2018年8月23日(木) 野菜の一生を作り手の物語とともにあじわう夜 「五季膳(ごきぜん)の会~結実の季節~」を開催

資生堂の総合美容施設SHISEIDO THE STOREのコミュニティスペース「SHISEIDO THE TABLES」(シセイドウ ザ テーブルズ)では、8月23日(木)に「野菜の一生」を作り手の物語とともにあじわう夜「五季膳(ごきぜん)の会~結実の季節~」を開催いたします。

SHISEIDO THE TABLESでは独自の時間軸、5つの季節(芽吹きの季節・新緑の季節・花ひらく季節・結実の季節・蓄えの季節)に合わせておもてなしをしております。五季膳とは、これら5つの季節に応じたSHISEIDO THE TABLESオリジナルの一汁三菜メニュー。「野菜の一生」である「種、根、葉、花、実」を丁寧に調理し、5つの器へ盛り付けています。

「五季膳の会」は、SHISEIDO THE TABLESの「FOODS」に関わる方々をお招きし、そのストーリーに耳を傾けながら五季膳を味わうイベントです。 イベントは三部構成となっており「五季膳」のメニュー開発を手がけるフードデザイナーのモコメシ・小沢朋子さんと、伝統野菜の八百屋warmerwarmer・高橋一也さんのトークを聞く第一部、五季膳を味わう第二部、SHISEIDO THE TABLESの”FOODS”に関わる食のスペシャリストをゲストに招きお話を聞く第三部から成ります。

今回の第三部のゲストは、山梨独自の甲州味噌をつくる創業150年の老舗味噌屋「五味醤油」の若き6代目、五味仁さん。五味さんは、在来の米「さわのはな」の麹と、在来の大豆「こうじいらず」でSHISEIDO THE TABLESのためにオリジナル味噌をつくってくださっています。イベントでは、味噌や甘酒を食べ飲み比べる体験をお楽しみいただく予定です。

 


《五季膳の会 イベント概要》
■開催日時 8月23日(木) 18:45 受付 /19:00 開始 21:00 終了  
■場所   SHISEIDO THE TABLES
      東京都中央区銀座7-8-10 SHISEIDO THE STORE 4F
■参加費  5,000円(税抜・「五季膳」お食事付)
※イベント代金は、SHISEIDO THE STOREメンバープログラムのカフェメニュー10%OFF優待の対象外です。  
■定員   28名 定員に達し次第締め切り
■語り手  モコメシ:小沢朋子 (フードデザイナー)
      warmerwarmer:高橋一也 (伝統野菜八百屋)
■スペシャルゲスト 五味醤油:五味仁 (山梨県甲府市 老舗味噌屋蔵)
■応募受付 http://thestore.shiseido.co.jp/thetables/1439/?rt_pr=trb77
 

 

五季膳~結実の季節~

実の器 お椀
南瓜のスープとトマトのタルカ

根の器 ごはん
ジンジャーターメリックライス

種の器 主菜
海老といんげん芥子の実ソース

葉の器 副菜
蒸した南瓜の葉っぱとミントの味噌

花の器 はしやすめ
金針菜のオイルマリネ

豆皿 おくちなおし
琥珀糖


五季膳は農家の人たちが自家採種をして育ててきた古来種野菜を中心に「種、根、葉、花、実」という野菜の一生を調理して5つの器盛り付けたぜいたくな一汁三菜。8月23日(木)から10月17日(水)の土・日・祝日限定、 3,500円(税抜)の予約制メニューとしてもご提供しております。


《語り手プロフィール》
▼小沢朋子/モコメシ (フードデザイナー)
「食べるシチュエーションをデザインする」をコンセプトに、フードやディスプレイにとどまらず、たべる人の行為、たべる時間と経過、そして終わり方……その全てが楽しく、美しく、すとんと腑に落ち、心に残るものであることを大切に、デザインと料理をする。
季節の素材を使いながらスパイスをちょっぴりきかせ、気張らない驚きのある料理を中心に、レセプションやイベントへのケータリングの他、雑誌へのレシピ提供、執筆、メニュー開発、など。2012年12月、東京都台東に「モコメシアトリエ」オープン。


▼高橋一也 / warmerwarmer (伝統野菜 八百屋)
高等学校卒業後、中国上海の華東師範大学に留学。その後(株)キハチアンドエス青山本店に調理師として勤務するなか「有機野菜」と出逢う。
その後(株)ナチュラルハウスに入社、取締役へ就任後、東日本大震災をきっかけに独立。野菜の販売や、生産者を守るための活動、次世代のオーガニック市場の開拓に取り組む。著書に『古来種野菜を食べてください』(晶文社)。NHKラジオ、ラジオ深夜便にて「やさいの日本地図」のコーナーを担当。



《スペシャルゲストプロフィール》
▼五味仁 / 五味醤油(老舗味噌蔵) 
山梨県甲府市、五味醤油(株)の6代目として生まれ、高校生まで山梨で育つ。東京農業大学で醸造と経営の勉強をする。卒業後、タイの醤油メーカーに勤めた後、五味醤油に戻る。創業明治元年。30数年前まで醤油を醸造していたが、現在は味噌蔵として営業。味噌と味噌づくり用のこうじの販売、味噌づくり教室を色々な場所で開催。


《SHISEIDO THE TABLES》
食や知を通し内側から美を探求する、資生堂の総合美容施設SHISEIDO THE STORE4階のカフェ&コミュニティスペース。「FOODS」「GOODS」「BOOKS」3つのシーンを常設。季節を四季ではなく五季と捉え、オケージョンに合わせた食事やオリジナルイベントを開催。訪れる人が自分本来の美しさを取り戻すためのご提案をします。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 2018年8月23日(木) 野菜の一生を作り手の物語とともにあじわう夜 「五季膳(ごきぜん)の会~結実の季節~」を開催