【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】神戸港を見守る日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」2022年11月1日 (火) 灯台記念日に一般公開

HMJ
神戸メリケンパークオリエンタルホテル(所在地:兵庫県神戸市中央区、総支配人:松岡 正)は、1995年の阪神・淡路大震災で被災した旧オリエンタルホテルから受け継いだ、日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」を2022年11月1日(火)の灯台記念日に一般公開いたします。この灯台は海上保安庁から正式に認可を受けており、神戸港を見守り続けてきました。当日は灯台のあるホテル最上階からの眺望、旧オリエンタルホテルから引き継いだ「昭和天皇の歌碑」もご覧いただけます。

神戸メリケンパークオリエンタルホテル神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 

日本で唯一ホテルに建つ公式灯台日本で唯一ホテルに建つ公式灯台



 
  • ≪ 灯台公開の概要 ≫

【日時】2022 年 11月 1日(火)15:00~17:00
【場所】 館内当ホテル14階 バルコニー
【お問い合わせ】TEL.078-325-8111(ホテル代表)
【URL】https://www.kobe-orientalhotel.co.jp/story/index02.phphttps://www.kobe-orientalhotel.co.jp/
※上記時間内どなたでもご見学いただけます。
※予約不要、参加費無料
※雨天時決行、荒天時中止
※状況により、公開中止させていただく場合がございます。最新情報につきましては随時ホテル公式サイトよりご案内いたします。


神戸メリケンパークオリエンタルホテル 灯台の歴史について
1964年、旧「オリエンタルホテル」が神戸市中央区京町に移転した際  “港町・神戸のシンボルに” と、日本で初めてホテルの屋上に設置。1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災で旧「オリエンタルホテル」は被災し、営業停止休止をやむなくされました。しかし、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルへの継承が決定。1995年(平成7年)7月7日、神戸メリケンパークオリエンタルホテルのオープニングレセプションの日、午後7時7分に777発の花火とともに灯台は点灯を再開しました。その日から灯台は、一日も休むことなく神戸港を行き交う船の安全を見守り続けています。



<参考資料>

旧オリエンタルホテル旧オリエンタルホテル

【 旧「オリエンタルホテル」の歴史 】
 オリエンタルホテルは何度も移転を繰り返し、1964年(昭和39年)には京町25番地へ移転。その際、第5代社長に就任していた日本郵船の安部正夫氏が、“港街・神戸のシンボルに”という想いのもと、日本で初めてホテルの敷地内に建つ公式灯台が設置されました。1995年(平成7年)1月17日に阪神淡路大震災が発生し、ホテルは全壊、営業停止となりました。


 

 

昭和天皇の歌碑昭和天皇の歌碑

【 灯台とともに、旧「オリエンタルホテル」から受け継いだもの】
・昭和天皇の歌碑
1956年(昭和31年)に昭和天皇がご来神された際、御宿舎である旧「オリエンタルホテル」の屋上から、神戸みなと祭・海上提灯行列の夜景をご覧になられた印象を、翌年(昭和32年)、宮中歌会始の儀に「灯」の御題のもとにお詠みになられた歌碑は、灯台とともにホテル14階南側バルコニーに設置しております。

《 歌の内容》                                                                                                                            
「港まつり  光りかがやく夜の舟に  こたへてわれも  ともしびをふる」

 

鬼瓦鬼瓦

・鬼瓦
1964年(昭和39年)、日本最古級の西洋式ホテルとされる 旧「オリエンタルホテル」が京町25番地に移転しホテル建物が新築された際、ホテルのアッパーラウンジの壁面に2体の巨大な「鬼瓦」が設置されました。
阪神淡路大震災を機に受け継いだこの「鬼瓦」は、神戸メリケンパークオリエンタルホテルの 4階 宴会場フロアの壁面に設置されましたが、2014年6月に宴会場のリニューアルを機に鬼瓦は一旦撤去され、ホテル内の倉庫にて保管。
神戸開港150年を迎えた2017年、ホテル正面玄関 神戸の街に向いた位置に設置することで、神戸の平和を護り続けるシンボルとして役立てたい、また、震災復興の証として震災の年に多くの皆さまの協力を得て開業し、神戸とともに歩んできたホテルとして受け継がれた文化を継承したいとの思いのもと、再設置いたしました。2017年12月7日に除幕式を実施し、現在、どなたでもご覧いただけるようになっています。 


■神戸メリケンパークオリエンタルホテルについて
阪神淡路大震災で被災し閉鎖された旧オリエンタルホテルを継承し、1995年に周囲270度を海に囲まれたロケーションに誕生したリゾートホテル。神戸ポートタワーや神戸海洋博物館など誰もが一度は見たことのある神戸らしい風景を望み、全客室に設けられたバルコニーからはきらめく海や街の夜景など時間ごとに変わる景色を一望。潮風を浴びながら、まるで優雅な船旅のようなご滞在をお楽しみいただけます。日本初であり国内唯一のホテル内灯台は旧オリエンタルホテルより移設され現在も神戸港を照らしています。

■オリエンタルホテルズ&リゾーツとは
オリエンタルホテルズ&リゾーツは、株式会社ホテルマネージメントジャパンが運営するホテルチェーンブランドです。それぞれの地域の個性を活かして、お客様に発見や感動を届けることを目指し、「オリエンタルホテル」を中心に、各種ブランドをはじめ東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテルなど全国16施設、4,450室を展開しています。https://www.oriental-hotels.com

■株式会社ホテルマネージメントジャパン 会社概要
株式会社ホテルマネージメントジャパンは、国内22ホテル、6,730室のホテルを運営するホテル経営会社です。全国各地で「オリエンタル」、「ヒルトン」、「ホリデイ・イン」など、国内外のブランドをはじめ東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテルなど多種多様なホテル経営を行っています。

※グループホテル数:22/グループホテル総客室数:6,730室/グループホテル総従業員数:2,235名(2022年9月現在)
※国内22ホテル
ヒルトン成田(千葉県成田市/ 548室)、インターナショナルガーデンホテル成田(千葉県成田市/ 463室)、オリエンタルホテル 東京ベイ(千葉県浦安市/ 511室)、ヒルトン東京お台場(東京都港区/ 453室)、ホテル オリエンタル エクスプレス 東京蒲田(東京都大田区/ 158室)、ホテル オリエンタル エクスプレス 名古屋栄(名古屋市中区/ 252室)、オリエンタルホテル京都 六条(京都市下京区/ 166室)、ホテル日航奈良(奈良県奈良市/ 330室)、ホテル オリエンタル エクスプレス 大阪心斎橋(大阪市中央区/ 124室)、ホリデイ・イン大阪難波(大阪市中央区/ 314室)、なんばオリエンタルホテル(大阪市中央区/ 258室)、オリエンタルホテル ユニバーサル・シティ(大阪市此花区/ 330室)、オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう(大阪府泉佐野市/ 258室)、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区/ 323室)、シェラトングランドホテル広島(広島市東区/ 238室)、オリエンタルホテル広島(広島市中区/ 227室)、オリエンタルホテル福岡 博多ステーション(福岡市博多区/ 221室)、ホテル オリエンタル エクスプレス 福岡天神(福岡市中央区/ 263室)、ホテル オリエンタル エクスプレス 福岡中洲川端(福岡市博多区/ 183室)、オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ(沖縄県名護市/ 361室)、ホテル日航アリビラ(沖縄県読谷村/ 397室)、沖縄ハーバービューホテル(沖縄県那覇市/ 352室)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HMJ >
  3. 【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】神戸港を見守る日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」2022年11月1日 (火) 灯台記念日に一般公開