子どもが自分のことを話したくなるアクティビティが満載。「アルク Kiddy CAT英語教室」、 幼児クラス向け新教材を提供開始

「よく聞く」→「声に出す」→「自分のことを話す」の3ステップと、たくさんのアクティビティを通して、“自分のことばで伝える力”を育む

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)は、「アルク Kiddy CAT英語教室」の幼児クラス向け新教材でのレッスンを開始することをご案内申し上げます。

開校から25周年を迎え、全国で約1,000教室を展開する「アルク Kiddy CAT英語教室」(対象年齢:2歳~中学生)では、子ども達が将来に向けて必要な力を培う環境を整えるべく、2015年に新教材を導入した小学生コース教材に続き、2019年5月より4~5歳コース教材を一新します。

2020年度より全面実施となる新学習指導要領では、基本的な英語力を身に付けることに加え、それらを活用して課題を解決するために求められる「思考力」「判断力」「表現力」などを育てることも重要とされています。
新教材では2年間のカリキュラムを通じて、自分のこと、自分の意思、身の回りのことをセンテンスで言えるようになることを目標に、「よく聞く」→「声に出す」→「自分のことを話す」の3ステップで、“自分のことばで伝える力”を育みます。

自分のことを話したくなるような充実したアクティビティ
次のステップの「小学生コース」で4技能をバランスよく身に付けるための土台づくりとして、「テキストブック」では「表現する」「話す」ためのたくさんのインプットを行います。
「アクティビティブック」では、朝起きてから寝るまでの1日の流れや、子どもたちに身近な場所、場面の中で自然と英語で話したくなるような、たくさんの“英語で伝える”アクティビティに挑戦します。


「音が出るペン」を付属。家庭でも、歌やクイズを楽しめる
子どもが一人でも使える「音が出るペン」が教材とセットとなっているので、家庭でも歌やクイズを楽しみながら、繰り返し英語に触れることができ、発話力アップにつながります。また、お子さまの発音をペンに録音、再生することができるので、発音力の向上にも役立ちます。

<コース概要>
【レッスン】週1回 50分
【URL】https://www.alc.co.jp/kcschool/course/a_course/index.html
【対象年齢】4~5歳児 ※4月から翌年3月までに、5歳、6歳になるお子さまが対象
【入会金・月謝】各教室によって異なる
【教材タイトル】アルク Kiddy CAT英語教室 STEP Crayon(1年目教材)/STEP Dolphin(2年目教材)
【教材費】17,000円(税別、1年間)、音が出るペン 5,800円(税別)
2019年度にご入会される方には「音が出るペン」をプレゼント
【教材構成】テキストブック(1冊)、アクティビティブック(1冊)、DVD(1枚)、CD(2枚)/1年間、音が出るペン(1本)
※価格は税別表示となります。
※教材構成、内容については、より良い英語学習を提供するために変更される場合がございます。

「アルク Kiddy CAT英語教室」についてhttps://www.alc.co.jp/kcschool/

アルク Kiddy CAT英語教室は、株式会社アルクが運営する2歳児から中学生を対象とした英語教室として、全国に約1,000校の教室を展開しています。開設から25年、「“自分のことばで伝える力”を伸ばします」をスローガンに、英語の基礎的な知識だけでなく、「考える力」を養いながら、英語を活用して自分が伝えたいことを表現していく実践的な英語力を身につけるカリキュラムを提供しています。
年齢や発達段階に応じた学習環境とコース設定で、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの力を総合的に伸ばし、英語をコミュニケーションツールとして使える「真の英語力」を育んでいきます。

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711
https://www.alc.co.jp/company/

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育の総合企業です。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 子どもが自分のことを話したくなるアクティビティが満載。「アルク Kiddy CAT英語教室」、 幼児クラス向け新教材を提供開始