「フレスポ富沢」グランドオープン(ニュースリリース)

■仙台市太白区に日常生活に便利な複合商業施設が誕生

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)は、仙台市太白区に複合商業施設「フレスポ富沢」を2019年7月11日(木)にオープンします。
 富沢駅西土地区画整理地に立地する当施設には衣料品、靴、ドラッグストア、100円ショップといった地域の皆さまの毎日のお買い物に便利な店舗や、子どもと母親が離れず働ける託児機能付きオフィススペース「ママスクエア」が出店するなど、子育て世代にも利用しやすい商業施設となっています。周辺には商業施設のアクロスプラザ富沢西(大和情報サービス株式会社運営施設)もあり、大和ハウスグループ全体で地域の利便性を向上させ、地域の方々の日常に寄り添う施設を目指します。

■フレスポについて
 「フレスポ」とは《フレンドリースポット》の略称で、「日常生活に便利なショッピングセンター」をコンセプトに展開しています。
 当社が開発する複合商業施設としては、仙台市内で7ヶ所目となります。(①BiVi仙台駅東口、②フレスポ六丁の目南町、③フレスポ六丁の目、④ブランチ仙台、⑤bp town、⑥仙台市市名坂商業施設)
 

完成予想パース  ※イメージであり実際とは異なる場合があります完成予想パース  ※イメージであり実際とは異なる場合があります


■施設概要
 


■フロアマップ
 


 ■アクセスマップ

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「フレスポ富沢」グランドオープン(ニュースリリース)