楽天マガジン、「雑誌(電子雑誌を含む)の購読状況に関する調査」の結果を発表

- 「情報が分かりやすくまとまっている」や「良質な情報を得られる」などの項目で「雑誌(電子雑誌を含む)」がトップ3にランクイン。今なら「楽天マガジン」の62日間無料キャンペーンで雑誌が手軽に読めるチャンス -
 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営する電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」は、子育て中のママ・パパを対象とした「楽天市場」の会員プログラムである「楽天ママ割」のメンバー1,000名を対象に行った「雑誌(電子雑誌を含む)の購読状況に関する調査」の結果を、本日発表しました。

【調査概要】
・名称: 「雑誌(電子雑誌を含む)の購読状況に関する調査」
・期間:  2020年5月7日(木)~5月13日(水)
・対象: 「楽天ママ割」のメンバー1,000名(女性:909名、男性:91名)
・方法:  インターネット調査

【調査結果の主なポイント】(注)
●「情報が分かりやすくまとまっている」や「良質な情報を得られる」などの項目で
  「雑誌(電子雑誌含む)」がトップ3にランクイン。「SNS」や「ウェブ」よりも高い結果に。

●子育て中のママ・パパの多くが、「読みたい雑誌」は1か月あたり平均で約3冊あるにもかかわらず、
 「実際に読んでいる雑誌」は平均1.6冊と回答。また、雑誌を読む際は「気になった特集だけを読みたい」
 「その日の気分に合わせて読みたい」という回答が最多。

●育児中に雑誌(電子雑誌含む)を読む際のポイントは、スキマ時間で効率的に読めること。

(注)詳細は、「【調査結果の詳細】」欄をご確認ください。


【今なら「楽天マガジン」の62日間無料キャンペーンで、雑誌450誌以上が読めるチャンス】
https://magazine.rakuten.co.jp/cpn/mama/200601/
 「楽天マガジン」は、ファッションやビジネス、グルメ・トラベルジャンルなどの主要雑誌から専門誌まで、13ジャンル450誌以上(2020年2月時点)の雑誌を読める楽天グループの電子雑誌読み放題サービスです(購読月額380円/年額3,600円:ともに税抜)。
 2020年6月1日(月)10:00 から2020年7月1日(水)9:59までの期間中、申込日から62日間無料で「楽天マガジン」を試せる「楽天マガジンの無料お試し期間が31日から62日に延長!キャンペーン」を実施しています。「楽天マガジン」では、初回登録時のみ無料お試しキャンペーン(31日間無料)を常時行っていますが、今回、申込時に指定のクーポンコード(mamamagazine2006)を入力することで、期間限定で無料お試し期間を62日間に延長します。育児の合間に、スマホやタブレットから効率よく情報収集をしたいママ・パパに、手軽に電子雑誌を楽しめる機会を提供します。育児関連に加えて、家事・料理やマネー、旅行・お出かけ、ファッション関連など、13ジャンルの雑誌の最新号やバックナンバーが読み放題となります。また、気になったキーワードで記事を検索することもでき、スキマ時間を有効活用できます。


【調査結果の詳細】
●「情報が分かりやすくまとまっている」や「良質な情報を得られる」などの項目で、「雑誌(電子雑誌を含む)」がトップ3にランクイン
 「情報を集める手段として、あなたの行動や考えに当てはるもの(複数回答)」という質問に対する結果として、「情報が分かりやすくまとまっていると思う」は、「TV」(28.1%)、「雑誌(電子版を含む)」(27.5%)、「ニュースアプリ」(26.4%)となりました。また「質の良い情報が得られると思う」という質問については、「TV」(25.8%)、「雑誌以外の書籍」(25.4%)、「雑誌(電子版を含む)」(22.7%)となっています。

 


●子育て中のママ・パパの多くが、「読みたい雑誌」は1か月あたり約3冊あるにもかかわらず、「実際に読んでいる雑誌」は1.6冊と回答。一方、「雑誌(電子雑誌含む)」を読む際は「気になった特集だけを読みたい」「その日の気分に合わせて読みたい」という回答が最多。
 「1か月あたり、何冊の雑誌(電子版含む)を読んでいますか。また、読みたいと思っていますか。」という質問に対しては、「1か月に読んでいる雑誌数」が1.6冊、「1か月に読みたいと思う雑誌数」が2.9冊という結果になりました。また、「ママ・パパになってから雑誌(電子版含む)を読む頻度に変化があったか(単一回答)」という質問については、「減った」もしくは「ほぼゼロになった」と回答した人の合計が51.4%という結果となり、多くのママ・パパが雑誌を読みたいと思っているにもかかわらず、実際に読む量が減っていることが分かりました。「雑誌(電子版含む)」からの情報収集について、あなたの考えに当てはまるものをお選びください。(複数回答)」と質問したところ、「気になった特集だけ読みたい」(86.2%)、「その日の気分に合わせて読みたい」(74.3%)といった回答が多いことから、子育て中は効率的に雑誌を読みたいというニーズがうかがえます。


●育児中に雑誌(電子雑誌含む)を読む際のポイントは、スキマ時間で効率的に読めること。
 「色々な雑誌を読んだり、気になった特集だけを読んだりするために大切だと思うポイントを全てお選びください。(複数回答)」と質問したところ、「じっくり読む時間が取れなくても、スキマ時間で読める」(70.7%)、次いで「自分の気になった情報にすぐたどり着ける」(66.0%)と回答した人が多いことが分かりました。

 また、「ママ・パパになってから、気になるようになった情報のジャンルはありますか。(複数回答)」という質問については、「家事・料理」(77.0%)が最も多く、その次に「マネー」(53.3%)、「旅行・お出かけ」(48.2%)という回答が続きました。多くのママ・パパが育児中の「家事」や「料理」に関心を寄せていることが分かりました。
 

【「楽天マガジンの無料お試し期間が31日から62日に延長!キャンペーン」概要】

■キャンペーン名称 : 「楽天マガジンの無料お試し期間が31日から62日に延長!キャンペーン」
■キャンペーンページ: https://magazine.rakuten.co.jp/cpn/mama/200601/
■キャンペーン期間 : 2020年6月1日(月)10:00 ~ 2020年7月1日(水)09:59
■キャンペーン内容 : 申込条件を全て満たす場合に、62日間無料で「楽天マガジン」をお試しできます。
■キャンペーン申込条件:
・「キャンペーン期間」中に、申し込み情報入力ページでクーポンコード「mamamagazine2006」を入力し、初めて「楽天マガジン」に申し込まれたユーザーが対象となります。

■注意事項:
・本キャンペーンの期間中にキャンペーンへのエントリーが完了し、初めて楽天マガジンに申し込みされた方のみが対象です。
・過去に「楽天マガジン」をご利用いただいたことがあるユーザーは対象外となります。
・1アカウントにつき、1回限り有効です。
・月額プランから年額プラン、または年額プランから月額プランへの変更は対象になりません。
・お客様都合によるキャンセルの場合はキャンペーン対象外となります。
・不正な申し込みの可能性を検知した場合、キャンペーンの適用ができない可能性があります。
・本キャンペーンは予告なく中止または延期させていただく場合があります。
・楽天マガジンで開催している他のキャンペーンと重複して対象となることはできませんので、ご注意ください。
・楽天マガジンで開催している他のキャンペーンと重複してご参加される場合、本キャンペーンが最優先での適用となり、他のキャンペーンの適用対象にはなりませんのでご注意ください。
・キャンペーンに参加していただくには、楽天への会員登録が必要です。
https://www.rakuten.co.jp/myrakuten/help/


■「楽天ママ割」とは: https://event.rakuten.co.jp/family/
出産予定日または子どもの誕生日を登録すると、楽天グループで使える割引クーポンや様々な特典が受けられる、妊娠中や子育て中のママ・パパを対象とした無料プログラムです。メンバー特典として、お子様の月齢に合わせた無料のサンプルBOXに毎月エントリーができるほか、ママ割メンバー限定のポイント倍増キャンペーンなどの特典が無料で受けられます。 プレママや子育て中のママに役立つ情報をウェブサイトや毎月のメールマガジンで発信しています。


以 上
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天マガジン、「雑誌(電子雑誌を含む)の購読状況に関する調査」の結果を発表