アート、バレエ、クラシックコンサートなどの珠玉の映像作品を、今秋より順次、全国の映画館、及び動画配信サービスにて上映・配信決定

ライブ・ビューイング・ジャパン プレゼンツ アート&クラシック:https://liveviewing.jp/statics/art-classic/

ルーブル美術館の展覧会や、ダ・ヴィンチ、ピカソら名匠のアートドキュメンタリー、
世界最高峰のバレエ団、ミラノ・スカラ座が贈るクラシックコンサートも!

 

株式会社ライブ・ビューイング・ジャパン(東京都渋谷区|代表取締役社長:佐藤禎展)では、アート、バレエ、クラシックコンサートなどの珠玉の映像作品を、今秋より順次、全国の映画館、及び動画配信サービスにて上映・配信することが決定いたしました。

★映画館で芸術鑑賞!
ルーブル美術館の展覧会、美術史の巨匠に迫るアートドキュメンタリー&
世界最高峰の名門バレエ団、ボリショイ・バレエをスクリーンで!


映画館での上映作品は、ルーブル美術館公式ドキュメンタリー『ルーブル美術館の夜 ―ダ・ヴィンチ没後500年展』。2019-20年、史上最多動員となる107 万人が殺到した『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』の模様を、圧倒的な映像美、天才ダ・ヴィンチの作品の数々と、ルーブル美術館学芸員のガイド付きナビゲートでお届けする珠玉の作品です。

 
“映画館の大画面で美術を楽しむ”をコンセプトとした『アート・オン・スクリーン』シリーズも新ラインナップで登場。今シーズンは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、パブロ・ピカソ、フリーダ・カーロという、美術史に名を刻む名匠の人生に迫り、数々の作品に込めた芸術家の魂をスクリーンでご鑑賞いただけます。

 



そして、「白鳥の湖」を始め入門者にも楽しめる人気演目や、注目を集めた新版「ジゼル」など大好評を博した今シーズンの『ボリショイ・バレエ in シネマSeason19-20』 のアンコール上映をBunkamura ル・シネマにて開催します。
さらに、『ボリショイ・バレエ in シネマ Season20-21』も開催が決定!詳細は後日発表予定です。


 
★動画配信サービスで鑑賞!史上初!ミラノのシンボル、大聖堂より追悼コンサートをディレイ配信!

ストリーミング配信サービス「Streaming+」にて、ミラノ・スカラ座が新型コロナウイルスの犠牲者へ捧げる『ヴェルディ:レクイエム』を、ミラノのシンボルであるドゥオモ(大聖堂)よりお届けいたします。
なお、本配信サービスでは、文化芸術を応援する気持ちをこめて、寄付付チケットを販売するほか、弊社収益の一部もミラノ・スカラ座に寄付します。


 さらに今後も、世界最高のアート・クラシックコンサートなど芸術文化を気軽にご自宅でご鑑賞いただけるよう、動画配信サービスのラインナップを拡充してまいります。新しい芸術・文化体験を、映画館や動画配信サービスでぜひお楽しみください。
  • 【作品ラインナップ】
■映画館上映作品①
<タイトル>
「ルーブル美術館の夜 ―ダ・ヴィンチ没後500年展」

<日時>
2021年1月1日(金)公開予定

<チケット>
大人2,000円 学生1,500円 ※3歳以上有料

<概要>
予約困難のプラチナチケットとなった空前絶後の大規模回顧展。ルーブル美術館の全面協力のもとで撮影された、天才ダ・ヴィンチの作品の数々と、担当学芸員自らが教えてくれる洞察。映画館の大スクリーンのために撮影された高精細、この機会だから実現した接写。圧倒的に美しい映像で鑑賞できる、ダ・ヴィンチ芸術との“本当の“出会いを――誰もいない、静寂につつまれた夜、美の殿堂・ルーブル美術館。あなただけの、ガイド付プライベートツアーにようこそ!

<URL>
https://liveviewing.jp/louvre/

 ■映画館上映作品②
<タイトル>
アート・オン・スクリーン
・「天才画家ダ・ヴィンチのすべて」
・「ピカソがピカソになるまで」
・「フリーダ・カーロに魅せられて」

<日時>
2021年1月29日(金)公開予定

<チケット>
大人2,000円 学生1,500円 ※3歳以上有料

<概要>
一筆のタッチの向こう側に、画家たちは何を見ていたのか?
アート・オン・スクリーンは、“映画館の大画面で美術を楽しむ”をコンセプトに、全く新しい体験を提案するアート・ドキュメンタリーシリーズ。現地の風景・建物・文化にふれながら、時代背景と共に世界有数の専門家による解説でアーティストの人生に迫り、作品に秘めた想いを紐解きます。世界中の有名美術館やギャラリーが所有する至高の名品の数々が、今までとらえられてこなかったアングルで大スクリーンに展開されていきます。
偉大なる芸術家のほとばしる情熱と息づくタッチを体感しながら、映画館で究極の名画の旅をお楽しみください。

<URL>
https://artonscreen.jp/

© Succession Picasso/DACS, London2018 © Nickolas Muray Photo Archives

 
■映画館上映作品③
<タイトル>
ボリショイ・バレエ in シネマ Season19-20

 [アンコール上映作品]
・くるみ割り人形(出演:シュライナー、チュージン)
・海賊(出演:クリサノワ、ツヴィルコ)
・ロミオとジュリエット(出演:クリサノワ、ラントラートフ)
・ライモンダ(出演:スミルノワ、ベリャコフ)
・白鳥の湖(出演:スミルノワ、ティッシ)
・ジゼル<新演出>(出演:スミルノワ、ベリャコフ)

<日時>
2020年10月9日(金)~29日(木)

<会場>
Bunkamura ル・シネマ

<チケット>
大人3,700円 学生2,500円 

<概要>
大好評を博した今シーズンのボリショイ・バレエ in シネマの、アンコール上映を実施。
《白鳥の湖》を始め入門者にも楽しめる人気演目、ますます人気が高まるオルガ・スミルノワを始め圧巻のダンサーたち。注目を集めた新版《ジゼル》を見逃してしまっていた方も、この機会にぜひ!
最高峰ボリショイ・バレエ団がお届けする夢の世界を、映画館でご堪能ください。
新シーズン、ボリショイ・バレエ in シネマ Season20-21も全国各地の映画館にて上映を予定しております。

<URL>
https://bolshoi-cinema.jp/

©Pathe Live/Japan agent dbi, Inc..


■Streaming+配信作品①
<タイトル>
ミラノ・スカラ座  大聖堂から捧げるレクイエム

<日時>
2020年9月12日(土)20:00

<配信先>
Streaming+

<チケット>
3,300円/4,300円(+1,000円寄付)/5,300円(+2,000円寄付)

<概要>
ミラノ・スカラ座が新型コロナウイルスの犠牲者へささげる、ヴェルディのレクイエム。会場はミラノのドゥオモです。ミラノのシンボル、大聖堂の内部からのコンサートが配信されるのは、史上初めてのこと。9月4日のコンサートの模様をお届けします。なお、本配信サービスでは、文化芸術を応援する気持ちをこめて、寄付付チケットを販売するほか、弊社収益の一部もミラノ・スカラ座に寄付します。

<演奏>
リッカルド・シャイー指揮/ミラノ・スカラ座管弦楽団
タマラ・ウィルソン(ソプラノ)、エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ)、
フランチェスコ・メーリ(テノール)、イルダール・アブドラザコフ(バス)

<プログラム>
ヴェルディ:レクイエム

<URL>
https://liveviewing.jp/milanscala/

 
※情勢により公開時期や出演者等が変更になる可能性がございます。
※各作品の上映スケジュール、チケット販売等の詳細は後日発表いたします。

 
■ライブ・ビューイング・ジャパン プレゼンツ アート&クラシック
https://liveviewing.jp/statics/art-classic/
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライブ・ビューイング・ジャパン >
  3. アート、バレエ、クラシックコンサートなどの珠玉の映像作品を、今秋より順次、全国の映画館、及び動画配信サービスにて上映・配信決定