「ファミリーデー」を実施(ニュースレター)

従業員の子どもたちが会社訪問 仕事を通じて家族のコミュニケーションを深める

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石﨑順子)は2019年8月19日(月)、首都圏に勤務する従業員の子どもたちを対象に「ファミリーデー」を実施しました。
 当イベントを通じて、子どもたちに、普段は見ることのできないお父さん・お母さん、その同僚や上司の働く姿に触れることで働くことの楽しさを感じてもらうこと。そして、保護者である従業員に家族とのコミュニケーションや絆をより深めてもらうことを目的に開催しました。
 当日参加した10組11名の子どもたちからは「緊張もしたけど、とても楽しかった」「お給料をもらえてうれしかった」など、達成感を感じられるうれしい声が寄せられました。また保護者からは「来年も参加したい」「家に帰ってもはりきって名刺交換をしていました」という感想があり、参加していない従業員からは「子どもが4年後に小学生になるのでその時にはぜひ参加したい」という声がありました。
 当社では今後も家族間、従業員間のコミュニケーションを促進することで、より働きやすい環境づくりにつながる取り組みを進めていきます。


【ファミリーデーの概要】
名称:「DLN ファミリーデー」※DLN:大和ライフネクストの略
日時:2019年8月19日(月)10:00~15:00
場所:大和ライフネクスト株式会社 本社(東京都港区)
参加人数:10組11名

 会議室に集合した子どもたちは、1日従業員証を授与されたあと、元気に自己紹介。お父さん・お母さんと同じデザインの「名刺」が配られ、さっそく名刺交換の練習が行われました。そこに「緊急ミッション“社長に資料を届けて!”」との指示があり、各部署にいるキーパーソンを探して資料を集めることに。慣れない内線電話で相手とコミュニケーションをとりながら社内各部署を移動し、重要な書類集めに奔走する子どもたちの姿はほほえましく、通常勤務にあたる従業員にも笑顔があふれる時間となりました。
 従業員と交流しながらのランチタイムを終え、午後には、低学年と高学年にグループを分け、会議体験や、働くお父さん・お母さんに手紙を書くなど、たくさんの新しい体験をしました。

【当日の流れ】
10:20~ 子ども社員の自己紹介
11:00~ 緊急ミッション“社長に資料を届けて!”
12:00~ 昼食
13:00~ 会社説明
13:40~ (低学年)お父さん・お母さんへ手紙作成、(高学年)子ども会議
14:30~ 手紙、会議内容の発表
14:40~  1日を振り返るエンディングムービー視聴・記念撮影
 

 その後も複数の従業員を訪問し、資料が全て揃ったところで、いよいよ社長に届けます。
 

 ミッション無事完遂!社長からお給料(お菓子)が渡されました。


 午後は、低学年・高学年に分かれてそれぞれのプログラムを行いました。

 低学年の子どもたちは【働くお父さん・お母さんありがとう】をテーマに手紙を書きました。

 高学年の子どもたちは【子ども会議】と題して当社の経営ビジョン「LEAD NEXTYLE あしたのあたり前を、
あなたに。」をテーマに「自分たちが作りたい“あしたのあたり前”」について話し合いました。
 

 最後はお父さん・お母さんの前で発表。1日の体験を通して感じたこと、学んだことを話してくれました。
 

 従業員とその家族、職場で働く仲間との絆が深まる1日になりました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「ファミリーデー」を実施(ニュースレター)