ドッカーモニタリング市場ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)、展開タイプ別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、「ドッカーモニタリング市場ー世界的な予測2030年」新レポートを 2021年09月20日に発刊しました。この調査には、ドッカーモニタリング市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-62018
ドッカーモニタリング市場は、2022年に541百万米ドルの市場価値から、2030年までに4,560百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に35.6%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/docker-monitoring-market/62018

ドッカーコンテナのヘルスステータスを監視してシステムの停止の回避、と動的コンテナ環境全体でアプリケーションのパフォーマンスの最適化などの要因により、ドッカーモニタリング市場は急速に成長しています。また、サービスの俊敏性と速度を向上させるためのドッカーおよびドッカー化アプリケーションを含むトレンドテクノロジーによるドッカーモニタリングの需要の高まりは、ドッカーモニタリング市場の成長を後押しすると予想されます。さらに、ドッカーモニタリングソリューションの機能を強化するための機械学習および分析テクノロジーの進歩により、ドッカーモニタリング市場に成長の機会が生まれると予測されています。ITとテレコム業界における分散プロセスと突然の要件により、ドッカーモニタリング市場の成長が後押しされています。

しかし、複雑なドッカーコンテナセキュリティソリューションは、ドッカーモニタリング市場の成長を制限する可能性があります。

ドッカーモニタリング市場セグメント


ドッカーモニタリング市場は、コンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)、展開タイプ別(オンプレミス、クラウド)、業種別(ITとテレコム、BFSI、eコマースと小売、旅行とホスピタリティ、ヘルスケアとライフサイエンス、メディアとエンターテインメント、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

展開タイプに基づいて、クラウドセグメントは予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます。

最近、ほとんどのドッカーコンテナーは、物理的な情報技術(IT)インフラストラクチャと展開の専門知識が少なくて済むため、クラウドで動作します。また、表面上は無限のリソースへのアクセスも提供します。クラウドベースのモニタリングソリューションとクラウドベースのドッカーコンテナーの統合は、メトリックの収集とクラウドから物理サーバーへのデータ転送に関連する時間を節約できるため、非常に簡単になります。また、コンテナのダウンタイムや障害が発生した場合に必要なアクションをより迅速に実装できます。

業種に基づいて、ITとテレコムセグメントは2019年に最大のシェアを保持しました。

ドッカーは、高レベルの抽象化とセキュリティを備えたアプリケーションをパッケージ化して実行する機能を提供します。したがって、ITとテレコム会社は、高いネットワーク可用性、サービスの継続性、および大容量のサービスの提供を実現するために、ドッカーモニタリングをますます採用しています。また、これはネットワークの過負荷やフェイルオーバーの状況を回避します。これにより、システムの停止やアプリケーションの障害を回避するために、ドッカーコンテナと囲まれたアプリケーションのパフォーマンスのモニタリングの必要性が高まっています。これが、ITとテレコム会社全体でドッカーモニタリングソリューションが広く採用されている主な要因です。

ドッカーモニタリング市場の地域概要

ドッカーモニタリング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域(APAC)のドッカーモニタリング市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。APACのドッカーモニタリング市場の高い成長は、ビジネスプロセスの数の増加、およびクラウドテクノロジーの採用の増加に起因する可能性があります。さらに、市場でのパートナーシップの数の増加、とビジネスプロセスとソフトウェアアプリケーションの速度と俊敏性を向上させる必要性の高まりによって、ドッカーコンテナとドッカーモニタリングソリューションの採用は地域全体で今後急速に増加すると予想されます。しかし、ITの専門知識が不足しているこ、およびドッカーモニタリングソフトウェアの利点に対する認識が低いことは、この地域全体でのドッカーモニタリングの採用におけるいくつかの大きなハードルです。

ドッカーモニタリング市場の主要なキープレーヤー

ドッカーモニタリング市場の主要なキープレーヤーには、Dynatrace(米国)、AppDynamics(米国)、New Relic(米国)、Broadcom(米国)、Microsoft(米国)、Datadog(米国)、Sysdig(米国)、Splunk(米国)、BMC Software(米国)、IBM(米国) 、Riverbed Technology(米国)、Oracle(米国)、ScienceLogic(米国)、SolarWinds(米国)、Micro Focus(米国)、ManageEngine(米国)、Wavefront(米国)、Instana(米国)、Centreon(米国)などがあります。この調査には、ドッカーモニタリング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-62018

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ドッカーモニタリング市場ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)、展開タイプ別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年