【急募|働く“大切な人”へ、帰省に贈る言葉】あなたの手書き「おかえり」メッセージを地元駅に。47都道府県別(*)に年越し“伝言板”ポスター掲出

~他県で働く家族・友人・知人を、地元の温かい言葉で迎えませんか?~

ポスター掲出イメージ ※実際のポスターデザインとは全く異なります。ポスター掲出イメージ ※実際のポスターデザインとは全く異なります。

【※11月2日発表時点では申込期限を11月10日と発表しておりましたが、11月10日時点で申込期限を11月13日に更新しております】

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証プライム3922)は2022112日(水)~1113日(日)の期間、年末年始に帰省する家族や友人にメッセージを送りたい方】から手書きのメッセージを募集いたします。
集まった言葉は、47都道府県の主要駅へ駅貼りポスターにデザインして掲出いたします。

11/13(日)申込み〆切(お申し込みフォーム:https://tayori.com/f/okaeri/ 

ポスター掲出予定期間:2022年12月26日(月)~2023年1月2日(月)
(*)47都道府県各地への掲出を予定しておりますが、今後変更になる可能性がございます。また、47都道府県別に掲出するクリエイティブが異なります。
 
  • 働くすべての人を温かく迎え、エールで送り出す「年末年始駅貼りポスター」
今年1年の仕事を終えて、多くの人が地元へ帰省する年末年始。1年頑張った充実感、うまくいかなかった悔しさ、力不足を痛感したつらさ、手応えを感じたちょっとの自信、このままで大丈夫なのだろうかという焦り…。様々な思いを抱えて仕事を一区切りする人たちが、最も安心できる場所が地元なのではないでしょうか。

地元に帰ってきたとき、大切な人たちからの「おかえり。待っていたよ」という言葉が、「1年頑張って働いてよかった」という実感となり、「また、1年頑張って。応援しているよ」という言葉が、「また頑張ろう」と思えるエールになるのではないかと考え、47都道府県の駅で、地元の人たちからのリアルな声をポスターにすることにしました。

自分の仕事で誰かに喜んでもらったり、何かの力になっていると実感したり、仕事に対して誇りを感じられたりすることで、「もっと頑張ろう」と前向きな気持ちになれる一方で、ひとつの成果を上げるまでには、たくさんの努力や苦しみ、挫折、時には不甲斐なさや孤独を感じたり、うまくいかない時期に立ち止まってしまうこともあるかもしれません。
けれど、どんな仕事であっても大きさや内容は関係なく、「何かのために働いた」という事実は、社会にとって価値のあることだと、私たちは思っています。
「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションとするPR TIMESは、事業を通じてニュースの主役を変えたい。行動者のポジティブなニュースを伝え、働く人を前向きな気持ちにしたいと考えています。
当社は、駅貼りポスターの掲出を通じて、全国各地の地元の方からの温かいメッセージに触れることで、一人でも多くの働く人を、自分のことを肯定でき、またリフレッシュした気持ちで新年を迎えられるように、後押ししてまいります。
 
  • 大切なあの人へメッセージをお寄せくださる方へ

ポスター掲出イメージ ※実際のポスターデザインとは全く異なります。ポスター掲出イメージ ※実際のポスターデザインとは全く異なります。

他県で働く家族、友人など、全国各地からそれぞれ届けたい人への思いをつづった直筆のメッセージを募り、2022年12月26日(月)~2023年1月2日(月)に47都道府県の主要駅へ駅貼りポスターなどメッセージ広告の掲出を計画します。
駅貼りポスターは、47都道府県の場所ごとに、その地元の人たちからの生の声で構成し、地域により一つひとつが異なる声のポスターになります。ぜひ、方言やその土地ならではのエピソードなども交えながら、メッセージをお寄せください。

応募フォーム
◆2022年11月13日(日) 
申込み〆切(お申し込みフォーム:https://tayori.com/f/okaeri/
メッセージを送りたい相手、なぜその方にメッセージを送りたいのか、ご連絡先等を入力いただきます。

(メッセージ例)
【年末の場合】掲出期間2022年12月26日~12月31日 (*)
帰省する家族や友人に向け、思わず安堵してしまうような温かい迎える言葉
「新しい仕事、大変だね。弱音も言わず、1年間おつかれさまです。まずはお前の大好きなみかん風呂にはいって、今年を洗い流しな。犬の太郎が待ってるよ。」

【新年の場合】掲出期間2023年1月1日~1月2日 (*)
地元を離れてまた働きに戻る家族や友人に向け、背中を押してくれるような温かいエールの言葉
「お前が言ってた目標叶えるまで、こっちに戻ってくるなよな!」

【進行スケジュール】
◆募集期間:2022年11月2日(水)~13日(日)まで
◆当選連絡:2022年11月14日(月)以降
◆掲出期間:2022年12月26日(月)~2023年1月2日(月)(1回貼り替え予定)

(*)掲出期間については駅ごとに異なる可能性がございます。
 
  • 手書きでつづるメッセージキットをお届け[掲出までの流れ
【進行フロー】
当選連絡(2022年1114日()以降)(*)
エントリーいただいた方の中から、実際に当選された方に当社からご連絡をいたします。

当社からメッセージキット送付(2022年11中旬予定)
当社からメッセージキット(専用の用紙/ペン/ご依頼書/返送用封筒を予定)をお送りします。

メッセージのご返送(2022年11下旬予定)
当社からお送りしたメッセージキットに同封している返送用封筒にて、ご依頼書の内容に沿って直筆のメッセージを封入いただき、指定のお送り先へご返送をお願いします。

ご返送いただいたメッセージを各都道府県の駅構内に広告掲載(2022年1226日()以降)
皆様からご返送いただいた直筆のメッセージをもとに、各都道府県の駅構内に広告掲載を開始します。

応募上の注意
(*)予想を超える応募となった場合は、大変申し訳ございませんが、お断りさせていただくことがございます。その場合は、こちら側の意思を入れずに公正な選出方法で、選出させていただきます。その点をご了承いただいた上で、ご応募をお願いいたします。
 
  • 一人ひとり異なるメッセージが、47都道府県別の駅貼りポスターとして登場(*)

ポスター掲出イメージ ※実際のポスターデザインとは全く異なります。ポスター掲出イメージ ※実際のポスターデザインとは全く異なります。

掲載予定場所(*) 
札幌駅(北海道)/青森駅(青森県)/盛岡駅(岩手県)/仙台駅(宮城県)/秋田駅(秋田県)/山形駅(山形県)/郡山駅(福島県)/取手駅(茨城県)/宇都宮駅(栃木県)/高崎駅(群馬県)/大宮駅(埼玉県)/千葉駅(千葉県)/八王子駅(東京都)/横浜駅(神奈川県)/新潟駅(新潟県)/富山駅(富山県)/金沢駅(石川県)/福井駅(福井県)/甲府駅(山梨県)/長野駅(長野県)/大垣駅(岐阜県)/静岡駅・浜松駅(静岡県)/名古屋駅(愛知県)/津駅(三重県)/米原駅(滋賀県)/二条駅(京都府)/なんば駅・梅田駅(大阪府)/和歌山駅(和歌山県)/米子駅(鳥取県)/大田市駅(島根県)/岡山駅(岡山県)/広島駅(広島県)/下関駅(山口県)/瓦町駅(香川県)/松山市駅(愛媛県)/博多駅(福岡県)/佐賀駅(佐賀県)/早岐駅(長崎県)/別府駅(大分県)/宮崎駅(宮崎県)/鹿児島中央駅(鹿児島県)/県庁前駅(沖縄県)

(*)掲載場所については現時点での予定であり、今後変更となる可能性がございます。兵庫、奈良、徳島、高知、熊本、福岡の各県では、掲出場所を調整しています。駅貼りポスターではなく駅以外のデジタルサイネージなどでの掲出となる可能性がございます。
(*)各駅や鉄道事業者へのお問い合わせはご遠慮ください。
 
  • 働くすべての人を労い、肯定できるようなメッセージを届けるために
株式会社PR TIMES 代表取締役社長 山口 拓己

プレスリリースは、誰かの働きがあるから存在します。しかし多くのプレスリリースは、その誰かのうちごく一部しか登場することがありません。PR TIMESを読みながら思いをはせると、この社会をつくり、動かし、より良くしようとする人たちの物語を感じることがあります。働くすべての人へ、敬意と感謝を届けたい。そのような気持ちに突き動かされ、様々な人が行きかう年末年始に、大切なあの人へ届けたい直筆のメッセージを日本全国の駅広告で掲出することにしました。働くすべての人が大切な何かのために働けているという実感を得られる社会を実現したいと願っています。

武藤事務所株式会社 クリエイティブディレクター/コピーライター 石黒 早恵実氏

私自身、親と仕事の話をしたことは、あまりありませんでした。父は寡黙、母はいわゆる横文字の仕事がよくわからない人。でも、先日実家に帰ったとき、子どもの頃に描いた絵や手紙を大切にとってくれているのを見せてくれました。そうか、言葉を交わさなくても、いつだって気にかけてくれていたんだ。と感じました。
私のように、家族と仕事の話をしない人は意外といるかもしれません。友人にすら「今こんなことやっているんだ」と言うのって、少し言いづらいかもしれません。でも、今回の広告を通じて、家族や友人と仕事の話をし、「すごいじゃん、そんなことやってたんだ!」とか「自分も負けてられない!」とか、そんな会話がうまれ、働くことっていいな、と思えるきっかけになりたい。応援しているよ。の一言が、また1年頑張れる、心のお守りになれるかもしれない。と思っています。たくさんのご応募、お待ちしています!
 
  • PR TIMESについて

PR TIMES(読み:ピーアールタイムズ)は、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMESを2007年4月より運営しています。報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信するとともに、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載し、生活者にも閲覧・シェアされています。利用企業数は72000社を突破、国内上場企業51%超に利用いただいています。情報収集のため会員登録いただくメディア記者24000人超、サイトアクセス数は月間6200PVを突破、配信プレスリリース件数は累計100万件を超えています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア220媒体以上にコンテンツを掲載しています。
クライアントとメディアのパートナーとして広報PR支援を行うPRパートナー事業や、ストーリー配信サービス「PR TIMES STORYの運営、動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVEの提供、タスク・プロジェクト管理ツール「JootoカスタマーサポートツールTayoriの運営も行っています。

【株式会社PR TIMES会社概要】

ミッション:行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  :株式会社PR TIMES  (東証プライム 証券コード:3922)
所在地  :東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ8F
設立   :2005年12月
代表取締役:山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
- ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営
- 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
- クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
- 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営
- アート特化型オンラインPRプラットフォーム「MARPH」(https://marph.com/)の運営
- カスタマーサポートツール「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
- タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
- 広報PRのナレッジを届けるメディア「PR TIMES MAGAZINE」(https://prtimes.jp/magazine/)の運営
- Webニュースメディア運営、等
URL    :https://prtimes.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. 【急募|働く“大切な人”へ、帰省に贈る言葉】あなたの手書き「おかえり」メッセージを地元駅に。47都道府県別(*)に年越し“伝言板”ポスター掲出