍に

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は、まん延防止等重点措置が全面解除となり、ネット予約の増加傾向を受けて、外食機会が増える3月下旬以降の外食予定について調査しました。主な結果は以下の通りです。

■調査結果ポイント
・外食の利用回数は今後1ヶ月で月に1回以上利用すると回答した人が88.4%となり、直近1か月よりも5.5%上回る
・外食時の重視点は「少人数で行く」が最も多く、次いで「密が避けられる」が続く。上位項目のほとんどで女性の回答が男性を上回っており、女性の方が外食に対して慎重である傾向
・同伴者は「同居家族」「友人」が多く「ひとり」高いのは30~40代の男性
2年前との変化では「混雑を避けて利用する機会が増えた」が最も高く、男性「ひとり外食」女性「ネット予約が増えた」が続く。

【調査概要】
■調査期間:2022年3月16日(水)~17日(木)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名
 

 

 

 

 

㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

まん防全面解除!感染対策をしつつ、待ち焦がれた外食を楽しむ人が増加。
ネット予約はまん延防止等重点措置の解除前から増加。解除のタイミングに合わせて事前に予約をされた方が多くいらっしゃったかもしれません。調査結果を見てみると、「少人数」や、「密が避けられる」など、感染対策をとった上で、外食を楽しもうという方が多く、感染対策を意識した、コロナ禍での“新しい外食習慣”が定着していることが分かりました。男女で比べてみると、女性の方が感染対策を重視しており、外食にも慎重な傾向が強くみられました。一方で、30代、40代の男性は「ひとり外食」機会が増えており、ひとりでも楽しめる新たな外食スタイルに注目が集まっています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ぐるなび >
  3. 【ぐるなびリサーチ部】まん防全面解除後の外食予定に関する調査