MVNO(モバイル仮想ネットワーク事業者)市場ー運用モデル別(リセラー、サービスオペレーター、フルMVNO)、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別、地域別ーグローバルな予測2030年

SDKI Inc.は、「MVNO(モバイル仮想ネットワーク事業者)市場ーグローバルな予測2030年」新レポートを 2021年09月21日に発刊しました。この調査には、MVNO市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61970
MVNO市場は、2022年に730.0億米ドルの市場価値から、2030年までに1,157.0億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に6.8%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/mvno-market/61970

モバイル仮想ネットワーク事業者(MVNO)は、周波数スペクトルを持たない事業者ですが、従来のモバイルネットワーク事業者(MNO)と契約を結んでいます。人口統計関連の顧客サービスの提供、およびMNOとMVNOの両方の利益最大化の機会は、MVNO市場の成長を推進する主な要因です。また、ライブストリーミングやMコマースベースのサービスなどのデータや付加価値サービスの使用の増加は、予測期間中にMVNO市場も成長を牽引すると予想されます。さらに、世界中でスマートフォンの普及の増加、とそれに続くモバイル加入者ベースの増加もMVNO市場の成長に貢献しています。クラウドやM2Mなどの技術の進歩は、MVNO市場の成長を推進する他の要因です。MVNOは、収益創出を増やすため、ライフスタイル、エンターテインメント、生産性などの業界に安価で便利なモビリティオプションを提供しています。MVNOはまた、旅行中または観光客向けにローミングサービスを提供することにより、顧客にさまざまな機能を提供します。

しかし、MNVOの顧客に低い優先順位を与えるMNOは、MNVO市場の成長を妨げる可能性があります。

MVNO市場セグメント


MVNO市場は、運用モデル別(リセラー、サービスオペレーター、フルMVNO)、サブスクライバー別(消費者、企業)、組織規模別(SMES、大企業)、ビジネスモデル別(割引、民族、ビジネス)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

運用モデルに基づいて、サービスオペレーターセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

サービスオペレーターセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。サービスオペレーターモデル内では、MVNOは顧客向けの要素をより細かく制御できるため、モデルをサービスやシステムとより適切に統合できます。サービスオペレーター番号には独自のインフラストラクチャがあり、ビジネスとサービスの提供を完全に制御できます。MVNOの制御の程度と柔軟性は、MVNOが制御する操作要素によって異なります。さらに、サービスオペレーターは、新規参入者にとって最も人気のあるモデルの1つです。これらの要因は、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

サブスクライバーに基づいて、消費者セグメントは2019年にMNVO市場をリードしました。

消費者セグメントは、2022ー2030年の間にMNVO市場をリードすると予測されています。MVNOは消費者主導の市場であり、市場の80%以上が消費者ベースのベンダーによってカバーされています。このセグメントの成長は、手頃な価格のデータ、音声プラン、最新のテクノロジーなど、顧客中心のサービスを提供するMVNOの可用性に起因しています。最近、MVNOは、新規のモバイル参入者と比較してブランドロイヤルティが高いため、より多くの顧客を引き付けています。消費者ベースのベンダーが提供する差別化されたサービスは、MVNO市場の成長を後押ししました。

MVNO市場の地域概要

MVNO市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋(APAC)地域MNVO市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。APACは、常に通信業界の新興地域です。地理的領域が多様で顧客基盤が高いこの地域は、MVNOに大きな機会をもたらします。国際電気通信連合(ITU)によると、APACは、世界中の電気通信業界にとって最大の地域として台頭してきました。中国とインドは、ネットワークインフラストラクチャの容量とエンドユーザーの加入者の点で、通信業界にとって世界最大のです。さらに、この地域には、オーストラリア、シンガポール、中国、インド、ニュージーランド、韓国などの先進国と発展途上国が含まれます。APACでは、組織はネットワーク接続、ITサービス、データセンター、ISP、およびユニファイドコミュニケーションを管理するためにMVNOを急速に採用しています。これは、この地域のMVNO市場の成長を推進しています。また、IoTやM2Mなどのテクノロジーの出現も、MVNO市場の成長に影響を与えています。

MVNO市場の主要なキープレーヤー

MVNO市場の主要なキープレーヤーには、Virgin Media Business(英国)、DataXoom(米国)、Lebara(英国)、KDDI(日本)、Asahi Net(日本)、Virgin Mobile USA(米国)、TracFone Wireless(米国)、Boost Mobile(オーストラリア)、Lycamobile(英国) 、Tesco Mobile(英国)、PosteMobile(イタリア)、Airvoice Wireless(米国)、Asda Mobile(英国)、Giffgaff(英国)、Kajeet(米国)、Voiceworks(オランダ)、Ting(米国)、Red Pocket Mobile(米国)、Consumer Cellular(米国)などがあります。この調査には、MVNO市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61970

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. MVNO(モバイル仮想ネットワーク事業者)市場ー運用モデル別(リセラー、サービスオペレーター、フルMVNO)、サブスクライバー別、組織規模別、ビジネスモデル別、地域別ーグローバルな予測2030年