モジュラー無停電電源装置(UPS)市場ーコンポーネント別(ソリューションとサービス)、エンタープライズサイズ別(大企業、中小企業)、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「モジュラー無停電電源装置(UPS)市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月16日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-78276
モジュラーUPS市場は、2020年に37.0億米ドルの価値を保持しました。2022年に約44.8億米ドルの市場価値から、2030年までに87.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に10.0%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/modular-uninterruptible-power-supply-ups-market/78276

さまざまなセクターからのゼロ電力ダウンタイムに対する需要の高まり、スケーラブルで冗長な電力システムに対する需要の高まり、とハイパースケールデータセンター、クラウドの使用、および大規模なコロケーション施設に対する需要は、モジュラーUPS市場の成長を促進する主な要因です。すべてのセクターからの企業がデジタル化されています。これにより、ビジネスプロセスの情報を収集してアクセスするために電子デバイスに依存するようになりました。これにより、信頼性の高い継続的な電源への依存度が高まります。電源がなければ、企業はビジネスプロセスを実行できません。停電や一次電源の喪失が発生した場合、確実で信頼性の高い電源が必要です。一次電源がダウンした場合、UPSは継続性と信頼性を保証するため、進行中の作業を節約し、ハードウェアを保護できます。したがって、セクター全体のほとんどの業界は、高度なUPSおよびモジュラーUPSシステムを採用し始めています。これにより、モジュラーUPS市場の成長が牽引すると予想されます。

モジュラー無停電電源装置(UPS)市場セグメント

モジュラーUPS市場は、コンポーネント別(ソリューション(50kVA以下、51―100 kVA、101―250 kVA、251―500 kVA、501 kVA以上)およびサービス(トレーニング 教育とコンサルティング、統合と実装、サポートとメンテナンス))、エンタープライズサイズ別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、クラウドサービスとコロケーションプロバイダー、テレコム、製造、ヘルスケア、エネルギーと公益事業、政府と公共部門、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

101ー250 kVAセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

101ー250 kVAの電力容量を備えたモジュラーUPSソリューションは、ユーザーが最適な効率と使いやすさを実現するのに役立ち、最小の総所有コスト(TCO)、と高い投資収益率(RoI)を保証します。これらのソリューションは、エンドユーザーが高可用性と電力のダウンタイムを最小限に抑えるのにも役立ちます。これらは主に、電力要件の高い業種で使用されます。これらの業種には、製造、エネルギーと公益事業、および電気通信が含まれます。これらのソリューションは、電力容量のスケーラビリティ、展開後の高品質なサービス、UPSシステムのメンテナンスコストの削減など、さまざまなメリットをこれらの業種に提供します。これらの要因は、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

業種に基づいて、クラウドサービスとコロケーションプロバイダーセグメントは、2020年に最大の市場規模を占めました。

クラウドサービスとコロケーションプロバイダーは、ビジネス運営を成功させるために不可欠な膨大な量のデータを処理します。これらのプロバイダーは、クライアントに魅力的なサービスを提供します。ICT市場で継続して競争するには、クラウドサービスとコロケーションプロバイダーをモジュラーUPSシステムでサポートする必要があります。これらのシステムは、予期しない負荷の急増や停電が発生した場合に、クラウドサービスとコロケーションプロバイダーを支援します。さらに、これはクラウドサービスとコロケーションプロバイダーに、顧客向けのシステムの高レベルの可用性を備えたビジネスオペレーションにおける柔軟性、スケーラビリティ、および電力効率を提供します。これらの要因は、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

モジュラー無停電電源装置(UPS)市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域のモジュラーUPS市場は、予測期間中に最大の市場シェアを占めると予想されます。北米のモジュラーUPS市場は、設置数の点で早い段階で成熟段階に達しています。これは、クラウドストレージソリューションとサービスを提供する多くのプレーヤーの存在によるものです。組織でデータセンター、クラウド、モバイルテクノロジーの採用の増加、とデジタルビジネス戦略の採用の増加などの要因により、北米でのモジュラーUPSの採用が促進されると予想されます。さらに、企業はモジュラーUPSソリューションとサービスに予算を割り当てており、北米のモジュラーUPS市場の成長を後押ししています。米国とカナダは、モジュラーUPS市場の成長に貢献する北米のトップの国です。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
モジュラー無停電電源装置(UPS)市場の主要なキープレーヤー

モジュラーUPS市場の主要なキープレーヤーには、Schneider Electric(フランス)、Huawei(中国)、ABB(スイス)、Eaton(アイルランド)、Emerson(米国)、Legrand(フランス)、Vertiv(米国)、Rittal(ドイツ)、Delta Electronics(台湾)、Toshiba(日本) )、HPE(米国)、AEG Power Solutions(オランダ)、Panduit(米国)、Gamatronic(イスラエル)、Tripp-Lite(米国)、XtremePower(米国)などがあります。この調査には、モジュラーUPS市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-78276

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. モジュラー無停電電源装置(UPS)市場ーコンポーネント別(ソリューションとサービス)、エンタープライズサイズ別(大企業、中小企業)、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年