【ウェスティンホテル横浜】横浜市内の施設としては11年ぶりの快挙  館内の消防システムが「優良消防用設備等」として消防庁長官賞を受賞

聴覚障がい者や海外からの宿泊者に配慮した安全性に高い評価

本年6月に横浜・みなとみらい21地区内に開業したばかりの新世代の「ウェルネスホテル」、ウェスティンホテル横浜(英語表記:The Westin Yokohama、総支配人:リチャード・スーター)は今月4日、館内の「光警報装置及び多言語対応放送設備を用いた避難誘導システム」が「優良消防用設備等」として、その安全性を高く評価され、総務省消防庁によりオーナー企業である積水ハウス株式会社と連名で表彰されました。横浜市内の施設では2011年以来の表彰となり、表彰式には当ホテルの総支配人、リチャード・スーターも参加いたしました。

消防庁では毎年、消防行政に功労のあった者や他の模範となる優れた消防用設備等を表彰しており、当ホテルは「優良消防用設備等」の部門で、「建物の防火安全性を向上させ、他の規範となる設備」として東京オリンピック・パラリンピック選手村宿泊棟など3件のうちの1件に選出され表彰を受けました。
 

当ホテルは、お客様と従業員の安心・安全を第一に考えたマリオット・インターナショナルグループの一定の基準に基づき、火災を知らせる光警報装置と多言語対応放送設備をバリアフリー対応客室、レストラン、宴会場等館内各所に多数配備し、非常時はフラッシュライトの光で聴覚障がいのある方に何かあったことを知らせると共に、3か国語(日本・英語・中国)による火災時非常放送により、海外からの宿泊者にも素早く伝えるシステムを導入しております。

これらのシステムは、車椅子のままご利用いただける「アクセシブルルーム」に置かれた3か国語のパンフレットでもご案内しており、国籍や言語、障がいの有無等に関係なく、どなたでも安心してご宿泊いただけるよう万全の安全管理を期しております。

参考:「令和4年度消防設備関係功労者等に係る消防庁長官表彰」総務省報道資料
https://www.soumu.go.jp/main_content/000840648.pdf

 ウェスティンホテル&リゾートについて
ウェスティンホテル&リゾートは、10年以上にわたりホスピタリティにおけるウェルネスの分野を世界で牽引し、ブランドのウェルビーイングを構成する6つの柱、Sleep Well、Eat Well、Move Well、Feel Well、Work Well、Play Wellを通じ、ゲストが旅行中に旅の疲れを乗り越えられるよう尽力しています。約40の国と地域に225軒以上のホテルやリゾートを展開し、ブランドを象徴し受賞歴を誇るヘブンリーベッド、革新的なギアレンディングプログラムや、ブランドを代表するフィットネススタジオであるWestin WORKOUT® 内のTRXのジム設備、美味しく栄養豊富なお食事メニューなど、ゲストに幅広いウェルネスサービスをご体験いただけます。詳細については、www.westin.comをご覧ください。また、Facebook(facebook.com/Westin)、Twitterや Instagram (@westin)で最新情報をご案内しています。ウェスティンは、マリオット・インターナショナルのグローバル・トラベル・プログラムであるMarriott Bonvoy®(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoyは会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、MarriottBonvoy.marriott.comをご覧ください。

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マリオット・インターナショナル >
  3. 【ウェスティンホテル横浜】横浜市内の施設としては11年ぶりの快挙  館内の消防システムが「優良消防用設備等」として消防庁長官賞を受賞