頭蓋顎顔面デバイス市場ー製品別(頭蓋皮弁固定、CMF伸延、胸部固定、MFプレートおよびネジ固定)、アプリケーション別、材料別、および地域別–分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「頭蓋顎顔面デバイス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年06月 15日 に発刊しました。レポートには、今後数年間で頭蓋顎顔面デバイス市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と(市場の製品)の全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10293988
頭蓋顎顔面デバイス市場は、2022年に1,843百万米ドルの市場価値から2030年末までに3,117百万米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に7.8%のCAGRで拡大すると予測されます。

 フェイシャルデバイスは美容整形の一部であり、主に顔の輪郭と外観を改善するために使用されます。頭蓋顎顔面(CMF)デバイスは、顔、口、頭蓋骨、および関連する構造の外科的処置中に使用され、より良い解剖学的構造を提供することを目的としています。CMFデバイスの市場は、主に交通事故の継続的な増加によって推進されています。世界保健機関(WHO)の2015年の交通安全に関するグローバルステータスレポートによると、交通事故により、世界中で毎年約125万人の死者が記録されています。スポーツ(80%以上)による顔面骨折の発生率の増加は、鼻と歯の怪我を引き起こし、予測期間中にこれらのデバイスの需要を刺激します。

市場の成長に影響を与える主要なマクロ経済指標

一人当たりの世界の医療費、(USD)、2015-2018年

 

ソース: W.H.O.
さらに、技術の進歩は成長する市場で重要な役割を果たします。多くの企業が、大規模な顧客ベースを獲得するために、高度なバージョンのフェイシャルデバイスを考案しています。2014年1月、MedartisAGは遠位尺骨プレート2.5を発売しました。2014年1月、Medartis AGは、骨折固定事業での製品提供を拡大するために、遠位尺骨プレート2.5(頭蓋固定手術で使用される製品)を発売しました。

このようなイニシアチブは、エンドユーザーによる頭蓋顎顔面デバイスの需要の急増が見込まれ、市場の大幅な成長につながります。低侵襲手術に対する需要の高まり、この市場に投資する企業の数の増加、製品の認知度の向上、政府からの支援など要因も、市場成長の潜在的な推進要因として機能しています。しかし、高コストと適切な償還の欠如は、市場の成長を妨げると予測されます。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。

市場セグメンテーション洞察

頭蓋顎顔面デバイス市場は、製品別(頭蓋皮弁固定、CMF伸延、胸部固定、MFプレートおよびネジ固定)、アプリケーション別(製造業者、病院、政府および地域の機関および研究、組織、コンサルタント、販売業者)、材料別(生体吸収性、金属、セラミック)、および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

 

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。

北米やヨーロッパなどの先進地域は、技術の進歩、顔面インプラントの需要の高まり、政府の積極的なイニシアチブにより、市場全体の最大のシェアを占めています。CMF手術とそれに関連する利点に関する意識を高めるための米国頭蓋顔面手術学会(ASCFS)の設立は、これらの地域でのCMFデバイスの需要を推進することが期待されています。

一方、CMFデバイスの使用に関して外科医や医師に知識を提供することを目的としたアジア太平洋頭蓋顔面協会などの組織の設立は、アジア太平洋市場の成長を後押しすると期待されています。

2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。

市場は、地域に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。頭蓋顎顔面デバイス市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。
市場主要企業
レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。頭蓋顎顔面デバイス市場におけるMedartis AG, Stryker Corporation, Zimmer Biomet, Medtronic plc, Johnson & Johnson and TMJ Concepts are operatingなどキープレーヤーを含む市場のキープレーヤーにさらに焦点を当てています。Johnson and Johnson は、この市場で大きなプレーヤーであると考えられています。医療機器会社であるDePuySynthesの買収は、同社がこの市場でのプレゼンスを拡大するのに役立っています。Stryker Corporation、Zimmer Biomet、OsteoMed、KLS Martin Groupなどの企業は、積極的なマーケティング戦略と重要なプレゼンスにより、この市場で強力なプレゼンスを示しています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/craniomaxillofacial-devices-market/10293988

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 頭蓋顎顔面デバイス市場ー製品別(頭蓋皮弁固定、CMF伸延、胸部固定、MFプレートおよびネジ固定)、アプリケーション別、材料別、および地域別–分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年