ゼロトラストセキュリティ市場ーソリューションタイプ別(データセキュリティ、エンドポイントセキュリティなど)、展開タイプ別、認証タイプ別、組織サイズ別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「ゼロトラストセキュリティ市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月21日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61915
ゼロトラストセキュリティ市場は、2022年に268.9億米ドルの市場価値から、2030年までに957.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に19.9%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/zero-trust-security-market/61915

ゼロトラストセキュリティ市場の成長は、サイバー脅威の増加、政府およびコンプライアンス規制からの義務の増大、とさまざまなエンドデバイスを介したネットワークインフラストラクチャの近代化など、さまざまな要因によって推進されています。エンドポイントデバイスの急増とクラウドテクノロジーの採用の増加により、ゼロトラストセキュリティフレームワークを実装する必要性が生じています。企業は、攻撃を受けやすく、不正アクセスに対して脆弱なネットワーク技術とコンピューター化されたシステムで繁栄しています。さらに、COVID-19パンデミックによるリモートワークポリシーは、重要なデータにアクセスするための多要素認証を実施する、セキュリティで保護されたアーキテクチャフレームワークの必要性がさらに高まっています。そのため、複雑なネットワークの保護、ネットワーク管理の可視性の高まり、と不正アクセスによる内部および外部の脅威に対抗する必要性が、セキュリティソリューションの需要を後押ししています。これは、予測期間中にゼロトラストセキュリティ市場の成長を後押しすると予想されます。

ゼロトラストセキュリティ市場セグメント

ゼロトラストセキュリティ市場は、ソリューションタイプ別(データセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、APIセキュリティ、セキュリティ分析、セキュリティポリシー管理)、展開タイプ別(オンプレミス、クラウド)、認証タイプ別(単一要素認証、多要素認証)、組織サイズ別(SME、大企業)、業種別(ITとITES、金融と保険、ヘルスケアと社会支援、小売業、公益事業、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

展開タイプに基づいて、クラウドセグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます。

ゼロトラストセキュリティソリューションは、オンプレミスで展開できるだけでなく、ビジネス要件に従ってクラウドオファリングとして提供することもできます。オンプレミス展開モードにより、組織は、次世代ファイアウォールや次世代侵入防止システムなど、すべてのゼロトラストセキュリティソリューションをより詳細に制御できます。一方、ゼロトラストセキュリティソリューションのクラウド展開モードは、速度、スケーラビリティ、および強化されたITセキュリティを提供するクラウドベースのソリューションで企業に利益をもたらします。より多くのアプリケーションがクラウド上に展開されるにつれて、中小企業や大企業の間でクラウドベースのゼロトラストセキュリティソリューションに対する需要が高まっています。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

ゼロトラストセキュリティ市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域のゼロトラストセキュリティ市場は、予測期間中に最大の成長率を登録すると予想されます。APACは、中国、シンガポール、日本、オーストラリアなど、世界で数少ない最大の経済圏で構成されています。これらの国々の経済的重要性の高まりにより、セキュリティ違反が発生しやすいネットワークを介して送信される膨大な量のデータが普及しています。脅威の状況は、驚くべき速度でいくつかの業界へのサポートを支援するために必要な対策によって推進されています。これは、この地域のゼロトラストセキュリティ市場の成長を推進しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
ゼロトラストセキュリティ市場の主要なキープレーヤー

ゼロトラストセキュリティ市場の主要なキープレーヤーには、Cisco Systems Inc.(米国)、Akamai Technologies、Inc.(米国)、Palo Alto Networks、Inc.(米国)、Symantec Corporation(米国)、Okta、Inc.(米国)、Forcepoint、LLC(米国)、Centrify Corporation (米国)、Cyxtera Technologies(米国)、Illumio(米国)、Sophos Group Plc(英国)、Google LLC(米国)、Microsoft、Inc.(米国)、VMware Inc.(米国)、Trend Micro Incorporated(日本)、 Cloudflare(米国)、IBM Corporation(米国)、Fortinet(米国)、Check Point Software Technologies Ltd.(米国)などがあります。この調査には、ゼロトラストセキュリティ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61915

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ゼロトラストセキュリティ市場ーソリューションタイプ別(データセキュリティ、エンドポイントセキュリティなど)、展開タイプ別、認証タイプ別、組織サイズ別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年