「恐ろしくも幸福な虚構」星野智幸が描く異色の11編 『植物忌』5月7日発売

朝日新聞出版では、2021年5月7日(金)に星野智幸さんの新刊『植物忌』を発売いたします。本書は、著者が10年以上にわたって書き続けてきた「植物」を題材にした珠玉の短編に、書きおろし作品を加えた11編からなる小説集です。

植物へ植物へ、ヒトが溶けて滲み出す。これは多方向的で悦ばしい『変身』の群。
――いとうせいこうさん推薦!


草木を皮膚に植えるうちに人間が植物化していく「スキン・プランツ」、お花見に出かけた恋人たちが桜の木にのみ込まれていく「桜源郷」、喋る植物の作出によって逆に人間が言葉を失っていく「喋らん」など、人間と植物の境界が曖昧になっていく虚構が描き出されています。人間としての存在が溶け出していく様には恐ろしさがありますが、同時に言葉にできない多幸感も漂います。

また、装画は新進気鋭の若手画家・瀬川祐美子さんに担当いただきました。本書の世界観からインスピレーションを得て描かれた完全新作です。装幀家・鈴木千佳子さんとのコラボレーションによるブックデザインにもぜひご注目ください!

■収録作品
避暑する木/ディア・プルーデンス/記憶する密林/スキン・プランツ/ぜんまいどおし/植物転換手術を受けることを決めた元彼女へ、思いとどまるよう説得する手紙/ひとがたそう/始祖ダチュラ/踊る松/桜源郷/喋らん
・あまりの種― あとがき

■星野智幸 (ほしの・ともゆき)
1965年、米ロサンゼルス生まれ。早稲田大学卒。新聞社勤務を経て、97年、『最後の吐息』が文藝賞を受賞しデビューする。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、03年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、11年『俺俺』で大江健三郎賞、15年『夜は終わらない』で読売文学賞、18年『焔』で谷崎潤一郎賞を受賞。ほか『植物診断室』『呪文』『未来の記憶は蘭のなかで作られる』『のこった もう、相撲ファンを引退しない』『だまされ屋さん』など著書多数。

≪イベント開催も決定!≫
星野智幸(作家)×瀬川祐美子(画家)×山﨑のりこ(ショコラティエ)
『植物忌』とアートとショコラの展覧会「光合成しちゃう?」
小説から生まれたアート作品とショコラを一緒に味わう展覧会です。

会 期:2021年5月27日(木)~6月1日(火)12~19時
会 場:HYPERMIX(門前仲町)8階 入場料:500円(ショコラ1粒付き)
  • 5月29日(土)には3名によるトークイベント(参加料1000円)も行います。詳細とチケットのご購入は https://bit.ly/3sB8KOx よりご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染状況により内容が変更になる場合がございます


『植物忌』
著者:星野智幸
定価:1760円(本体1600円+税10%)
発売日:2021年5月7日(金曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/4022517603
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 「恐ろしくも幸福な虚構」星野智幸が描く異色の11編 『植物忌』5月7日発売