ビューティーコンサルタント、カスタマイズできるコスチュームへと一新 ~最多192通りのバリエーション~

 資生堂は、店頭で応対・接客を行う国内ビューティーコンサルタント(以下BC)のコスチュームを、2018年7月1日(日)より、リニューアルします(デパートは除く)。お客さまと接するさまざまなシーンと自身の個性に合わせて、全19アイテム※を組み合わせた192通りのバリエーションの中から、日々選択して着用することができます。今回のコスチュームは、BCの声を生かして、トレンドやファッション性、アイディアを取り入れており、BCによる投票のもと、デザインを決定しました。BCの個性を生かしながら、美容のプロフェッショナルとしてカウンセリング力・技術力・接遇力をさらに磨き、多様化するお客さまにパーソナルな美の提案を行います。
※ジャケット3種、トップス8種、ボトムス6種、コサージュ・ベルト各1種


《コンセプト》
 美の価値観が多様化している現在、自分らしさを表現し個性を演出する時代へと変化してきています。店頭で接客するBCも、自分らしい美しさを表現しながら、より身近に魅力的に思っていただくことを目指しています。資生堂のシンボルカラーである「レッド」をアクセントにした192通りのバリエーションの中から、自身の個性に合わせて選べるようになり、より楽しく生き生きとお客さまをお迎えします。



<ご参考>

《資生堂ビューティーコンサルタントについて》
 資生堂 ビューティーコンサルタント(BC)は、「いつまでも美しくありたい」と願う女性たちの願いをかなえるために、「化粧品を通じて美しくなっていただく提案」を行っています。毎月さまざまな研修やセミナーに参加し、プロのカウンセラーとしての専門的な知識に基づいた「カウンセリング力・技術力」、そしてお客さまにご満足いただくための「おもてなしの心」を学び、日々の活動を通して研鑽しています。


 BCのルーツは、1934(昭和9)年に誕生した「ミス・シセイドウ」に遡ります。当時、250名の中から選ばれた 9名の「ミス・シセイドウ」たちは、集中的な教育の受講後、全国主要都市にて「近代美容劇」という芝居形式で、資生堂が提唱した当時の新しい「美容法」を伝える美の伝道者となりました。この「ミス・シセイドウ」が持っていた、一人でも多くの方に美しさを届けたいという志が、80年以上を経て活動の舞台がグローバルになっても変わらない BC活動の原点です。



▼ ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002473&rt_pr=trb51

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=trb51
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. ビューティーコンサルタント、カスタマイズできるコスチュームへと一新 ~最多192通りのバリエーション~