ザ・ローリング・ストーンズ展 トークショー開催。5/16 有賀幹夫 写真解説 、5/17 鮎川誠 ロック塾

6月5日まで、会期延長が発表された『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ』。ロックマニアならずとも、今年、見ておくべき展示会として話題を呼んでいる。
ヴィンテージギターの豊富なコレクションに、貴重な楽器、作詞ノート、ツアーやバックステージにまつわる品々、アルバム・アート、数々の写真、ステージ・デザイン、日記や手紙などのプライベート・アーカイヴなど、500点を超える貴重なストーンズ・アイテムに囲まれた充実の展示会。

なかでも、見所は、アレキサンダー・マックイーン、プラダ、ディオール、グッチ、エディ・スリマン、オジー・クラーク、ローレン・スコット、ジャン・ポール・ゴルチエ、マイケル・フィッシュなど、1960年代から現在に至るまで、超一流デザイナーたちが手がけた衣装がずらりと並ぶ『スタイル&ファッション ギャラリー』、アンディ・ウォーホル、デイヴィッド・ベイリー、ジョン・パッシュ、ウォルトン・フォード、シェパード・フェアリー、マイケル・クーパー、クリスチャン・パイパー、ロバート・フランクなど、名だたるアーティストたちが手がけた190点以上のオリジナル・アートワーク。

そんな「ザ・ローリング・ストーンズ展」で、ストーンズを愛してやまないアーティストのトークイベントが決定した。一人目は、ザ・ローリング・ストーンズの日本人唯一のオフィシャル・フォトグラファー、有賀幹夫。ストーンズ展では、1990年から2014年までの計6回にわたる来日公演で撮りためた数々の写真の中から、選りすぐった6枚を展示している(定期的に変更)。そして二人目には、アンバサダーも務める鮎川誠が「ロック塾 出前DJ~ザ・ローリング・ストーンズ編~」と称して熱い時間を提供してくれる。ザ・ローリング・ストーンズをデビューから見ていて、彼らの偉大さは誰よりも知っているだけに、ここでしか聴けない話しがあふれることは言うまでもない。ザ・ローリング・ストーンズ展とともに堪能できる貴重な機会。

5月16日(木)17:00~「有賀幹夫『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』写真解説」
5月17日(金)17:00~「鮎川 誠ロック塾!出前DJ~ザ・ローリング・ストーンズ編~」

聞き手:門野久志(レッドシューズ)
会場:TOC五反田メッセ(場内カフェスペース「レッドシューズ」)(東京都品川区西五反田6-6-19)
料金:無料
※本企画展のチケットは必要です。※当日は定員になり次第締め切りますのでお早めにご来場ください。
公式ホームページ https://stonesexhibitionism.jp/
お問い合わせINFORMATIONダイヤル 0570-063-050

主 催  Exhibitionism−ザ・ローリング・ストーンズ展 製作委員会
特別協賛 才能発掘アプリ Fairchance
協 賛  オーディオテクニカ/ジャガー・ランドローバー・ジャパン/Happy Socks/代々木ゼミナール造形学校
 

 



※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョードーメディアス >
  3. ザ・ローリング・ストーンズ展 トークショー開催。5/16 有賀幹夫 写真解説 、5/17 鮎川誠 ロック塾