美ジネスマンの新習慣! お風呂で使えるスキンケア”スキンセラムモイスチャー”誕生 ~2018年9月上旬発売~

 資生堂は、若者を大人へと導くメンズブランド「uno」から、洗顔やひげそり後、お風呂の中で使える高保湿スキンケアの「スキンセラムモイスチャー」(1品目1品種)を2018年9月上旬より発売します。

◆ 洗顔・ひげそり後、お風呂の中で濡れた手のまま顔に塗布し、うるおいチャージ。
◆ シャワーで洗い流してもうるおいが肌に残る、これ1つでOKの高保湿スキンケアを発売。


《発売背景・商品特長》
 男性のスキンケア意識は年々高まっており、15年~17年+4.6%※1 で伸長し続けているカテゴリーです。「uno」では、16年秋に発売した、男性用オールインワン売上No.1※2 であるオールインワンジェルクリーム「クリームパーフェクション」と、その進化版として18年春に「UVパーフェクションジェル」を発売し、男性のスキンケア使用の促進に成功しています。しかし、男性のスキンケア使用率はまだ低く、約3割※3 に留まっています。
 その一方で、約7割※4 の男性がお風呂で洗顔を行い、約4割※5 お風呂でひげそりを行うなど、どんなに面倒くさがりな男性でも顔まわりの基本的なケアを「お風呂」の中でだけは行っていることが分かっています。
 「スキンセラムモイスチャー」は、そんな男性の日常の生活シーンにとり入れやすい「お風呂の中で使えるようになった」新しいスキンケアです。保湿成分が肌に留まりしっかりとうるおいをチャージ。洗顔・ひげそりの直後に濡れた手のままで使え、シャワーで洗い流しても肌にうるおいを残します。毎日忙しいビジネスマンが、簡単に肌をケアでき、肌で勝負できる自信を提供します。
※1 インテージSRIデータ男性化粧品(フェースケア) 数字は2015~2017年の3年間平均
※2 インテージSRIデータ男性化粧品(フェースケア)オールインワン(化粧水、乳液等 複数剤型包含アイテム)内2017/6~2018/5
※3 資生堂調べ n=1500、15~69歳男性、数字は化粧水最近1年使用率のデータ、17年3月実施
※4,5 資生堂調べ n=3000、10~60代男性、数字は洗顔使用者の数字 17年7月実施

【商品一覧】全1品種1品目
<商品名>ウーノ スキンセラムモイスチャー
<分類>美容液
<容量>180mL
<品種>1種
<価格>オープン価格

【商品概要】
■商品名・容量・価格

ウーノ スキンセラムモイスチャー
<美容液>
180mL
オープン価格

■商品特長
洗顔・ひげそり後0秒でうるおいチャージ
濡れた手でも使える、高保湿美容液


◆保湿成分を抱え込み、肌に留まりしっかりうるおいます。
◆Wヒアルロン酸※配合
◆ノンメントール
◆みずみずしいシトラスグリーンの香り(微香性)
※(保湿)ヒアルロン酸Na,アセチルヒアルロン酸Na


▼ ウーノ ブランドサイト
http://www.shiseido.co.jp/uno/?rt_pr=trb72

▼ ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002492&rt_pr=trb72

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=trb72
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 美ジネスマンの新習慣! お風呂で使えるスキンケア”スキンセラムモイスチャー”誕生 ~2018年9月上旬発売~