アルク、ソフトウェア開発会社ビナヤマトの株式51%を取得。プラットフォーム化による学習者の成果向上を目指し、ICT活用を促進

個人、大学、企業のニーズに応えるクラウド型LMS「EduCross」をベースにした語学学習支援サービスの展開

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)は、2019年3月15日に、株式会社ビナヤマト(東京都千代田区 代表取締役:橋口 有信、以下ビナヤマト)の株式51%を取得しました。今後、ビナヤマトが開発したLMS「EduCross」をベースに、語学学習者の自律学習の継続支援と成果につながる学習サービスを実現する環境の提供に取り組みます。
■株式取得の背景
50年間にわたって、語学教育事業を展開してきたアルクは、これまでさまざまなWEBサイトやITサービスを提供してきました。1995年に語学や国際コミュニケーションに関する情報を提供するポータルサイトを開設、1998年より、オンライン英和・和英検索サービス「英辞郎 on the WEB」とeラーニングコース「ALC NetAcademy」の提供を開始しました。2008年にはオープン直後のApp Storeにて、ベストセラー書籍シリーズ『キクタン』のアプリを公開、2017年には、Amazon Alexaスキルとして英語学習タイトルを発表するなど、開発と提供を重ねてきました。
2018年9月に、アルクはインターネット事業を幅広く展開するフリービット株式会社の傘下に入り、これまで以上にICTを活用した語学学習プログラムの開発に取り組むことができる体制となりました。
その第一弾として、学習者の成果を上げるためにより効果的なLMS(Learning Management System:学習管理システム)の整備に取り組むこととし、これを機に、EdTech事業への本格的な展開を強化することにいたしました。そこで、これまでオンラインレッスン事業の開発パートナーであり、LMS「EduCross」を持つビナヤマトの株式を取得し、自社内に開発部門を持つことで事業の加速化を図ることとしました。
ベトナムにオフショア開発の機能を持つビナヤマトがグループに入ることで、さらなるICT化の促進が期待できます。

※「英辞郎」は道端早知子氏の登録商標です。

■株式会社ビナヤマトについて
社名:株式会社 ビナヤマト[ベトナム(vina)と日本(yamato)の架け橋という意味に由来]
東京本社:東京都千代田区神田鍛冶町
海外拠点:ベトナム・ハノイ
設立:2009年
代表取締役:橋口 有信
資本金:1千万円
事業内容:ソフトウェア開発受託事業、インフラ構築/設計、オンライン語学スクール運営管理システム、クラウド型eラーニングシステム「EduCross」、ソフトウェア運用保守
https://www.vinayamato.com/

■EduCrossについて
初期費用ゼロで利用開始できるクラウド型eラーニングシステム(LMS)です。動画や音声、ファイル、テストなどの様々な学習コンテンツを簡単に作成・配信し、生徒の習熟度・進捗度をリアルタイムに確認できます。
http://educross.jp/

■株式会社アルクについて
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、半世紀にわたって実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

■フリービット株式会社について
フリービットは、インターネットをひろげ社会に貢献することを企業理念に掲げています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと、市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせて独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値を創造するソリューションを提供しています。 https://freebit.com
以上
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. アルク、ソフトウェア開発会社ビナヤマトの株式51%を取得。プラットフォーム化による学習者の成果向上を目指し、ICT活用を促進