「BL」の今と昔を知る/英語で「神話論」『ENGLISH JOURNAL 2020年1月号』、 12月6日発売

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)より、新刊『ENGLISH JOURNAL 2020年1月号』のご案内を申し上げます。

■特集■
アメリカ・イギリスだけじゃない
あなたの知らない「世界の英語」

私たちが英語を習うとき、主に触れるのは「アメリカで話されている英語」です。しかし、本当はそれ以外にも、たくさんの種類があることをご存じですか? まず、「イギリス英語」が思い付いたかもしれません。それも1つの正解ですが、世界にはさらに多くの英語が存在します。本特集では、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポール、アイルランドの英語をご紹介します。


■特別企画■
単なるギャンブルじゃない!グローバルに読み解く
世界の競馬

中央競馬の一年を締めくくる大レース、「有馬記念」が12月22日に開催されます。
昨今では競馬界でもグローバル化が進み、世界各国の主要なレースに遠征する日本人騎手や日本馬が増えてきました。単なる「賭け事」ではなく、世界中で親しまれる文化の一つとしての「競馬」の姿をご紹介します。


■学習コーナー(インタビューのスクリプト&CD ※雑誌に付属)
EJ Interview 1 ケヴィン・ハート(俳優)&ブライアン・クランストン(俳優)
素顔でも息ぴったりの、「最強のふたり」

フランス映画『最強のふたり』(2011)が大ヒットした後、各国でそのリメイクが作られています。ハリウッド版『THE UPSIDE/最強のふたり』(2017)は、コメディアンとしても人気のあるケヴィン・ハートと、実力派俳優ブライアン・クランストンを主演2人に配し、脇をニコール・キッドマンで固めた見ごたえのある作品です。EJ Interview 1で、主演2人の息の合ったインタビューをお聞きください。


EJ Interview 2 エマ・ハナシロ(futekiya編集長)
専門サイト編集長に聞くBLにまつわる文化の変遷
エマ・ハナシロさんは2019年7月に設立された海外向けBL専門サイト、futekiyaの編集長です。ボーイズラブ、略してBLは和製英語で、男性同士の恋愛を題材としたマンガや小説のジャンルです。futekiyaは、海外のBLファンのための定額読み放題サービスを展開しています。日本や世界でBLが一般的にどのように捉えられているのか、そして現在進行形で起きている、BLマンガの変化や、その多様な世界観について語っています。

<商品情報>
【タイトル】ENGLISH JOURNAL 2020年1月号
【URL】https://ec.alc.co.jp/book/0020011/
【価格】1540円(税込) 電子書籍版1,222円(税込)
【サイズ】B5、164ページ 
【付属商品】CD約79分※CDのMP3ダウンロード提供あり
【雑誌コード】01625-01

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合、安田
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711
https://www.alc.co.jp/company/

[アルクとは]
アルクは1969年4月の創立以来、半世紀にわたって企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. 「BL」の今と昔を知る/英語で「神話論」『ENGLISH JOURNAL 2020年1月号』、 12月6日発売