超低電力マイクロコントローラー市場ーペリフェラルデバイス別(アナログデバイス、デジタルデバイス)、パッケージタイプ別(8ビット、16ビット、32ビット)、最終用途別、地域別ーグローバルな予測2030年

SDKI Inc.は、「超低電力マイクロコントローラー市場ーグローバルな予測2030年」新レポートを 2021年09月22日に発刊しました。この調査には、超低電力マイクロコントローラー市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61887
超低電力マイクロコントローラー市場は、2022年に67.8億米ドルの市場価値から、2030年までに307.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に24.1%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/ultra-low-power-microcontroller-market/61887

低電力消費デバイスの採用の増加、および家電業界からの低電力マイクロコントローラーの需要の高まりは、超低電力マイクロコントローラー市場の成長を推進する主な要因です。また、ビルやホームオートメーションシステムの使用の増加、およびIoTエコシステムの急増する需要は、超低電力マイクロコントローラー市場の成長に貢献しています。多種多様な産業用アプリケーションからのエネルギー効率の高いパワーデバイスの需要の増加につれ、超低電力マイクロコントローラーの需要は、2022ー2030年の予測期間中に需要率にプラスの効果をもたらします。この需要は、さまざまな業界からのIoTベースのテクノロジー、製品、およびソリューションの使用の増加によっても影響を受けています。

しかし、高速で電力が重要なアプリケーションでのこれらのコンポーネントの統合と使用に関連する複雑さにより、市場の成長が抑制される可能性があります。

超低電力マイクロコントローラー市場セグメント

超低電力マイクロコントローラー市場は、ペリフェラルデバイス別(アナログデバイス、デジタルデバイス)、パッケージタイプ別(8ビットパッケージ、16ビットパッケージ、および32ビットパッケージ)、最終用途別(家電、製造、自動車、ヘルスケア、電気通信、航空宇宙・防衛 、メディア・エンターテインメント、サーバー・データセンター、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

32ビットパッケージセグメントは、予測期間中に最大のシェアを保持すると予想されます。

パッケージタイプに基づいて、32ビットセグメントは、2022ー2030年の間に市場をリードすると予想されます。このセグメントの成長は、消費電力と高性能のバランスを提供するという特徴に起因する可能性があります。これは、モノのインターネット(IoT)および接続されたデバイスのバッテリーに精通した機能を求める電力制約のあるアプリケーションまたは低電力アプリケーションのニーズを満たすのに役立ちます。

超低電力マイクロコントローラー市場の地域概要

超低電力マイクロコントローラー市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域の超低電力マイクロコントローラー市場は、予測期間中に最大の成長を目撃すると予想されます。この地域は、大規模な投資と事業拡大の機会の世界的な焦点として浮上しています。この地域では、家電製品や自動車の需要が高まっています。人口の増加につれ、家電製品の普及率は急速に高まっています。これは、この地域で超低電力マイクロコントローラー市場の成長を推進しています。また、IoTデバイスの採用は、中国、韓国、インドなどのAPAC諸国で増加すると予想されます。これにより、超低電力マイクロコントローラーが組み込まれた低電力デバイスの需要が高まります。さらに、中国や韓国などの国々で繁栄しているチップ製造会社も、APACの超低電力マイクロコントローラー市場の成長に貢献しています。

超低電力マイクロコントローラー市場の主要なキープレーヤー

超低電力マイクロコントローラー市場の主要なキープレーヤーには、Texas Instrument Inc.(米国)、Microchip Technology Inc.(米国)、STMicroelectronics(スイス)、Renesas Electronics Corporation(日本)、Cypress Semiconductor Corporation(米国)などがあります。この調査には、超低電力マイクロコントローラー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61887

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 超低電力マイクロコントローラー市場ーペリフェラルデバイス別(アナログデバイス、デジタルデバイス)、パッケージタイプ別(8ビット、16ビット、32ビット)、最終用途別、地域別ーグローバルな予測2030年