集束イオンビーム市場ーイオン源別(Ga +液体金属、プラズマ)、アプリケーション別(故障分析、ナノファブリケーション、デバイス変更、回路編集など)、業種別、および地域別ー世界的な予測20230年

SDKI Inc.は、「集束イオンビーム(FIB)市場ー世界的な予測20230年」新レポートを 2021年09月21日に発刊しました。この調査には、集束イオンビーム市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61959
集束イオンビーム市場は、2022年に1,021百万米ドルの市場価値から、2030年までに1,704百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.6%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/focused-ion-beam-market/61959

集束イオンビームは、FIB対応機器によって生成される高エネルギーイオンビームです。この装置は、主に半導体産業や3Dイメージング技術で使用されています。電子・半導体業界での故障分析の需要の増加、およびサンプルの表面全体にパターンを生成するための集束イオンビームシステムを使用したイオンビームリソグラフィプロセスの需要の増加は、集束イオンビーム市場の成長を後押しする主な要因です。また、材料科学と生体材料の研究開発投資の増加は、集束イオンビーム市場の成長を後押しするもう1つの主要な要因です。さらに、主要なプレーヤーは、マルチビームFIBシステムなどの技術的にアップグレードされたFIB機器を導入しました。これも集束イオンビーム市場の成長に貢献すると予想されます。しかし、これらの機器の高コストは、集束イオンビーム市場の成長の主な制約です。

集束イオンビーム市場セグメント

集束イオンビーム市場は、イオン源別(Ga +液体金属、プラズマ)、アプリケーション別(故障分析、ナノファブリケーション、デバイス変更、回路編集、偽造検出)、業種別(電子・半導体、産業科学、材料科学、生物科学)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

Ga +液体金属セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。

イオン源に基づいて、Ga +液体金属セグメントは、2022ー2030年の間に集束イオンビーム市場をリードすると予測されています。Ga +液体金属イオン源は、小型のイオンビーム(5nm)を提供し、必要な発光面積が小さく、高輝度(> 106 A / cm-sr)を提供し、融点が低い(29.8℃)ため、エンドユーザーに広く使用されています。さらに、Ga +液体金属集束イオンビームシステムは、電子・半導体の分野で、故障分析、TEMサンプルの準備、ICの修理と修正、ナノファブリケーション、およびイオン顕微鏡アプリケーションに使用されます。これらのシステムは、サンプルの引き伸ばされた領域全体に微細なパターンと詳細な構造を設計および開発するために使用されます。

故障分析セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。

アプリケーションに基づいて、故障分析セグメントは、2022ー2030年の間に最大のCAGRで成長すると予測されています。このセグメントの成長は、コンポーネントまたはデバイスの故障分析を実行するための集束イオンビームシステムの使用の増加に起因する可能性があります。これは、製造プロセス中に障害が発生する原因を認識するために行われます。製造業者は、集束イオンビームシステムを使用して、さまざまなコンポーネントまたはデバイスのパフォーマンスをテストおよび分析します。これにより、電子・半導体業界からのこれらのシステムの需要が増加します。

集束イオンビーム市場の地域概要

集束イオンビーム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、予測期間中に集束イオンビーム市場の最大のシェアを保持すると予想されます。電子・半導体分野における技術の進歩、と集束イオンビームエコシステムの主要プレーヤーが着手した新製品の発売は、北米の集束イオンビーム市場の成長を後押しすると予想されます。また、多くの大学や研究機関での集束イオンビームシステムの採用の増加も、この地域の集束イオンビーム市場の成長に貢献しています。さらに、米国の市場は、米国に拠点を置くかなりの数の組織が集束イオンビームシステムの製造に関与しているため、予測期間中に最大の牽引力を目撃すると予想されます。

集束イオンビーム市場の主要なキープレーヤー

集束イオンビーム市場の主要なキープレーヤーには、Thermo Fisher Scientific, Inc. (米国)、Hitachi High-Technologies Corporation (日本)、ZEISS International (ドイツ)、Tescan (英国)、JEOL Ltd. (日本)、HORIBA, Ltd. (日本)、Eurofins Scientific (ルクセンブルグ)、A&D Company, Limited (日本)などがあります。この調査には、集束イオンビーム市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61959

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 集束イオンビーム市場ーイオン源別(Ga +液体金属、プラズマ)、アプリケーション別(故障分析、ナノファブリケーション、デバイス変更、回路編集など)、業種別、および地域別ー世界的な予測20230年