ライブ・ビューイング・ジャパン主催の新映像デリバリープロジェクト「ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐」ライビュフェス開幕!

ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐情報サイト>>https://liveviewing.jp/contents/lvfes2020/

映像コンテンツを映画館等に配信するライブ・ビューイング事業を行う、株式会社ライブ・ビューイング・ジャパン(東京都渋谷区|代表取締役社長:豊田勝彦、以下「当社」)は、今夏より新しい映像デリバリープロジェクトを始動いたします。



当社は、2020年6月2日の創業日をもって、設立10年目を迎えます。この10年目のスタートに、エンターテインメントの新たな時代の幕開けのベルを鳴らすべく、「ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐」と銘打って、2つのプロジェクトを始動します。
==============
【1】‟パフォーマンスデリバリー“サービスの開始
非密集型/無観客/オンラインライブ・イベントなど様々な形で実施されるであろう今後の公演に対し、お客様の視聴環境を複数ご用意するという新たなカタチで、既存の映画館やライブハウスへの中継に加え、インターネット配信を活用し、お客様個人のPCやスマホなどのデバイスへ新たな配信中継を実施します。
「今までと同じ」「これからの新しさ」両方に対応していく当社ならではの配信サービスにて、ひとりでも多くのお客様に楽しんでいただきます。

【2】 ‟FILM FES“の開催
過去にライブ・ビューイングを実施した映像や既にパッケージ発売済みの作品などを中心とした上映会を、映画館とインターネット配信のハイブリッド上映を開催します。
一度鑑賞した作品の感動を再び味わうことができる貴重な機会となります。
==============
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により生活スタイルが大きく変化しています。コロナウイルスの不安が完全に払拭できない中でも、エンターテインメントを楽しみにされているお客様は従来通りの興行の復活を求める一方で、興行側には新たなカタチでの公演の提供が求められています。
「ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐」にて、視聴環境は違えど、皆様が一緒になり、エンターテインメントに触れる空間と時間の創出を目指してまいります。ライブ・ビューイングの新たな時代への変容の第一歩を是非お楽しみください。

  • 【企画意図】
Act Callとは、“開演(開幕)のベル”、“新しい時代の幕が開く/幕を開ける”という意味です。

今回の企画は、エンターテインメントを渇望されているお客様へ「喜びと笑顔を共有する場」を提供し、エンターテインメント業界に「活力」を取り戻すべく、またアフターコロナのエンターテインメントの形を創出する「Act Call」となることを目的とし、始動いたします。

 

◆for エンターテインメントを愛するお客様
エンターテイメントを愛する全てのお客様の「楽しめる空間」の提供を目指します。
配信コンテンツによって、今までの『映画館』のみならず『PC/スマホ』『テレビモニター』と様々なアウトプットを用意し、繋がり、触れ合う時間を創造していきます。

◆for アーティスト・コンテンツホルダーの皆様
延期や中止となった公演、今後予定していた公演のみならず通常の活動ができていないアーティスト、コンテンツホルダーの皆様のサービス提供の場を創造していきます。

◆for 映画興行会社様
数多くの新作映画が公開延期となる中、映画産業の再開に向けて感染防止対策を支援しながら、上映作品を提供いたします。
  • 【ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐概要】
《プロジェクト①》 ‟パフォーマンスデリバリー“サービスの開始
<実施内容>

鑑賞方法の選択肢を複数用意し、安心してお楽しみいただける配信サービスとして、非密集型/無観客/オンラインライブ・イベントなどの模様を生中継。
<日程>
今夏より生配信上映スタート(予定)
<視聴(会場)>
 全国の映画館、インターネット配信(個別課金型時間限定視聴)
<料金>
【映画館】【インターネット配信】ともに公演ごとに異なります。
 
《プロジェクト②》 ‟FILM FES”の開催
<実施内容>
過去にライブ・ビューイングを開催したアーカイブ映像を中心に、音楽ライブ、2.5次元ミュージカル、舞台、声優イベント、お笑いなど、ジャンルを問わないエンターテインメント作品を期間限定上映
<日程>
今夏より配信上映スタート(予定) ※ラインナップ、上映日時は近日発表!
<視聴(会場)>
全国の映画館、インターネット配信(個別課金型時間限定視聴)
※映画館、インターネット配信共に同時刻での上映となります。
インターネット配信はPPV方式を予定しております。
<料金> 
映画館:一律 2,500円(税込)
※チケットは当日、映画館オンライン、映画館窓口での販売のみとなります。
プレイガイドでの販売はございません。
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
インターネット配信:配信作品によって異なりますのでHPをご確認ください。
https://liveviewing.jp/contents/lvfes2020/

 

  • 【ハイブリッド配信の始動について】
既存の映画館中継サービスのみならず、インターネット配信を活用し、個人のPC/スマホで視聴できる環境を創出します。コロナの不安が拭えない今だからこそ、お客様が視聴方法を選択できる新しい形のハイブリット配信を始動します。
※動画配信の仕組みは、個別課金型の時間指定視聴システムを用います。
※作品によっては、ハイブリット配信を行わないこともございます。
※配信作品等の詳細については近日発表予定。


<実施方針>
※‟FILM FES”は、ご鑑賞日をお客様に選択していただけるよう各作品、複数回の上映を予定しております。
※地方自治体の方針を踏まえ、3密を避けるための鑑賞ルール、座席配分は各映画館の決定事項に準じて実施いたします。

<映画館へのご来場にあたって>
●以下に該当される方は、映画館へのご来場をお控えください。
・37.5℃以上の発熱や頭痛、咳・全身痛などの症状がある場合
・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触、同居家族や身近な知人の感染が疑われる場合
・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域に訪問歴がある場合
※映画館にご来場予定の方は、HP記載の【鑑賞マナーのお願い】をご確認・ご了承の上、チケットご購入、ご参加をお願いいたします。
HP:https://liveviewing.jp/contents/lvfes2020/#others
#ライビュフェス2020
主催・ 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライブ・ビューイング・ジャパン >
  3. ライブ・ビューイング・ジャパン主催の新映像デリバリープロジェクト「ライブ・ビューイング フェス2020 ‐Act Call‐」ライビュフェス開幕!