CRISPR技術市場ー製品別(酵素、キット、gRNA、ライブラリ、設計ツール)、サービス別、アプリケーション別(生物医学、農業、産業など)、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.が「CRISPR技術市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月28日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61664
CRISPR技術市場は、2022年に1,097百万米ドルの市場価値から、2030年までに5,230百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に25%のCAGRで成長すると予想されています。
 

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/crispr-technology-market/61664

CRISPRはゲノムを編集するためのツールとして定義されています。これは、微生物などの原核細胞に見られるDNA配列のグループに属しています。CRISPR技術は、汚染中に微生物からDNAを識別し、後でそれを破壊するために使用されます。この技術により、ゲノムの特定の場所で遺伝物質を追加、削除、または変更することができます。これらの特定の取り決めは、原核生物のファージ保護システムにおいて重要な役割を果たします。CRISPR技術市場の成長は、資金調達や民間投資の増加、CRISPR技術の採用の増加などのさまざまな要因によって推進されています。また、遺伝性疾患の症例数の増加、および癌の治療に使用できるCRISPR技術などの高度な治療法の必要性の高まりは、CRISPR技術市場の成長に影響を与える要因です。しかし、代替技術の存在はCRISPR技術市場の成長を妨げる可能性があります。

CRISPR技術市場セグメント

CRISPR技術市場は、製品とサービス別(製品、サービス)、製品別(酵素、キット、gRNA、ライブラリ、設計ツール)、サービス別(gRNA設計とベクター構築、細胞株エンジニアリング、スクリーニングサービス、およびその他)、アプリケーション別(生物医学アプリケーション、農業アプリケーション、産業アプリケーション、生物学的研究)、エンドユーザー別(製薬・生物製薬会社、学術機関、 CRO)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

CRISPRサービスセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

製品とサービス別では、CRISPRサービスセグメントはCRISPR技術市場で急成長しているセグメントです。サービスに基づいて、CRISPRサービスセグメントはgRNA設計とベクター構築、細胞株エンジニアリング、スクリーニングサービス、およびその他のCRISPRサービス(仲介トランスクリプトーム編集およびエピゲノム編集サービス)に分割されます。細胞株エンジニアリングサービスセグメントは、最も高い成長率が見込まれています。

アプリケーションに基づいて、生物医学アプリケーションセグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予測されます。

CRISPRの主な生物医学的応用には、遺伝子治療、創薬、および診断が含まれます。最近、世界中でさまざまな遺伝子治療の臨床試験が進行中です。この要因は、このセグメントでのCRISPRテクノロジーの採用を促進すると予想されます。創薬アプリケーションでは、CRISPRを使用して、臨床設定との相関性が高い、より生理学的に関連性の高いモデル(細胞株および動物モデル)を開発し、それによって初期段階での薬剤候補の失敗を減らします。CRISPRが内因性遺伝子を修飾する能力は、過剰発現に依存するのではなく、内因性タンパク質とともに標的に対する薬物の効果を研究するのに役立ちます。

CRISPR技術市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域のCRISPR技術市場は、予測期間中に最高の成長率を記録すると予想されます。最近、144の遺伝子および細胞治療会社がAPACに拠点を置いており、将来的にCRISPR技術を使用できる可能性があります。中国では、CRISPRを使用した遺伝子編集が強力な政府資金を集めています。中国は、CRISPR-Cas9を使用してヒト胚の編集を許可した最初の企業のひとつでしたが、米国とヨーロッパの国々はそれを禁止しました。この要因は、この地域のCRISPR技術市場の成長を推進しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
CRISPR技術市場の主要なキープレーヤー

CRISPR技術市場の主要なキープレーヤーには、Thermo Fisher Scientific(米国)、Merck KGaA(ドイツ)、GenScript Biotech Corporation(米国)、Horizo​​n Discovery(英国)、Agilent(米国)、Cellecta(米国)、GeneCopoeia、Inc.(米国)、New England Biolabs(米国) 、Integrated DNA Technologies(米国)、OriGene(米国)、Synthego(米国)、Toolgen(韓国)などがあります。この調査には、CRISPR技術市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61664

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. CRISPR技術市場ー製品別(酵素、キット、gRNA、ライブラリ、設計ツール)、サービス別、アプリケーション別(生物医学、農業、産業など)、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年