「レコチョク年間ランキング2019」発表!米津玄師、初の2年連続二冠!アルバムランキングはback number!新人はmilet!

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一)は、2019年12月6日(金)、「レコチョク年間ランキング2019」(集計期間:2018年12月1日~2019年11月30日)を発表いたします。

「レコチョク年間ランキング2019」はレコチョクが提供するダウンロードサービスの総ダウンロード数をもとにしたランキングです。
デジタル配信は、いつでも、どこでも、楽しめることから、ランキングはトレンドを反映しやすく、また、SNSでの拡散などでロングヒット化しやすい傾向にあります。今年も2018年下半期から2019年にかけて話題になったTVCM、TVドラマの主題歌や関連楽曲多数が上位にランクインしました。

「レコチョク年間ランキング2019」サイトではトップ50を公開しています。
https://recochoku.jp/special/100835/

===================================
「レコチョク年間ランキング2019」発表!
~2019年の音楽シーンを席巻するアーティストとトレンドがランクイン~
===================================

「レコチョク年間ランキング2019」では、米津玄師が「Lemon」で「レコチョクランキング(シングル)」1位、「アーティストランキング」1位と、2018年上半期から4期連続、2年連続で主要ランキング二冠を達成、2019年もダウンロードランキングを席巻しました。

 

「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」対象の「レコチョクランキング」では米津玄師「Lemon」が1位を獲得しました。「Lemon」は2018年1月スタートの石原さとみ主演、TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』主題歌として書き下ろされた楽曲で、米津玄師初のドラマ主題歌です。同年2月12日(月)より先行配信され、月間ランキングでは2018年2月度から、これまで8回1位に輝き、「レコチョク年間ランキング2019」集計期間でも2018年12月度、2019年1月度、4月度の3回1位を獲得。また、配信開始以来、月間ランキングTOP10 に一度も途切れることなく21カ月間連続でランクインいたしました。「Lemon」のMVは日本人アーティスト最多となる4.9億回再生されるなどあらゆるシーンで聴かれ続けています。
なお、「レコチョクランキング」年間TOP10には「Lemon」をはじめ、今年8月配信リリースの「馬と鹿」(2位)、昨年リリースの「Flamingo」(8位)、作詞作曲プロデュースを手掛けた菅田将暉「まちがいさがし」(4位)やFoorin「パプリカ」(6位)と関連楽曲5曲がランクイン。TOP50内ではDAOKOとのコラボ楽曲「打上花火」など関連曲11曲がランクインしました。

  • とても光栄です。この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。                      米津玄師
「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」の総合ランキングである「アーティストランキング」でも米津玄師が2018年度から2年連続で年間1位を獲得しました。
2018年2月からロングヒットを続ける「Lemon」、また、TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』主題歌「馬と鹿」など多くの楽曲がダウンロードされました。「馬と鹿」は8月12日(月・祝)の配信リリース以来、月間ランキングで8月度から3カ月連続1位を獲得。ドラマ終了後も『ラグビーワールドカップ2019日本大会』が開幕すると、快進撃を続けたラグビー日本代表関連のニュース、そして日本代表戦会場でも楽曲が流れるなど、同大会の盛り上げや選手の背中を押す楽曲として話題を集めました。
  • レコチョクのオウンドメディア「レコログ」では、米津玄師インタビューを掲載。2019年にリリースした「海の幽霊」「馬と鹿」について、また、2020年へ想うことなどを語っています。ぜひ、ご覧ください。
  • https://recochoku.jp/ch/recolog/2019_kenshiyonezu/ 


「アルバムランキング」は、back number『MAGIC』が1位を獲得。このアルバムは2019年3月27日(水)の配信開始からわずか5日間で3月度の月間ランキングで初登場1位、4月度も2カ月連続となる1位を獲得しました。その後も5月度は2位、6月度もTOP10以内にランクインするなど年間でロングヒットを記録しました。
『MAGIC』はback numberにとって通算6枚目となるオリジナルアルバムで、「瞬き」(映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』主題歌)、「大不正解」(映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』主題歌)、「オールドファッション」(ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』主題歌)、「HAPPY BIRTHDAY」(ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌)といった、2017年以降リリースの大ヒットシングルを多数収録。これに「最深部」「雨と僕の話」「あかるいよるに」(キリンビール「淡麗グリーンラベル」CM曲)などの新曲が加わった1枚で、2019上半期アルバムランキング首位に続き、年間ランキングでも1位を獲得しました。
また、『MAGIC』を携えたアリーナツアー「back number NO MAGIC TOUR 2019」も、自身最大規模となる18会場35公演が大成功をおさめました。
なお、back numberはアーティストランキングでも2位にランクインしています。
  • ありがとうございます。バンドのキャリアはアルバム単位で語られる事が多いですし、それは自分達で振り返る時も同じです。なので最新アルバムを評価してもらえる事は何よりも嬉しいですし、新しいものを作り出すエネルギーに直結します。更に良いものを作っていく自信があるので、ご期待頂けると幸いです。  清水依与吏 (back number)


「新人アーティストランキング」ではmiletが1位を獲得。miletは、フジテレビドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』でオープニング・テーマに起用された「inside you」で2月7日(木)より先行配信デビュー、レコチョクデイリーランキングでも初登場1位を獲得しました。「inside you」はドラマの放送開始と同時に注目が集まり、洗練された楽曲と堂々と歌い上げる歌唱力がSNSでも話題となり、月間ランキングでは2月度は4位にランクイン、3月度は7位、ドラマの放送終了後も多数ダウンロードされ続け、2019年度上半期の新人アーティストランキングでは1位を獲得しました。
7月31日(水)には日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』主題歌「us」を先行配信し、デイリーランキングで初登場1位、8月度の月間ランキングでは3位にランクインしました。その後も10月29日(火)に「You & I」(花王「フレア フレグランス &SPORTS」CMソング)、11月4日(月・祝)に「Drown」(TVアニメ『ヴィンランド・サガ』エンディングテーマ)をリリース、ヒットを続け上半期に続き2019年度年間でも新人アーティストランキングを制しました。なお、本日発表の「レコチョク年間サブスクランキング」でも新人1位と、ダウンロード、サブスクの新人ランキング両方を制覇しています。
  • このたび「レコチョク年間ランキング 新人アーティストランキング1位」「レコチョク年間サブスクランキング 新人アーティストランキング1位」を受賞でき、とてもうれしく思います。3月にデビューし、4枚のEPをリリースすることができ、色んな曲でたくさんの方々に私の曲を知っていただくことができました。そして音楽を通して誰かの人生に関われることの幸せを知りました。これからも誰か1人にでも寄り添える歌を歌っていきたいと思います。私のことを見つけ、曲を聴いてくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。                                                                                               milet


レコチョクが運営するサイト「レコログ」にてmilet独占インタビュー掲載!ぜひ、ご覧ください。

【miletが新人ランキング2冠!「いろんなところで聴いてくれていることが実感できて本当に嬉しい」】

https://recochoku.jp/ch/recolog/2019_milet_2/

「洋楽ランキング」はQUEEN「I Was Born To Love You」が1位を獲得。QUEENのボーカリスト、フレディ・マーキュリーが自身のソロアルバム『Mr.バッド・ガイ』に収録した楽曲で、フレディ他界後に、クイーンのメンバーがアルバム『メイド・イン・ヘヴン』にアレンジが異なるヴァージョンを収録。2018年にフレディを主人公にした伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されると、この楽曲もランキングを上昇。上半期ランキングでは2位にランクインしました。その後もヒットを続け、10月にはSUBARU インプレッサ「人生を輝かせるクルマ篇」TVCMソングに起用されるなど、話題も続き、年間ランキングで洋楽ランキング1位に輝きました。2位には「ボヘミアン・ラプソディ」がランクインしています。

「ハイレゾシングルランキング」は、LiSA「紅蓮華」が1位を獲得。LiSA15枚目のシングル「紅蓮華」はアニメ『鬼滅の刃』OPテーマ。週刊少年ジャンプ連載中の大人気漫画原作のアニメとタッグを組んだ本作は、7月3日(水)のCDリリースに先駆け、4月22日(月)に先行配信リリースされました。月間ランキングでは4月度に初登場1位、5月度も2位と、その後もTOP10以内にランクイン。10月度、11月度は2位へ再びランキングが上昇しています。
先日、『第70回NHK紅白歌合戦』へ初出場が決定するなど話題が高まる中、ハイレゾシングルランキングにて年間1位を獲得しました。


「ハイレゾアルバムランキング」は、ONE OK ROCK『Eye of the Storm』が1位を獲得しました。
9枚目となるオリジナルアルバムは「Change」(テレビCM「ONE OK ROCK×Honda Jet『Go,Vantage Point.』」篇テーマソング)、「Wasted Nights」(東宝 / ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給映画『キングダム』主題歌)、「In the Stars (feat.Kiiara)」(東宝配給映画『フォルトゥナの瞳』主題歌)といった話題曲を多数収録。制作陣に海外プロデューサー達を迎えた世界標準のサウンドは、まさしくハイレゾ音源で聴くに相応しい作品となりました。2019年2月15日(金)に配信開始し、月間ランキングでは2月度に初登場1位、5月度までTOP5以内にランクインし、上半期のハイレゾアルバムランキング1位を獲得しました。その後もヒットを続け、10月度には再び5位へ上昇し、年間でもハイレゾアルバムランキング1位を獲得しました。

==========================
【レコチョク年間ランキング2019】  
集計期間:2018年12月1日~2019年11月30日   
                    
==========================
▼レコチョク ランキング (シングル)

順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「Lemon」 米津玄師
2位 「馬と鹿」 米津玄師
3位 「マリーゴールド」 あいみょん
4位 「まちがいさがし」 菅田将暉
5位 「HAPPY BIRTHDAY」 back number
6位 「パプリカ Foorin」
7位 「Pretender」 Official髭男dism
8位 「Flamingo 」米津玄師
9位 「白日」 King Gnu
10位 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」 MISIA

▼アルバム ランキング
順位 アルバム名 アーティスト名
1位 『MAGIC』 back number
2位 『Finally』 安室奈美恵
3位 『Eye of the Storm』 ONE OK ROCK
4位 『A COMPLETE ~ALL SINGLES~』 浜崎あゆみ
5位 『瞬間的シックスセンス』 あいみょん
6位 『BOOTLEG 』 米津玄師
7位 『POP VIRUS』 星野 源
8位 『Bohemian Rhapsody [The Original Soundtrack]』 QUEEN
9位 『Same Thing』 星野 源
10位 『Flamingo / TEENAGE RIOT』 米津玄師
                          
▼アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 米津玄師
2位 back number
3位 あいみょん
4位 Official髭男dism 
5位 菅田将暉

▼新人アーティストランキング
順位 アーティスト名
1位 milet

▼洋楽ランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「I Was Born To Love You」 QUEEN
2位 「ボヘミアン・ラプソディ」 QUEEN
3位 「I Want It That Way」 Backstreet Boys
4位 「デュラ ダディー・ヤンキー」
5位 「Shape of You」 エド・シーラン

▼ハイレゾシングルランキング
順位 楽曲名 アーティスト名
1位 「紅蓮華」 LiSA
2位 「まちがいさがし」 菅田将暉
3位 「Pretender」 Official髭男dism
4位 「カブトムシ」 aiko
5位 「白日」 King Gnu

▼ハイレゾアルバムランキング
順位 アルバム名 アーティスト名
1位 『Eye of the Storm』 ONE OK ROCK
2位 『FIRE BIRD』 Roselia
3位 『天気の子』 RADWIMPS
4位 『瞬間的シックスセンス』 あいみょん
5位 『Yes we are』 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
  
「レコチョク年間ランキング2019」サイトではトップ50を公開しています。
https://recochoku.jp/special/100835/

【レコチョク年間ランキング2019】について
・集計対象:PC・スマートフォン向け音楽ダウンロードストア「レコチョク」、ニンテンドー3DS™版及びNintendo Switch版「レコチョク」「dミュージック powered by レコチョク」「Music Store powered by レコチョク」「ひかりTVミュージック」にて配信している各該当種別を集計。
・「レコチョクランキング(シングル)」は「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」を合算した総合ランキングです。
・「アルバムランキング」は、収録楽曲をまとめて購入できる「ダウンロード(アルバム)」のランキングです。
・「アーティストランキング」は、「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」の総合ランキングです。
・新人アーティストは、2018年11月1日~2019年11月30日の間に“レコチョクサイト配信デビュー”もしくは“CDデビュー”したアーティストを新人と定義しています。

<本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です>
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レコチョク >
  3. 「レコチョク年間ランキング2019」発表!米津玄師、初の2年連続二冠!アルバムランキングはback number!新人はmilet!