本人確認市場ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、タイプ別(非バイオメトリックおよびバイオメトリック)、組織規模別、展開モード別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「本人確認市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月16日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-62374
本人確認市場は、2020年に76.0億米ドルの価値を保持しました。2022年に101.6億米ドルの市場価値から、2030年までに280.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に15.6%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/identity-verification-market/62374

本人確認ソリューションとサービスは、ユーザーまたは顧客から提供された情報が実際の個人のIDに関連付けられているかどうかを確認するために、さまざまな企業で使用されています。本人確認ソリューションは、国籍と移民ステータス、個人の資格情報、身分証明書の確認、雇用と事業の登録などの詳細な顧客特性により、高レベルの保証を提供します。デジタル化イニシアチブの増加、過去10年間の不正行為と個人情報の盗難の増加、および業種間のデジタルIDの使用例の増加は、本人確認市場の成長を牽引する主な要因です。また、BYOD(Build Your Own Device)の上昇傾向、と企業内のモビリティは、本人確認市場の成長を後押しする他の要因です。さらに、コンプライアンスの必要性と厳格な規制の実施により、世界の本人確認市場の成長が促進されることが期待されています。しかし、本人確認ソリューションとサービスの価格格差は、本人確認市場の成長を抑制する可能性があります。

本人確認市場セグメント

本人確認市場は、コンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、タイプ別(非バイオメトリックおよびバイオメトリック)、組織規模別(SME、大企業)、展開モード別(オンプレミス、クラウド)、業種別(BFSI、政府と防衛、ヘルスケアとライフサイエンス、小売とeコマース、ITとITeS、エネルギーとユーティリティ、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、バイオメトリクスセグメントは予測期間中に最も高い速度で成長すると予想されます。

バイオメトリクスソリューションは、ロックおよびキャプチャメカニズムに従って個人を検証しており、さらに、特定のサービスセットへのアクセスを可能にするのに役立ちます。バイオメトリクスソリューションは、従来の非バイオメトリクスソリューションよりも安全で、牽引力を獲得します。シームレスなオンボーディング、コンプライアンス管理、不正防止に対する顧客側からの固有の需要が高まっているため、バイオメトリクスセグメントは大幅に成長しています。

組織規模に基づいて、大企業セグメントは、予測期間中に大きな市場規模を保持すると予想されます。

インターネットの普及の促進、とeコマース活動の増加により、大企業全体で本人確認テクノロジーの採用が増えることが期待されます。大規模な組織では、マネーロンダリングの増加、不正行為、個人情報の盗難、リスクの高いトランザクションの処理、さまざまな規制への準拠、手動プロセスのコスト削減により、本人確認ソリューションの採用が増加しています。さらに、大企業には予算の制約がないため、オンプレミスベースの本人確認ソリューションを採用できます。これらの要因がこのセグメントの成長を推進しています。

本人確認市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋(APAC)地域の本人確認市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。政府は、特にeKYCを強化するために、身元関連の詐欺に取り組むためのイニシアチブ(国によって開始されたコンプライアンス規制など)を取っています。これにより、APACでの堅牢で強力な本人確認プラクティスの必要性が高まっています。さらに、あらゆる規模の企業でBYODの傾向の高まり、とオンライン取引やオンラインショッピングでのスマートフォンの使用の増加も、本人確認市場の成長に貢献しています。これにより、顧客ベースとインターネットユーザーが拡大し、最終的には本人確認ソリューションを展開する緊急の必要性が生じています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
本人確認市場の主要なキープレーヤー

本人確認市場の主要なキープレーヤーには、Experian(アイルランド)、GBG(英国)、Equifax(米国)、Mitek Systems(米国)、Thales Group(フランス)、LexisNexis Risk Solutions(米国)、Onfido(英国)、Trulioo(カナダ)、Acuant(米国)、IDEMIA (フランス)、Jumio(米国)、TransUnion(米国)、AU10TIX(イスラエル)、IDology(米国)、Innovatrics(スロバキア)、Applied Recognition(カナダ)、Signicat(ノルウェー)、SecureKey(カナダ)、IDfy(インド)、 Authenteq(アイスランド)、Veri5Digital(インド)などがあります。この調査には、本人確認市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-62374

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 本人確認市場ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、タイプ別(非バイオメトリックおよびバイオメトリック)、組織規模別、展開モード別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年