雑誌『アイデア』の特集が、新規コンテンツを加えて待望の書籍化!《 25年の出版史をビジュアルで振り返る。》

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年8月18日(水)に、『現代日本のブックデザイン史 1996-2020』を発売いたします。

「出版不況」の時代のブックデザインをカバーデザインから読み解く。

国内の書籍売上がピークに達した1996年から現在に至る「出版不況」の時代。

本書は、そのおよそ25年に生み出されたブックデザインをカバーデザインスタイル別に紹介した一冊です。

 パッケージとしての訴求力が優先される商業出版界で、そのブックデザインがいかにして更新されてきたかを、長田 年伸、川名 潤、水戸部 功、3人の現役ブックデザイナーが約400点の書籍を選定し解説

 デザイン誌『アイデア』の特集をベースに、時代を作り上げてきたブックデザイナーたちによるスペシャルトーク等を収録した本書。書籍化にあたり、誌面では取り扱わなかった2020年の新刊からの選書を各章に追加しました。

日本の商業出版とブックデザインの過去・現在・未来をより多層的な視点から考察しています。

【特別収録 ブックデザイントーク】
菊地 信義、鈴木 成一、佐藤 亜沙美、名久井 直子、祖父江 慎

\\『アイデア』最新号 紹介ページはこちら//
★『アイデア No.394 2021年7月号』★

https://www.seibundo-shinkosha.net/magazine/art/63814/

【目次抜粋】
・ブックデザイン史から出版史を描くこと
・第1章 紙上のポリフォニー
・第2章 タイトル・ブリコラージュ
・第3章 言葉/図形・象形の境域
・第4章 ブックデザイン・オールドスクール
・第5章 イメージの闘技場
・ブックデザイントーク篇

【著者プロフィール】
長田 年伸(ながた・としのぶ)
1980年東京都生まれ。デザイナー/編集者。中央大学で中沢新一の薫陶を受け、春風社編集部を経て、朗文堂新宿私塾でタイポグラフィを学ぶ。日下潤一のアシスタントを務め2011年に独立。

川名 潤(かわな・じゅん)
1976年千葉県生まれ。デザイナー。プリグラフィックスを経て2017年川名潤装丁事務所設立。多数の書籍装丁、雑誌のエディトリアル・デザインを手がける。

水戸部 功(みとべ・いさお)
1979年生まれ。デザイナー。2002年多摩美術大学卒業。大学在学中より装丁の仕事を始め、現在に至る。2011年、第42回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

【書籍概要】
書 名:現代日本のブックデザイン史 1996-2020
編 者:長田 年伸、川名 潤、水戸部 功
仕 様:B5判、254頁
定 価:3,300円(税込)
発売日:2021年8月18日(水)
ISBN:978-4-416-52130-4

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/art/65308/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 雑誌『アイデア』の特集が、新規コンテンツを加えて待望の書籍化!《 25年の出版史をビジュアルで振り返る。》