脊椎ポンプ市場ー アプリケーション別(痙性管理、疼痛管理、非悪性疼痛および悪性疼痛)、および地域別–分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「脊椎ポンプ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年06月 22日 に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10293943
脊椎ポンプ市場は、2022年に約283百万米ドルの市場価値から2030年末までに406百万米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に5.3%のCAGRで拡大すると予測されます。

脊椎ポンプ(「ペインポンプ」とも呼ばれます)は、脊髄に直接薬剤を送達できる医療機器の一種です。脊椎ポンプは、薬物リザーバーに接続された髄腔内カテーテル(小さなプラスチックチューブ)で構成される円形の金属デバイスです。このデバイスは、経皮的経路で補充できるように、外科的介入によって腹部の皮膚の下に埋め込まれます。

成長に影響を与える上位のマクロ経済指標:

                                            一人当たりの米国医療費、(USD)、2013ー2016年

 

くも膜下腔内ドラッグデリバリー法(ITDD)は進化する治療法であり、痛みの症状を和らげるために医師や病院、診療所で広く受け入れられています。このシステムの主な目的は、薬物を脊髄受容体部位に送達して臨床効果を生み出すことです。くも膜下腔内メカニズムは、脳脊髄液(CSF)に直接薬を送達する能力により、経口薬よりも効率的な薬物送達であると考えられています。

市場セグメンテーション洞察
  • アプリケーション別
アプリケーションに基づいて、市場は痙性管理と疼痛管理として分割されます。痙性管理は、この障害の発生率の上昇により、市場全体の28%のシェアを占めました。ワシントン大学リハビリテーション医学によると、痙性は脊髄関連の損傷に苦しむ患者の約78%で発生します。疼痛管理はさらに、非悪性疼痛と悪性疼痛に分割されます。

高度な医療施設に対する世界中の国の政府の必要性の高まり、および医療への支出の増加により、の予測期間中に市場は、大幅なCAGRで成長すると予想されています。さらに、現代の医療施設の開発のための研究開発の増加も、グローバルマーケットの成長に貢献するのに役立つことがさらに推定されています。世界銀行の統計によると、2017年には、GDPの合計9.896%が現在の医療費として世界中で観測されています。

2017年に、北米とヨーロッパが、世界の収益の79.89%を保持しました。

脊椎ポンプ市場のレポートは、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカを含む地域に関する詳細な調査と分析にも焦点を当てています。

 

現在、北米とヨーロッパが世界市場をリードしています。2017年には、これらの地域が合わせて世界の収益の79.89%を占めました。非常に効果的な疼痛管理ソリューション(脊椎ポンプ、技術の進歩など)の利用可能性、くも膜下腔内ポンプ送達サポートを提供する施設の数の増加が市場の成長をサポートしています。Journal of Neural Transmission(2015年11月)に掲載された記事によると、ドイツでは毎年、約1200の新しい連続髄腔内バクロフェン(ITB)アプリケーションポンプシステムが使用されています。

一方、ヘルスケア業界では、主に世界中に広まったグローバルなパンデミックCOVID-19の恩恵を受けています。世界中で多くの命を奪われている現在のパンデミックにより、ヘルスケア業界では多くの機会が生み出されています。業界はまた、世界的なパンデミックのために、いくつかの新しいプレーヤーからの参加を観察しました。

このレポートは、脊椎ポンプ市場におけるなどキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/spinal-pumps-market/10293943

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 脊椎ポンプ市場ー アプリケーション別(痙性管理、疼痛管理、非悪性疼痛および悪性疼痛)、および地域別–分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2022-2030年