【ぐるなびリサーチ部】外食の値上げに関する調査

値上がりしたと感じる人は7割弱、値上げに一定の理解を示す結果に

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として定期的に情報を発信しています。今回は、外食の値上げについて調査しました。詳細は以下の通りです。
【調査結果ポイント】
外食が値上がりしたと感じる人は7割弱。
・値上がりしたと感じる業態は「ファミレス、ファストフード」が半数弱で最も多く、「カフェ」「ラーメン」「和食」「寿司」は3割以上。
・外食の値上げは「仕方がない」が55%、「値上げは当然」が18%と、7割以上の人が理解を示す。
・値上げによる利用頻度は「増える」「変わらない」と「減る」と回答した人はほぼ等しい結果に、男性より女性の方が「増える」「変わらない」を合わせた回答の割合が約1割強高め。
・「増える」「変わらない」と回答した理由は「外食が好きだから」が1位。
・「減る」と回答した理由は「外食機会を減らすことで節約する」が1位。
・飲食店に期待することは「ポイントやクーポンなどサービス拡充をしてほしい」が最多。

【調査概要】
■調査期間:2022年6月3日(金)~5日(日)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

7割以上の人が「値上げ」に一定の理解。今後は「お得感」がキーワードに

㈱ぐるなび  リサーチグループ長  本間 久美子㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

世界的な物価上昇の影響を受け、外食でも値上げが相次いでいますが、調査では7割弱の人が、ここ1ヶ月の外食の値上がりを実感していることが分かりました。一方で、外食の値上がりについては、7割以上の人が一定の理解を示す結果が見られました。
それぞれの理由を聞いたところ、「外食が好き」と回答した人がもっとも多く、外食ならではの「価値」や「体験」を価格よりも優先している人が多いのかもしれません。
今後、飲食店に期待することは「ポイント」や「クーポン」といったサービス面の拡充を求めている人が最も多く、外食の値上げを受け入れながら、一方で「お得感」を求めている人が多いことが分かりました。
また、値上げ方法についてみると、「値上げしても質や量を変えないでほしい」37%に対して「値上げをせず、質や量で調整してほしい」10%と、いわゆる“ステルス値上げ”よりも、質や量の維持を求める様子も見られました。
 

 

 

 

 

 

 


 







 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ぐるなび >
  3. 【ぐるなびリサーチ部】外食の値上げに関する調査