木村拓哉が「TVガイドAlpha」の表紙に登場! 2020年もエンタメ界の最前線を走り続けた彼の“Keynote=基調”となる思いとは

「TVガイドAlpha EPISODE KK」11月30日(月)発売

「TVガイド」などのテレビ情報誌を発刊する東京ニュース通信社は、ハイグレードなグラビアと深掘りしたインタビューをフィーチャーしたビジュアルマガジン「TVガイドAlpha」の最新号「EPISODE KK」を本日11月30日(月)に発売しました。全国の書店、ネット書店にてご購入いただけます。

「TVガイドAlpha EPISODE KK」(東京ニュース通信社刊)「TVガイドAlpha EPISODE KK」(東京ニュース通信社刊)

写真集のようなビッグサイズの判型が特徴的な「TVガイドAlpha」。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、2016年11月に「A」から始まった本誌は、「Z」を経て2周目に突入。2度目の「K」となる「KK(ダブルケー)」のカバーには、新春スペシャルドラマ「教場Ⅱ」(フジテレビ系)に主演する木村拓哉が登場する。


今年1月に放送された前作では、冷酷無比な警察学校の教官・風間公親を圧倒的な存在感で演じ、その新境地ともいえる作品への挑戦が大きな反響を呼んだ木村。新たなキャストを迎え、約1年ぶりに挑んだ続編への思い、そして撮影秘話をインタビューで語る。その眼差しには、ほとばしる情熱と、現場で共に作業をする同志への信頼と深い愛が溢れていた。さらに、激動の2020年も歩みを止めずエンタメ界の最前線を走り、「STAY SAFE!!」と叫び続けた彼の、“Keynote=基調”となっていた思いを聞く。

また、今号には、「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」(WOWOWプライム)に出演中の加藤シゲアキが登場。アーティスト、作家、役者と、さまざまな顔を持つ彼の心の扉を“knock=強く叩く”ものとは。そのほか、Kis-My-Ft2より二階堂高嗣&北山宏光、King & Princeより岸優太神宮寺勇太、Snow Manの目黒蓮明日海りお西川貴教THE RAMPAGE from EXILE TRIBE美 少年なにわ男子といった豪華な面々の、ビッグサイズの判型を生かした大迫力のグラビア&独自インタビューも。

さらに、「アラフェス 2020 at 国立競技場」のリポートも掲載するほか、昨年大ヒットした映画「ザ・ファブル」の最新作の撮影現場密着もお届け。主演・岡田准一が、共演者にアクションを熱血指導する姿を捉えた。
 
スーパーアイドル・光GENJIの解散から25年。内海光司佐藤アツヒロによるプレミアムなグラビア&インタビューも見逃せない。
 
  • ラインナップ
​<表紙&巻頭グラビア>
木村拓哉

作品、そして共演者へ。静かにほとばしる“心からの”熱い想い。

加藤シゲアキ
社会派ドラマに出演。彼の“心を震わせる”ものとは。

二階堂高嗣×北山宏光
原案、主演と新たな挑戦を。2人だからこそ“分かる”それぞれの魅力。

岸優太×神宮寺勇太
同じグループでデビューし、舞台「DREAM BOYS」を引き継いだ2人。彼らの間にある”運命”とは。

目黒蓮
スペシャルドラマ「教場Ⅱ」出演。今、最も求められる彼の“愛情表現”に迫る。

明日海りお
宝塚歌劇団退団後、初舞台に挑む。“揺るがぬつながり”をその言葉に感じて。

西川貴教
ミュージシャン、俳優、実業家…。肩書に収まらない“さまざまな色”で魅せる彼の真意。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
ラブバラードをリリース。“思いやり”に溢れた16人の絆。

美 少年
移り変わる時代の“流行”を捉えながら、伝統を継承していく存在。

なにわ男子
関西から全国的な活躍へ。愛され男子たちの“愛される所以”を知る。

<PREMIUM GRAVURE>
内海光司×佐藤アツヒロ

解散から25年、今、再び“燃え上がる”ー。光GENJIの2人が奇跡の共演。

<Report>
嵐[アラフェス 2020 at 国立競技場]
岡田准一[ザ・ファブル 殺さない殺し屋]


【商品概要】
「TVガイドAlpha EPISODE KK」
●発売日 : 11月30日(月)※一部、発売日が異なる地域がございます
●定 価 : 本体836円+税
●表 紙 : 木村拓哉
全国の書店、ネット書店(honto<https://honto.jp/netstore/pd-book_30662714.html>ほか)にてご購入いただけます。

【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook<https://zasshi.tv/
■公式インスタグラム:@tvguide_alpha
■公式Twitter:@tvguide_alpha

◆TVガイドAlphaについて
本誌の最大の特徴は、B4変型サイズ(330×238)という超ビッグサイズな雑誌サイズに、圧倒的迫力のグラビアが並ぶところ。写真集のようなハイグレードなグラビアと、内面に深く迫るインタビューをフィーチャーしたビジュアルマガジンとなっております。

タイトルの「Alpha(アルファ)」には「Alphabet」と「α」という2重のメッセージが込められていて、「α」は「それ以上の幾らか」という意味を持ちます。それは、“TVガイド以上”、“TVガイドの先”を目指すことを意味しています。

本作はタイトルの「Alpha」が表すように、毎号アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する最も旬な人やグループを、今の時代の旬なカメラマンが、こだわり抜いた世界観で撮り下ろします。

2016年に「A」からスタートした本誌も昨年末に「Z」を迎えて、A~Zを一周。2020年、2周目に入り「AA(ダブルエー)」として新たなスタートをきりました。今号は「 KK(ダブルケー)」になります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. 木村拓哉が「TVガイドAlpha」の表紙に登場! 2020年もエンタメ界の最前線を走り続けた彼の“Keynote=基調”となる思いとは