ごみを拾え!海をキレイにしよう!『スポGOMI甲子園2022・佐賀県大会』を開催しました!

2022年9月23日(金・祝) 【場所】東の浜 海浜公園

一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーションは、15~18歳の高校生が2~3人1組のチームを結成し、制限時間60分の中で規定エリア内のごみを拾い、その質と量をポイントで競う『スポGOMI甲子園2022・佐賀県大会』を9月23日(金・祝)に開催いたしました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

 
  • イベント概要
・開催概要:ごみ拾いとスポーツをかけ合わせたエコスポーツ、拾ったごみの質と量をポイントで競う大会 
・日程:2022年9月23日(金・祝)10:00~12:00
・開催場所:唐津市 東の浜海浜公園
・参加人数:1チーム2~3名×20チーム=59名
 
  • 総勢20チームが参加
『スポGOMI甲子園』は、参加者が仲間と楽しみながらごみ拾いをすることで、町や海のごみ問題を自分ごと化してもらうことを目的に開催されました。開催地周辺の学校のみではなく、近隣市町の学校からも参加をいただき、総勢20チームが参加しました。ポイントの高いごみを狙うチームやとにかく量を稼ぐチームなど、それぞれのチームで作戦を考え競技に臨みました。競技中、燃えるごみかどうかや、ごみとして拾って良いかなど積極的に質問しながら熱心に取り組んでいました。結果、全チームで競技時間内に拾ったごみの量は約130kg。優勝チームは重量11.52kgのごみを拾い、ポイント2448.5ptを獲得し、2位のチームに約300ptの差をつけ20チームの頂点に輝きました。

 
  • 工夫を凝らしたオリジナルアイテム
 スポGOMI甲子園では、参加チームが自作したオリジナルアイテムを1つ使用できます。今大会でオリジナルアイテムを使用するチームは、総勢20チームのうち2チームでした。1チームはそりのような形状で、集めたごみを運搬しやすいように地面との接地面を減らしたり、水に強い素材を使ったり考え抜かれてました。もう1チームは、背負いかごのような形状で、ごみ袋を広げてかけられるのでごみの集めやすさと運びやすさに意識して制作したようです。2チームそれぞれ工夫を凝らしてオリジナルアイテムを自作、活用してくれました。

 
  • 参加した学生・学校教員からの声
●引率の学校教員
・生徒たちにとって、ごみの問題を考える良いきっかけとなる。
・最近ボランティアの場が減っているので、このような機会は非常に刺激となる。
●参加チームの学生
・意外とたくさんのごみがあることに驚いた。
・優勝できるように頑張ったが、優勝できずに悔しい。来年リベンジしたい。

<団体概要>
団体名称:一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーション
URL:https://www.spogomi.or.jp/
活動内容:スポGOMI甲子園に関するイベントの開催、及び運営に必要な業務。

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. ごみを拾え!海をキレイにしよう!『スポGOMI甲子園2022・佐賀県大会』を開催しました!