テレワークや休校による “料理疲れ”、“外出制限中の食事はどうする?”の不安を救うのは、「冷凍作りおき弁当」!

糖質オフの「小分け冷凍おかず」本、発売 

在宅勤務や臨時休校、お弁当作りの回数増加、外食自粛で家ごもり…。コロナウイルス対策で、食事作りの負担が増えています。そんな中、「お助けレシピ」として注目を集めているのが、長期保存がきく「冷凍作りおき」です。

主婦の友社は、ダイエット×作りおき×ラクチンなレシピを集めた書籍『糖質オフの冷凍作りおき弁当』https://www.amazon.co.jp/dp/4074420929 を発売いたしました。

お弁当にも普段のおかずにも重宝する「小分け冷凍おかず」は、いわば “手作りの冷凍食品” のようなもの。しかも糖質控えめで、外出機会が減りダイエットしたいときにも役立つレシピ集です。

 

 

★「Wチーズハンバーグ弁当」 朝は調理せず、「小分け冷凍おかず」を詰めるだけで完成。全部たべても、糖質たったの2.1g!

 
  • 増える料理負担、最大の悩みは「昼食」。“料理しないで作るお弁当”で解決!
自宅で過ごす時間が増えて料理の負担が増加する中、困っていることの1位は「昼食の準備」です。給食ストップやお留守番用にとお弁当を作る機会が増えたものの、毎日早起きして作るのはかなりの重労働。できるだけ「朝は料理しない」「朝できるだけラクできる」ことが求められています。

そのニーズにこたえる解決策が「小分け冷凍おかず」です
従来の冷凍おかずというと、食べるときに焼いたり揚げたりと調理をするのが一般的でした。が、本書の「小分け冷凍」は違います。おかずは完成品を1食分ずつ小分けして冷凍するので、朝は調理しません。バイキングのように選び、レンチンorそのままお弁当箱に詰めるだけ。包丁やなべを使わず最小限の洗い物で済ますことができます。
お弁当用としてだけではなく、普段のおかずの一品として活用するにも便利です。

 
  • 冷凍だから長期保存が可能。ヘルシーおかずが家にある安心感
「冷凍作りおき」の最大のメリットは、長期保存が可能なこと。掲載のレシピはどれも1カ月は冷凍保存OK! 外出制限や買いだめなどが報じられるこの時期、ヘルシーな手作りおかずのストックがあると安心です。

また、特売の食材を買い込んで作りおきすれば、節約にも役立ちます。

 
  • 「忙しいけどやせたい」を強力バックアップ。ラクだから続く、やせる!
外出が減って体重が増加し、意識する人も多い糖質制限ですが、難しいのが実は昼食の糖質量コントロールです。昼食はどうしてもごはんやパンなどの主食がメインになりがちだからです。

でも「糖質オフの冷凍作りおき弁当」なら、一般的な外食ランチと比べて糖質50%以上オフも軽々達成できます。小分け冷凍することで1食分の糖質量が計算しやすく、食べすぎも防げます。
毎日糖質オフの食事を作るのは大変です。でも時間のあるときに作りおきしておけば、負担を軽減することができます。
 

★掲載のレシピで作れば、通常のガパオ弁当より90%も糖質オフ!


お弁当にはもちろん、「好きなおかずを選んでチンしてね」というお留守番ごはん、忙しい日の夜遅ごはん、糖質オフのおつまみにも。「あると便利」なこと間違いなしです。
長い在宅時間を持て余していたら、家族と一緒に「冷凍作りおき」料理をするのもひとつの過ごしかたかもしれません。

 

  • 書誌情報


●タイトル:『糖質オフの冷凍作りおき弁当』
●定価:本体1200円+税
●発売日:2020年3月26日
●判型:A5判・128P
●ISBN:9784074420926
●出版社:主婦の友社
https://www.amazon.co.jp/dp/4074420929
電子書籍あり
 
  • 本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先
株式会社主婦の友社 広報・プロモーションユニット
TEL:03−5280ー7577(直通)
pr★shufutomo.com (★は@に変換してください)
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社主婦の友社 >
  3. テレワークや休校による “料理疲れ”、“外出制限中の食事はどうする?”の不安を救うのは、「冷凍作りおき弁当」!