楽天農業、愛媛県大洲市に冷凍野菜工場を新設し、オーガニック野菜の栽培から冷凍加工までを一貫して自社で実施

- 国産の100%オーガニック冷凍野菜を生産し、3月より販売開始 -

​楽天農業株式会社(本社:愛媛県大洲市、代表取締役:遠藤 忍、以下「楽天農業」)は、愛媛県大洲市にオーガニック野菜の冷凍加工に特化した冷凍野菜工場を新設し、2020年2月中旬より稼働を開始します。
 本工場では、楽天農業が管理する有機JAS認証(注1)を取得済みの農地で栽培されたオーガニック野菜のカットや冷凍加工、梱包、出荷などを行います。冷凍加工・品質管理を含む生産工程における有機JAS認証も取得予定であり、オーガニック野菜の栽培から冷凍加工までの全ての工程で有機JAS認証に適合した一元管理を導入します。本工場で生産された冷凍野菜は、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が提供する農業サービス「Rakuten Ragri」を通じて、3月より個人・法人向けに販売を開始する予定です。

 楽天農業は、これまでもオーガニック野菜加工事業に取り組んでおり、愛媛県大洲市において、カットサラダ工場(注2)を運営してきました。近年では、冷凍食品市場の需要も高まっており(注3)、楽天農業で生産した国産の100%オーガニック冷凍野菜を投入することで、日本国内におけるオーガニック市場の拡大を目指しています。また、事業全体のミッションとして、農家収入の安定化を掲げており、収穫された野菜を冷凍することにより、通年での販売を可能にし、農業従事者だけでなく、工場従業員の経済的安定性を高めます。

 なお、本工場は2018年7月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた地元大洲市の復興に貢献するため、被災により廃業となった株式会社シロモト食品の工場を修復・再活用し、同社の従業員を含む地域雇用を積極的に進めています。

 楽天農業は今後も、100%オーガニックの様々な野菜を生産・加工し、お客様の食卓に届けるとともに、日本国内におけるオーガニック野菜市場の発展に貢献してまいります。

(注1) オーガニック(有機)野菜: 日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づく有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者によって生産された野菜。

(注2) 以下のリンク先をご参照ください。
URL: https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0601_01.html

(注3) 一般社団法人 日本冷凍食品協会が2019年に実施した「”冷凍食品の利用状況” 実態調査」
URL: https://www.reishokukyo.or.jp/news-public/8453/

■大洲冷凍工場 概要
会社名: 楽天農業株式会社
工場名: 大洲冷凍工場
工場長名: 城本 嘉一
住所: 〒795-0046 愛媛県大洲市 春賀甲584−4
敷地面積: 4,000㎡ (うち工場面積1,000㎡)
竣工年月: 2020年2月
主な生産品: オーガニック冷凍野菜

■生産商品概要
販売元: 楽天株式会社
販売開始日: 3月予定
販売方法: 個人・法人向けに販売
商品ラインアップ:
・100%オーガニック有機ブロッコリー(カット/ライス)
・100%オーガニック有機カリフラワー(カット/ライス)
※生産拠点となる大洲冷凍工場は、有機JAS認証を現在申請中。
※その他、ほうれん草や小松菜なども順次発売予定。

【Rakuten Ragri(ラグリ)】
「Rakuten Ragri」は、楽天株式会社が提供する、日本の農業の課題を解決し、農業を通じて日本を元気にしていく農業サービスです。農業の就労支援や耕作放棄地の有効活用を通じた地方経済の活性化と、日本におけるオーガニック農業及びオーガニック野菜の普及拡大を目指しています。主なサービスとして、インターネットを活用して農家と消費者を直接結び付ける「契約栽培」サービスと、有機JAS認証を得たカットサラダと野菜の定期宅配「100%オーガニック定期便」(https://agriculture.rakuten.co.jp/)サービスを運営しています。

以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天農業、愛媛県大洲市に冷凍野菜工場を新設し、オーガニック野菜の栽培から冷凍加工までを一貫して自社で実施